HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 1 Windows10 → 

この PC では回復ドライブを作成できません

Windows PC 関連ノウハウ
Windows RE:Windowsの回復環境を復元する方法
 
回復ドライブを作成しようとすると、下記のメッセージが表示され、作成できない。
 
「この PC では回復ドライブを作成できません」
「必要ないくつかのファイルが見つかりません。PCが起動できないときに問題をトラブルシューティングするには、Windows インストールディスクまたはメディアを使用してください。」
この PC では回復ドライブを作成できません
 
以下、Windowsの回復環境を復元した記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. システムディスクの状態
 
「コントロールパネル」→「管理ツール」→ 「コンピュータの管理」→ 「ディスクの管理」で、システムディスクの状態を調べる。
「コントロールパネル」→「管理ツール」→ 「コンピュータの管理」→ 「ディスクの管理」で、システムディスクの状態を調べる
 
「AOMEI Partition Assistant」を使って、システムディスクの状態を調べる。
「AOMEI Partition Assistant」を使って、システムディスクの状態を調べる
 
「コマンドプロンプト(管理者)」で、「reagentc /info」というコマンド入力して、Windows RE の状態を調べてみる。
「コマンドプロンプト(管理者)」で、「reagentc /info」というコマンド入力して、Windows RE の状態を調べてみる
 
 
Windows RE の状態が、「Disabled」になっている。
Enabled」にするには、回復パーティションを特定する必要がある。
 
 
続けて、「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」と、コマンドを入力して、システムディスクのパーティションを調べると、回復パーティションが複数ある。
「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」と、コマンドを入力して、システムディスクのパーティションを調べる
 
システムディスクのパーティションを調べた結果をまとめると、【Partition 6】が回復パーティションと思われる。(Windows 10のデフォルトの回復パーティションサイズ:450MB
システムディスクのパーティションを調べた結果をまとめる
 
 
 
2. Windows RE の状態を「Enable」にする
 
【Partition 6】が回復パーティションと目途がついたので、Windows RE の場所を再登録する。
【Partition 6】が回復パーティションと目途がついたので、Windows RE の場所を再登録する
 
コマンドプロンプト(管理者)を使うより、スタート ボタンを右クリックして出てくる Windows PowerShell(管理者)の方が早いので、こちらを使う。
コマンドプロンプト(管理者)を使うより、スタート ボタンを右クリックして出てくる、Windows PowerShell(管理者)のが早いので、こちらを使う
 
もう一度、「reagentc /info」コマンドで、Windows RE の状態を確認すると、Windows REの状態が「Disable」、場所が「空欄」になっている。
「reagentc /info」コマンドで、Windows RE の状態を確認すると、Windows REの状態が「Disable」、場所が「空欄」になっている
 
「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」とコマンドを入力した後、
select partition 6」で、【Partition 6】を選択し、
assign letter=r:」で、ドライブレターに『 r: 』を付けて、
exit」で、Diskpartモードを終了する。
「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」とコマンドを入力した後、 「select partition 6」で、【Partition 6】を選択し、 「assign letter=r:」で、ドライブレターに『 r: 』を付けて、 「exit」で、Diskpartモードを終了する
 
次のコマンドで、Windows RE の場所を再登録する。
REAGENTC.EXE /setreimage /path r:\Recovery\WindowsRE /target C:\Windows
 
操作は成功しました。パーティションが合っていたという事。
操作は成功しました
 
reagentc /enable」で、Windows RE ブート イメージを有効にし、
reagentc /info」で、Windows REの状態がEnable、場所にパスが入っているか確認。
「reagentc /enable」で、Windows RE ブート イメージを有効にし、 「reagentc /info」で、Windows REの状態がEnable、場所にパスが入っているか確認
 
状態が Enable、場所にパスが入っている。これで、完了!。
 
最後に、「diskpart」→「select disk 0」→ 「list partition」とコマンドを入力した後、「select partition 6」で、【Partition 6】を選択し、
remove letter=r:」で、ドライブレターを外し、
「exit」で、Diskpartモードを終了する。
「remove letter=r:」で、ドライブレターを外し、 「exit」で、Diskpartモードを終了する
 
 
 
3. 回復ドライブの作成
 
コントロールパネルを開き、「回復」を選択。
コントロールパネルを開き、「回復」を選択
 
「回復ドライブの作成」を選択。
「回復ドライブの作成」を選択
 
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックする。
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックを入れ、「次へ」をクリックする
 
お待ちください
お待ちください
 
USBドライブを確認して、「次へ」をクリックする。
USBドライブを確認して、「次へ」をクリックする
 
「作成」をクリックする。
「作成」をクリックする
 
ドライブのフォーマット中
ドライブのフォーマット中
 
システムのコピー中
システムのコピー中
 
回復ドライブの作成が、完了。
回復ドライブの作成が、完了
 
 
以上で、「この PC では回復ドライブを作成できません」問題は解決。
 
 
 
4. 不要パーティションの削除
 
回復ドライブが作成できる様になったので、不要パーティションを削除してみる。
 
不要と思われる回復パーティションを削除。
不要と思われる回復パーティションを削除
 
未割り当てになったので、「Windows (C)」パーティションを拡張。
未割り当てになったので、「Windows (C)」パーティションを拡張
 
整理後のパーティション。
整理後のパーティション
 
前方に1つ、不要と思われるパーティションがあるが削除しても使えないので放置。
 
 
 
5. 回復ドライブの必要性
 
回復ドライブが作成できる様に、Windowsの回復環境を復元してきたが「回復ドライブは必要か?」と、改めて考える。
 
回復ドライブが必要なければ、下図のようにパーティションを削除しても問題なく稼働する。
回復ドライブが必要なければ、下図のようにパーティションを削除しても問題なく稼働する
 
この状態で、「EaseUS Todo Backup」を用いてシステムディスクの【クローン】を作成してバックアップに備える方が、簡単で且つ、原状復帰のリカバリ-が容易ではなかろうか。
 

 

以上。
(2020.06.01)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください