アラコキからの Raspberry Pi 電子工作

SONY RC-S380 PaSoRi マイナンバーカードの読み取り

Windows PC 関連ノウハウ
非接触ICカードリーダー/ライター
SONY RC-S380 PaSoRi マイナンバーカードの読み取り
 
今回、『やよいの青色申告 オンライン』で e-Taxを行うに当たり、「非接触ICカードリーダー/ライター RC-S380 PaSoRi(パソリ)」を購入した。
 
「JPKI利用者ソフト」で【マイナンバーカード】を読み取る
 
以下、SONY RC-S380 PaSoRi で、マイナンバーカードを読み取る方法を記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
「SONY RC-S380 PaSoRi 」を購入するに至った背景
 
マイナンバーカードを活用した「マイナポイント」が発表された当時、家電量販店に行くも「SONY RC-S380 PaSoRi 」は売り切れ状態だった。
 
そこで、マイナンバーカードを活用したマイナポイントを貰う手続きを、妻の「マイナポイントアプリ対応スマートフォン」を借用して、全てをスマホの「マイナンバーカードの読取り」機能で済ますことが出来た。
 
同時に、パソコンに「ICカードリーダー」を接続するのではなく、「スマホ」をBluetooth接続して、「パソコン」でマイナンバーカードを読み取ることが出来ることも確認した。
 
しかし、デスクトップパソコンに【Bluetooth USBアダプタ】を装着して、スマホを「Bluetooth接続」した状態でマイナンバーカードの読み取りを行うと、動作が不安定で手間が掛かった。
 
「マイナポイント」ブームが過ぎ去った昨今、「SONY RC-S380 PaSoRi 」の在庫も充分な状態だったので、マイナンバーカード以外の電子マネーカードやIC運転免許証の内容を「パソコン」でチェックする目的を含め、amazon で購入(¥3,740)。
 
 
 
1. ドライバーのインストール
 
パソコンのUSBポートに「SONY RC-S380 PaSoRi」を接続するだけではデバイスは動作せず、ドライバーのインストールが必要。
 
SONYの「ダウンロード」サイトを開き、「NFCポートソフトウェア」のダウンロードを選択する。
 
「ダウンロード」をクリックする。
 
ダウンロードされた「NFCポートソフトウェア」をインストールすると、【NFC Port/PaSoRi】デバイスが有効になる。
 
Windowsのスタートメニューに、「NFCポート」アプリが追加される。
 
【NFCポート自己診断】を実行してみる。
 
【NFC Port/PaSoRi】の上に、スマホをのせ「次へ」をクリックする。
 
診断対象リーダ/ライタに【RC-S380/S】が表示されるので、選択して「次へ」をクリックする。
 
「リーダ/ライタは正常です。」と表示されるので、「完了」をクリックする。
 
 
 
2. Java実行環境のインストール
 
【公的個人認証サービス】を利用するアプリには、Java実行環境が必要となる。
 
Javaのダウンロードサイトにアクセスする。
 
「同意して無料のダウンロードを開始」をクリックする。
 
ダウンロードされた「ファイル」を実行して、「インストール」を行う。
 
Javaのインストールが完了する。
 
 
 
3. 利用者クライアントソフトのインストール
 
利用者クライアントソフトとは。
【公的個人認証サービス】を利用した行政手続き等を行うときに、マイナンバーカード(ICカード)に記録された「電子証明書」を利用するためのソフトウェア。
 
「利用者クライアントソフト」のダウンロードサイト
 
下にスクロールして、パソコンを選択する。
 
Windowsの場合、下にスクロールして・・・。
 
「利用者クライアントソフト」を、クリックする。
 
ダウンロードされた「ファイル」を実行して、「JPKI利用者ソフト」をインストールする。
 
インストールの最後に、更新通知機能を有効にするか聞かれるので、「はい」をクリックする。
 
更新通知対象の証明書が表示されるので、「OK」をクリックする。
 
「利用者クライアントソフト:JPKI」のインストールが完了する。
 
Windowsのスタートメニューに、Windowsのスタートメニューに、「公的個人認証サービス」アプリが追加される。
 
 
 
4. ICカードリーダライタ設定
 
まず最初に、「公的個人認証サービス」のメニューの中から、「ICカードリーダライタ設定」を行う。
 
「ICカードリーダライタを自動検出する」にチェックを入れ、「設定」をクリックする。
 
「ICカードリーダライタ設定」が完了するので、「OK」をクリックする。
 
 
 
5. Java実行環境への登録
 
「利用者クライアントソフト:JPKI」の実行のために、「Java実行環境への登録」を行う。
 
「Java実行環境への登録」画面が表示されるので、「はい」をクリックする。
 
続けて、「はい」をクリックする。
 
「Java実行環境への登録」が完了する。
 
以上で、【マイナンバーカード】を読み取るための準備が完了
 
メニューから、「JPKI利用者ソフト」を実行し、「動作確認」をしてみる。
 
【マイナンバーカード】を読み取ることが出来る・・・これで、OK !。
 
 
 
6. 「JPKI利用者ソフト」で【マイナンバーカード】を読み取る
 
JPKI利用者ソフトの「自分の証明書」をクリックし、それぞれの証明書を読み込んでみる。
 
署名用電子証明書・・・署名用パスワード。
利用者証明用電子証明書・・・暗証番号。
 
 
参考:

 

以上。
(2021.04.27)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 
Exit mobile version