アラコキからの Raspberry Pi 電子工作

Synology Drive 出先のPCと NASで ファイルを同期

Windows PC 関連ノウハウ
Synology NAS
Synology Drive で ファイルを同期化する設定
 
自宅のパソコンとオフィスのパソコンで共用しているファイルを、リアルタイムに、且つ、自動的に同期化。これにより、自宅で更新した内容がオフィスで参照でき、オフィスで更新した内容が自宅のパソコンで参照できるようになった。
 
 
以下に「Synology Drive」で、モバイル端末と自宅のパソコンでの、ファイルの同期化要領を記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
1. 「Synology Drive」でのファイル同期とは
 
「Synology Drive」の概念図。
 
 
「Synology NAS」には、サーバー名の下に【 home 】ディレクトリーがあり、この中に【 Drive 】というディレクトリーがディフォルトで用意されている。
 
この【 Drive 】というディレクトリーが、クライアントのファイルと同期を行うファイルの格納場所になる。
 
クライアント側との同期化対象ファイルは、この【 Drive 】というディレクトリーの中に格納されるので、ホスト側PCでは、ネットワークドライブのファイルとして使用することもできる。
 
この【 Drive 】のファイルが、ホスト側PCで更新されると、クライアント側の対象ファイルも更新される。
 
以下に、「Synology NAS」側での準備とクライアントPC側での準備、そして、ファイル同期の使い方について記す。
 
 
 
2. 「Synology QuickConnect」の準備
 
Synology Drive を使って、出先のPCとファイルを同期化するには、その前提として、外出先からインターネットを通じて「Synology NAS」にアクセス出来るようにする「Synology QuickConnect」というツールを導入する。
 
外出先からインターネットを通じて「Synology NAS」にアクセスするには、ルーターのポート転送ルールなど複雑なネットワーク設定が必要であるが、「QuickConnect」を利用すれば DiskStation に簡単にアクセスできるようになる。
 
 
どうやって外部から接続出来るのか
ルータやファイアウォール下の Synology NAS機器が、中継サーバへ向けてコネクションを張り、その経路の戻りパケットを使用する事で、
【 外部利用者 ⇔ 中継サーバ ⇔ Synology NAS 】
と、通信が出来る仕組みとなっている。
 
DSM(DiskStaionManager)から、「コントロールパネル」を開き「QuickConnect」を選択する。
 
「QuickConnect」を設定するための画面が表示されるので、「QuickConnect ID」と書かれた欄に、アドレスとして使う適当な文字列を入力する。
 
設定が完了すると、外部からアクセスする際に使うURLが表示される。
 
外部からアクセスする時のURL。
http://QuickConnect.to/xxxxxxx
(※ xxxxxxx QuickConnect ID)
 
 
 
3. サーバー側【 NAS 】での準備
 
NAS上のファイルを、パソコンやモバイル端末と同期するための、ファイル同期ユーティリティ「Drive」のインストールと設定が必要。
 
「Drive」は、DSMの「パッケージセンター」をから導入する。
 
「パッケージセンター」を開くと、ディフォルトでインストールされていたので、「開く」をクリックする。
 
「Drive」の概要画面が表示される。既に「有効」になっている。
 
「設定」タブを開き、ユーザー同期プロファイルの「作成」をクリックする。
 
ユーザー同期プロファイルの編集画面で、「ファイルフィルタ」を設定する。
★ 名前:何でもよい。
★ ファイルの最大サイズ:ここで指定したサイズ以上のファイルのみが同期される。
★ 同期したくないファイル形式のチェックを外す。
尚、「▶」をクリックすると、ファイルの拡張子レベルで選択が出来る。
 
ユーザー同期プロファイルの作成完了。
 
以上で、サーバー側 = NAS側での準備は終わり。
 
 
 
4. クライアント側【 PC 】での準備
 
クライアント側の PCには、「Synology Drive Client」というアプリの導入が必要で、「ダウンロードセンター」よりダウンロードする。
 
導入したいOSを選択し、ダウンロードする。
 
ダウンロードしたファイルを起動して、「Synology Drive Client」をインストールする。
 
「Synology Drive Client」のインストール。
 
「Synology Drive Client」のインストール
 
「Synology Drive Client」のインストール
 
「Synology Drive Client」のインストールが完了すると、「ようこそ!」画面が表示されるので、「今すぐスタート」をクリックする。
 
利用するNASを選び、ユーザー名、パスワードを入力する。
 
ローカル接続の場合、警告が出るが「とにかく処理する」をクリックする。
 
 
 
5. 同期されるファイルの場所と使い方
 
同期する『サーバーのホルダー』と『クライアントPCのフォルダー』の場所を設定する。
 
ディフォルトでは、
★『サーバーのホルダー』は、【 /home/Drive 】
★『クライアントPCのフォルダー』は、【C:/ユーザー/ユーザー名/SynologyDrive】 になっている。
このままで良ければ「次へ」をクリックする。
 
サーバー側のホルダーを変更する場合、あらかじめ【 /home/Drive 】の中にフォルダーを作っておき、「Driveサーバー」の編集ボタンをクリックする。
 
【マイ ファイル】という名前の下に、あらかじめ作っておいたフォルダーが表示されるので、選択し「OK」を押す。
 
「Driveサーバー」のフォルダー変更される。
 
PC側のフォルダーを変更する場合は、「ローカル フォルダー」の編集ボタンをクリックする。
 
PC側のフォルダーを指定する。
 
「ローカル フォルダー」が変更される。
 
「次へ」進むと、同期モードの設定で「同期方向」を選択する。
 
同期する『サーバーのホルダー』と『クライアントPCのフォルダー』の場所が決定できたら、『クライアントPCのフォルダー』にあるファイルを直接編集できるように、「私と共有済み」を有効化しなければならない。
 
このために、「ローカル同期フォルダ」を設定する。ディフォルトままでもよいが変更することもできる。
 
「ローカル同期フォルダ」の場所を決める。
 
「ローカル同期フォルダ」の場所が変更された。
 
同期されるファイルの、場所設定の完了。
 
「おめでとうございます!」画面の「次へ」をクリックすると、クライアント側で指定したフォルダーの中に作られた【 SynologyDrive 】フォルダーが、自動的に開かれる。
 
これ以降は、デスクトップに作られたアイコンクリックしても、同じフォルダを開くことが出来る。

 
画面には、作成された「同期タスク」の内容が表示されている。
同期対象フォルダーは、「Synology Drive」。
 
同期されるファイルに関するまとめ。

 
同期されるファイルに関するまとめ
★ サーバーは、【 /home/Drive 】内にあるフォルダ。
★ クライアントは、指定したフォルダの中に作られる【 SynologyDrive 】。
★ クライアント側には、「私と共有済み」フォルダー【 Shared with me 】が作られる。
 
【 SynologyDrive 】の中に作成したファイルは、リアルタイムで同期化される。

 

以上。
(2019.05.21)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 
Exit mobile version