HOME → 1 Raspberry Pi → 02 運用・管理 → 

「Raspberry Pi 4」を 32-bit OS で USBブートに変更する

Raspberry Pi 運用・管理
Raspberry Pi 4 SDカード不要
32-bit OS で USB接続の SSDブートに変更する
 
sudo apt full-upgrade すると、
USB boot に対応した BIOS に EEP-ROM を書き換えてくれる。
 
5.4.51-v71+ #1333 → 5.10.17-v71+ #1421 armv71 の 32ビットOSに書き換えられる。
Raspberry PI OS を最新の状態に full-upgrade すると、EEP-ROMの【BIOS】が書き換えられる
 
Raspberry PI OS を、最新の状態に【full-upgrade】すると、USB boot に対応した BIOS に更新されるので、「SD Card Copier」を利用して、稼働中だったSDカードを USB Device(HDD, SDD and etc) にシステムをコピーし、SDカードを抜いて USB から起動するだけで、「USBブート」にすることが出来る。
 
以下、32-bit OS で「USBブート」に変更した記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. 従来の運用環境
 
microSDカードをブートローダとして使い、「root」をSSDにして運用。
「SD Card Copier」によるSSDへのコピー方式を採用した
 
SSD化後のバックアップは、AのSSDから、BのmicroSDカードに「SD Card Copier」でコピーを取っていた。
SSDから microSDカードへのバックアップ要領
 
「SD Card Copier」での留意点は、コピー元にSSDを選択し、コピー先にバックアップ用のmicroSDカードを指定するが、「New Partition UUIDs」にはチェックを入れない点である。
「SD Card Copier」で、コピー元にSSDを選択し、コピー先にバックアップ用のmicroSDカードを指定する。「New Partition UUIDs」にはチェックを入れない。
 
これでコピーした「microSDカード」を使用すれば、「microSDカード」単独で起動し、問題なく稼働する。
 
 
 
2. 32-bit OSのUSBブート対応バージョン
 
Raspberry PI OS を、最新の状態に【full-upgrade】する。
sudo apt update
sudo apt full-upgrade -y
 
【full-upgrade】で更新された、BIOSは #1421 。【armv71】は、32bit OS。
Raspberry PI OS を最新の状態に full-upgrade すると、EEP-ROMの【BIOS】が書き換えられる
 
【rpi-update】では、USBブート対応バージョンに更新できない。
sudo apt update
sudo rpi-update
 
#1426 に更新されるが、このバージョンはUSBブート非対応だった。
【rpi-update】では、USBブート対応バージョンに更新できない
 
USBブート非対応バージョン。
5.4.51-v71+ #1333 2020.08.10
5.10.44-v7l+ #1426 2021.06.17 ← rpi-update で更新されたバージョン
 
USBブート対応バージョン。
5.10.17-v71+ #1421 2021.05.27 ← full-upgrade で更新されたバージョン
 
 
Raspberry Pi OS(32bit)版のリリースノート
①.raspi-config-起動デバイスの順序の選択を追加
②.raspi-config-ブートEEPROMバージョンの選択を追加
③.SD Card Copier-コピー中にドライブが接続または切断された場合コピーはすぐに中止されます
 
 
「sudo raspi-config」で表示される画面:新 #1421 の場合。
「sudo raspi-config」で表示される画面:新 #1421 の場合
 
「sudo raspi-config」で表示される画面:旧 #1333 の場合。
「sudo raspi-config」で表示される画面:旧 #1333 の場合
 
「Advanced Options」で表示される画面:新 #1421 の場合。「Boot Order」が追加されている。
「Advanced Options」で表示される画面:新 #1421 の場合
 
「Advanced Options」で表示される画面:旧 #1333 の場合。「Boot Order」は、無い。
「Advanced Options」で表示される画面:旧 #1333 の場合
 
「Boot Order」で表示される画面:新 #1421 の場合。「B2 USB Boot」が追加されており、USBにデバイスが接続されていれば「USB起動」、無ければ「SDカード起動」の設定が出来る。
「Boot Order」で表示される画面:新 #1421 の場合
 
 
更に、新 #1421 の場合「Advanced Options」に「Boot Loader Version」が追加されている。
更に、新 #1421 の場合「Advanced Options」に「Boot Loader Version」が追加されている
 
「Boot Loader Version」画面では、最新版の EEPROMバージョン を選択できる。
「Boot Loader Version」画面では、最新版の EEPROMバージョン が選択できる
 
 
 
3. USB-SSDブートへの変更要領
 
上記の、単独稼働可能な「microSDカード」を、 USB Device(HDD, SDD or etc)に丸ごとコピーし、SDカードを抜いて USB から起動すれば、「USBブート」になる。
 
単独稼働可能な「microSDカード」を、「SD Card Copier」でのコピー。
「SD Card Copier」でのコピー
 
SDカードを抜いて、USB から起動。
単独稼働可能な「microSDカード」を、 USB Device(HDD, SDD or etc)に丸ごとコピーし、SDカードを抜いて USB から起動すれば、「USBブート」になる
 
これだけで、「USBブート」になる。
 
 
 
4. SSDブート後のバックアップ
 
バックアップは、SSDより容量が遥かに小さい microSDカードに「SD Card Copier」でコピーを取ればよい。
 
「microSDカードスロット」のSDカードへのバックアップ。
「microSDカードスロット」のSDカードへのバックアップ
 
「USBポート」のSDカードへのバックアップ。
「USBポート」のSDカードへのバックアップ
 
 
 
5. 最新の「Raspberry Pi Imager」1.6.2
 
「Raspberry Pi Imager」1.6.2 の初期画面。
「Raspberry Pi Imager」1.6.2 の初期画面
 
【CHOOSE OS】で、OSを選択する。
【CHOOSE OS】で、OSを選択する
 
【CHOOSE STORAGE】で、SSDが指定できる。
【CHOOSE STORAGE】で、SSDが指定できる
 
 
 
6. BIOS関連コマンド
 
OSのバージョンを調べるコマンド。
cat /etc/os-release
 
Linux自体の名前やバージョンの確認。
uname -a
 
ファームウェアをアップデート可能か確認するコマンド。
sudo rpi-eeprom-update
 
EEPROMのバージョンをチェックするコマンド。
sudo vcgencmd bootloader_version
 
EEPROMのバージョンを更新するコマンド。
sudo rpi-eeprom-update -a
 
 
以上。
(2021.06.21)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください