固定ページに 投稿日・更新日・投稿者を表示する

WordPress Twenty Seventeen
固定ページのカスタマイズ
投稿日・更新日・投稿者を表示する
 
固定ページには、タイトルは表示されているが、「投稿日・更新日・投稿者」は表示されていない。管理面・SEO面から、これらを表示することにした。
 
固定ページに 投稿日・更新日・投稿者を表示する
 
以下、固定ページへの「投稿日・更新日・投稿者」の表示要領。

AMPカスタマイズ SNSボタン(ソーシャルボタン)を表示する

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
SNSボタン(ソーシャルボタン)を表示する
 
SNSボタンの表示要領。
①.amp-social-shareスクリプトタグをAMPページのheadタグ内に入れる
 →「html-start.php」のカスタマイズ。
②.SNSボタンを表示するショートコードを作成する
 → <amp-social-share> タグが、ビジュアルエディターで削除されるため。
③.SNSボタンを表示したい箇所に、ショートコードを記述
 
 
AMPページにSNSボタンを表示
 
以下、AMPページにSNSボタンを表示させた記録。

AMPカスタマイズ amp-ad タグが消えて 貼り付けられない

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
アドセンス広告を表示する
 
AMP化における問題点の一つに、『アドセンス広告が表示されなくなる』というのがある。AMPアドセンスに対応させるには、『AMP用アドセンス』コードを追記すればよいだけなのだが・・・。
 
ハマった事
広告コードをテキストエディターで貼り付けるも、
WordPressにはテキストエディターからビジュアルエディターに切り替える際に、不要なタグを削除する機能が備わっている。』
為に、<amp-ad> タグがもろに引っかかり、テキストエディターで記述したAMP用の広告コードが、ビジュアルエディターに切り替えると消えてしまう。
 
以下、この対策として【ショートコード】で、AMPアドセンスに対応した記録。

AMPのカスタマイズ Analyticsの トラッキングコードを実装

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
Analyticsの トラッキングコードを実装
 
AMP化が完了すると、『AMP化の効果』が気になるところだが、残念ながら「AMP for WordPress」プラグインのインストールだけでは Google Analytics で計測されない。そこで、AMPページに【 Analyticsの トラッキングコードを実装 】するカスタマイズを行った。
 
AMPページがドンドン参照されるようになった
 
以下に、【 Analyticsの トラッキングコードを実装 】する AMPの カスタマイズ要領を記載。

WordPress 目的の異なる AMP化 で判ったこと

WordPress Twenty Seventeen
全く異なる目的で AMP化をしたことで
理解できたこと 判ったこと 多数
 
『Accelerated Mobile Pages』:通称AMPには本来の目的があり、AMPの意義や導入の仕方についての記事が、Webサイトに数多く掲載されている。
 
PCサイトでの、AMP化前の画面とAMP画面の比較
PCサイトでの、非AMP画面とAMP画面の違い。
 
今回、本来の目的とは全く異なった理由、「Search Console のクロールで、多くのページが【 ~/amp/ 】で 「URL エラー 404」 になる」、という対策のために『AMP化』を行った。この『AMP化』を通じて理解・判明した事項を以下に記録した。

java script リダイレクトで target ‘_blank’ を指定する方法

ホームページの運用 SEO対策
検索結果に表示される『PCサイト』のURLへのアクセスを、
『wordpress』の特定ページにリダイレクトする
 
課題。
java script による転送(リダイレクト)で、target の ‘_blank’ を指定する必要がある・・・その方法は?
 
ディレクトリとドメイン名は、下図のような関係になっており、「www」のルートディレクトリが『PC用サイト』で、サブディレクトリの「wordpress」がモバイルフレンドリーなサイトになっている。
 
fukusuudomain12
以下に、【 https://arakan60.mydns.jp/xxxx 】で『PC用サイト』の特定ページにアクセスされた時、【 https://arakan60.com/?p=xxxx 】という「wordpress」の特定ページにリダイレクトする方法を記す。

nginx サブディレクトリへのアクセスを 他のドメインに リダイレクト

Raspberry Pi + nginx = Webサーバー
サブディレクトリへのアクセスを
他のドメインに リダイレクトメインする設定
 
ディレクトリとドメイン名は、下図のような関係になっている。
 
fukusuudomain12
以下に、【 https://arakan60.mydns.jp/wordpress/?p=xxxx 】のようにディレクトリ指定でのアクセスを、【 https://arakan60.com/?p=xxxx 】という別のドメインにリダイレクトした方法を記す。

WordPress リビジョンを手動で削除する

WordPress Twenty Seventeen
リビジョンを phpMyAdminで
データベースから SQL文を用いて 直接削除
 
 WordPressには、リビジョンと呼ばれる『記事の下書き保存』機能が備わっており、保存された下書や公開済み記事の更新記録が保存される。この機能により、過去に編集した記事の復元や、現在の記事との変更点を照合することができる様になっている。
 このリビジョン(下書き)は、データベースに保存されるため、下書きが溜まるとそれだけデータベースのサイズも膨らむ。
 そこで、このリビジョン(下書き)を、phpMyAdmin からSQL文を用いて直接削除してみた。
 
phpMyAdminで、データベースからSQL文を用いて直接削除した
 
以下に、リビジョンを手動で削除した手順を記録。

Firefoxを複数(多重)起動させる

Windows PC 関連ノウハウ
Firefoxの多重起動
Firefoxのプロファイルを複数作成する方法
 
マルチディスプレイ(マルチモニター)でPCを使用している場合、ディスプレイ毎にブラウザを立ち上げたい。又、1つのブラウザーをタブで切り替えて多目的に使用するのではなく、1つの目的のための専用ブラウザーを立ち上げたい場合がある。
その一つの例が、WordPressの記事投稿用のブラウザーで、「記事投稿専用のブラウザーを立ち上げ、別のブラウザーで投稿した記事の内容を確認する」といったように、それぞれに独立した2つ以上のブラウザをディスプレイ毎に立ち上げ、運用したい場合がある。
 
Firefoxの多重起動
 
以下に、この方法を記す。