アラコキからの Raspberry Pi 電子工作

Synology NAS を USB 外付けHDD(NTFS) にバックアップ

Windows PC 関連ノウハウ
NASを「Hyper Backup」で自動バックアップ
 
NASのUSB端子に、外付けHDD(NTFS)を接続。ミラーリング中のファイルを自動でバックアップし、且つ、バックアップしたファイルをWindowsから直接見ることができる、「NASのバックアップ体制」を構築した。
NASバックアップ体制
以下、Synologyの「Hyper Backup」で、NASのバックアップを自動化した記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
1. ミラーリング中のNASをバックアップする必要性
 
ミラーリングでは救われない、ミスへの対応
操作ミスによる「ファイルの上書き」や「ファイルの削除」といった人為的なミスは、そのままミラーリングされてしまい元には戻せない。
→ バックアップがあれば元に戻せる。
 
NAS自体の故障への対応
NASで使われているファイルシステムは、【 Btrfs 】というLinux向けのフォーマットになっており、Windowsからは直接参照することができない。
→ フォーマットが【 NTFS 】のHDDにバックアップしておけば、Windowsから容易に参照できる。
 
HDDが故障した場合への対応
RAIDにしているので、HDD 2個 それぞれに同じデータが保存されており、もし 1個が壊れてももう 1個が無事なら、壊れたHDDを交換すればデータは復旧できる。
→ HDDを交換するまでの間、バックアップがあれば必要なデータをコピーして使える。(交換用のHDDを、常時手元に置いてはいない。)
 
 
 
2. 外付けHDDの準備と接続
 
NASと同じ容量で、USB接続のHDDを用意する。
 
Windows10 のコントロールパネルを使用して、【 NTFS 】でフォーマット。
 
外付けHDDを、NASのUSBポートに接続すると、DSMの右上に「外部デバイス」アイコンが表示される。
 
「コントロールパネル」を開き、「外部デバイス」をクリックする。
 
「外部デバイス」に【 USB Disk 1 】が表示される。
 
展開すると、詳細が表示される。ファイルシステムは【 NTFS 】になっている。
 
「設定」タブを開くと、権限設定があったので、USB HDDへの書き込み権限を設定した。
 
「File Station」を開くと、USB HDDが表示され、アクセスが出来る状態になっている。
 
 
 
3. 「Hyper Backup」による、自動バックアップ設定
 
「パッケージセンター」を開き、「Hyper Backup」の開くをクリックする。
 
「バックアップ先」を設定する画面が開くので、「ローカル フォルダ & USB」を選択し、「次へ」をクリックする。
 
「バックアップ先」画面に何も表示されない場合、右上に「NAS名」が表示されているので、これを消すと「検索」になり、「バックアップ先」が選択可能になる。
 
「バックアップ先」のタイプについて。
・「ローカル フォルダ & USB (単一バージョン)」
を選択すると単純なコピーバックアップになり、バックアップハードディスクをDS218jから取り外して、パソコンに接続すれば「通常のファイル操作」で、ファイルやフォルダを取り出すことが可能。
 
・「ローカル フォルダ & USB」
を選択すると増分バックアップになり、バックアップデータは独自のデータベースで管理されるため、バックアップハードディスクをパソコンに繋いでデータを読み出す場合、専用のアプリ
 "Synology Hyper Backup Explorer" を
パソコンにインストールする必要がある。
 
「バックアップ先の設定」画面が開くので、【 バックアップタスク 】を作成する。【 共有フォルダには、バックアップ先のUSB HDD 名 】を【ディレクトリには、バックアップ先のファイル名】をそれぞれ指定し、「次へ」をクリックする。
 
「データ バックアップ」の画面が開くので、「バックアップの対象にするフォルダ」を選択し、「次へ」をクリックする。
 
「アプリケーション バックアップ」の画面が開くが、不要なので選択せず、「次へ」をクリックする。
 
「バックアップの設定」画面が開く。ここで、バックアップのタスク名を設定する。その他必要があれば変更し、「次へ」をクリックする。
 
「ローテーション設定」画面が開くので、バックアップローテーションを有効にするにチェックを入れ、「次へ」をクリックする。
 
古いバージョンから」を選択すると。
指定した【バージョンの最大数】を超えると、最も古いバックアップが削除される。
 
初回のバックアップを行うために、「はい」をクリックする。
 
 
 
4. バックアップの実行と結果確認
 
バックアップが開始される。最初は、ソースファイルのサイズチェックから始まる。
 
データのバックアップ中。各部の表示内容は、下記の通り。
 
バックアップが終了すると、右上にある通知欄にもお知らせが届く。
 
バックアップ終了画面。それぞれのボタンを、チェックしてみる。
 
ログの内容。初回なので、2時間50分程掛かっている。
 
バックアップ エクスプローラ。バックアップしたファイルの内容が、バックアップした日時毎に参照できる。
 
バックアップ統計。USB HDDの使用率等が、グラフで確認できる。
 
バックアップ整合性の確認が出来る。バックアップの整合性チェックは、毎週日曜日の5時(ディフォルト)にスケジュールされている。
 
「File Station」を開くと、USB HDDの表示があるのでクリックしてみると、バックアップされたファイル名がが表示される。拡張子が「 .hbk 」となっている。
 
更に、バックアップされたファイルをクリックすると、「バックアップの対象にしたフォルダ」が表示される。
 
これらのフォルダは、Windowsのエクスプローラと同じように開くことが出来る。
 
 
 
5. NAS自体やHDDが故障した場合の対応
 
USB接続の、NTFSでフォーマットした外付けHDDなので、いざという時は取り外し、Windows PC に接続すれば、簡単にNASのデータが参照できる。
 

以上。
(2019.06.09)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 
Exit mobile version