アラコキからの Raspberry Pi 電子工作

この PC では回復ドライブを作成できません

Windows PC 関連ノウハウ
Windows RE:Windowsの回復環境を復元する方法
 
回復ドライブを作成しようとすると、下記のメッセージが表示され、作成できない。
 
「この PC では回復ドライブを作成できません」
「必要ないくつかのファイルが見つかりません。PCが起動できないときに問題をトラブルシューティングするには、Windows インストールディスクまたはメディアを使用してください。」
 
以下、Windowsの回復環境を復元した記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
原因。
Windows RE(Windows Recovery Environment )
Windows 回復環境と呼ばれる「Windows を修復するためのツール」で、【回復パーティション】に保存されている。
 → 原因は、この【回復パーティション】に問題がある。
 
 
 
1. システムディスクの状態を調べる
 
方法1:「コントロールパネル」→「管理ツール」→ 「コンピュータの管理」→ 「ディスクの管理」で、システムディスクの状態を調べる。
 
方法2:「AOMEI Partition Assistant」を使って、システムディスクの状態を調べる。
 
方法3:「コマンドプロンプト(管理者)」で、「reagentc /info」というコマンド入力して、Windows RE の状態を調べてみる。
 
 
Windows RE の状態が、「Disabled」になっている。
Enabled」にするには、回復パーティションを特定する必要がある。
 
 
方法4:「コマンドプロンプト(管理者)」で、「diskpart」というコマンド入力して、システムディスクのパーティションを調べる。

続けて、「select disk 0」→ 「list partition」と、コマンドを入力して、システムディスクのパーティションを調べると、回復パーティションが複数ある。
 
システムディスクのパーティションを調べた結果をまとめると、【Partition 6】が回復パーティションと思われる。(Windows 10のデフォルトの回復パーティションサイズ:450MB
 
 
 
2. Windows RE の状態を「Enable」にする
 
【Partition 6】が回復パーティションと目途がついたので、Windows RE の場所を再登録する。
 
コマンドプロンプト(管理者)を使うより、スタート ボタンを右クリックして出てくる Windows PowerShell(管理者)の方が早いので、こちらを使う。
 
もう一度、「reagentc /info」コマンドで、Windows RE の状態を確認すると、Windows REの状態が「Disable」、場所が「空欄」になっている。
 
「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」とコマンドを入力した後、
select partition 6」で、【Partition 6】を選択し、
assign letter=r:」で、ドライブレターに『 r: 』を付けて(ドライブ文字でパーティションを特定できるようにして)、
exit」で、Diskpartモードを終了する。
 
次のコマンドで、ドライブ文字『 r: 』を Windows RE の場所として再登録する。
REAGENTC.EXE /setreimage /path r:\Recovery\WindowsRE /target C:\Windows
 
操作は成功しました。(パーティションが合っていたという事。)
 
reagentc /enable」で、Windows RE ブート イメージを有効にし、
reagentc /info」で、Windows REの状態がEnable、場所にパスが入っているか確認。
 
状態が Enable、場所にパスが入っている。これで、完了!。
 
最後に、「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」とコマンドを入力した後、「select partition 6」で、【Partition 6】を選択し、
remove letter=r:」で、ドライブレターを外し、
「exit」で、Diskpartモードを終了する。
 
 
 
3. 回復ドライブの作成
 
コントロールパネルを開き、「回復」を選択。
 
「回復ドライブの作成」を選択。
 
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックする。
 
お待ちください
 
USBドライブを確認して、「次へ」をクリックする。
 
「作成」をクリックする。
 
ドライブのフォーマット中
 
システムのコピー中
 
回復ドライブの作成が、完了。
 
 
以上で、「この PC では回復ドライブを作成できません」問題は解決。
 
 
 
4. 不要パーティションの削除
 
回復ドライブが作成できる様になったので、不要パーティションを削除してみる。
 
不要と思われる回復パーティションを削除。
 
未割り当てになったので、「Windows (C)」パーティションを拡張。
 
整理後のパーティション。
 
前方に1つ、不要と思われるパーティションがあるが削除しても使えないので放置。
 
 
 
5. 回復ドライブの必要性
 
回復ドライブが作成できる様に、Windowsの回復環境を復元してきたが「回復ドライブは必要か?」と、改めて考える。
 
回復ドライブが必要なければ、下図のようにパーティションを削除しても問題なく稼働する。
 
この状態で、「EaseUS Todo Backup」を用いてシステムディスクの【クローン】を作成してバックアップに備える方が、簡単で且つ、原状復帰のリカバリ-が容易ではなかろうか。
 

 

以上。
(2020.06.01)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 
Exit mobile version