HOME → 

php8.1 にすると Failed to start The Apache HTTP Server がでる

Webサーバー サイトの管理
Raspberry Pi nginx で php8.1 にすると
Failed to start The Apache HTTP Server がでる
 
php を 8.1 に変更すると、起動時に次のメッセージが出る様になった。
Failed to start The Apache HTTP Server
 
起動時のタイミングによっては、次のエラーメッセージになる。
Failed to start nginx - high performance web server
 
原因。
原因-1:AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name
原因-2:AH00072: make_sock: could not bind to address [::]:80
 
以下、このエラーへの対処結果。
HOME → 

Wi-Fi ルーターをバッファローの「WSR-5400AX6S」に交換

Webサーバー サイトの運用
Wi-Fi ルーターの交換
バッファロー「WSR-5400AX6S」の設定
 
最近Wi-Fi接続が切断されることがあり、このメインルーターをバッファローの新しいWi-Fi 6ルーター「WSR-5400AX6S」に交換することにした。
 
WSR-5400AX6S外観WSR-5400AX6S背面
 
 
以下、ルーターの交換記録。
HOME → 

Raspberry Pi Webサーバー Nginx の Update

Webサーバー サイトの管理
Webサーバー
Nginx のみを バージョンアップする
 
Raspberry Pi を「full-upgrade」すると、PHPのバージョンが【7.4 から 8.0】にバージョンアップされた。そこで、これに合わせて Nginx のバージョンもアップすることにした。
 
現在稼働中の Nginx のバージョンは【1.18.0】なので「Nginx のみ」を、最新バージョンにアップデートする
 
以下、Nginx のバージョンを【1.18.0 から 1.20.1】にアップした記録。
HOME → 

Nginx SSL/TLS設定を TLS 1.2と1.3に変更

Webサーバー サイトの運用
Nginx SSL/TLS設定
TLS 1.1以下の対応を無くし、TLS 1.2と1.3だけを有効化
 
SSL証明書を Reverse Proxy で集中管理する方式に変更したので、久しぶりに「Qualys SSL Labs」でのセキュリティ評価を実行してみると、診断結果が「B」に下がっていた。
 
「Qualys SSL Labs」での【SSL脆弱性診断】結果
 
以下、Nginx の SSL設定を、TLS 1.2と1.3に変更した記録。
HOME → 

Reverse Proxy SSL証明書の集中管理

Webサーバー サイトの管理
Reverse Proxy サーバーで
SSL証明書を集中管理する
 
リバースプロキシとWebサーバー間も【HTTPS】通信にしていたが、「SSL証明書」の更新に手間がかかるので、リバースプロキシでの一括管理に変更する。
 
リバースプロキシとWebサーバー間を【HTTP】通信にした設定
 
以下、Reverse Proxy で、SSL証明書を集中管理する方式に切り替えた記録。
HOME → 

Raspberry Pi – nginx プロキシキャッシュの RAMディスク化

Webサーバー サイトの運用
nginx Reverse Proxy
プロキシキャッシュの RAMディスク化
 
サーバーを「Raspberry Pi 4 4GB」にアップグレードしてから、いくつもの改善・改良を進め、サイトの高速化を図ってきたが、Raspberry Pi 4 の売り物である「4GBのメモリ」が全く生かされていない。
 
『Reverse Proxy』のメモリ使用状況を、「free -h」コマンドで確認
 
以下、少しでも「4GBのメモリ」を活用すべく、プロキシキャッシュの RAMディスク化を行った記録。
HOME → 

Nginx リバースプロキシ配下の Webサーバーで 504 Gateway Time-out エラー

Webサーバー サイトの運用
nginx - nginx リバースプロキシ
504 Gateway Time-out エラー
 
nginx – nginx のバックエンドにあるWebサーバーで、WordPressに「Duplicator」でDatabaseをインポートすると、【504 Gateway Time-out】エラーになる。
 
Nginxの リバースプロキシ配下のWebサーバーで 504 Gateway Time-out エラー
 
以下、Nginxのリバースプロキシで、タイムアウトの時間を延ばした記録。
HOME → 

リバースプロキシ クライアントの IPアドレスと アクセス制限

Webサーバー サイトの運用
nginx - nginx リバースプロキシ
WordPressへのアクセスをIPアドレスで制限
 
①.リバースプロキシから、バックエンドのWebサーバーに、クライアントの IPアドレスを渡す。
②.渡されたIPアドレスで、WordPressの管理画面へのアクセスを制限する。
 
リバースプロキシ環境
 
以下、リバースプロキシ環境下のWebサーバーで、【クライアントの IPアドレス】による【アクセス制限】を実装した記録。
HOME → 

nginx-WordPress リバースプロキシにおける バッファの最適化

Webサーバー サイトの運用
nginx Reverse Proxy System
プロキシバッファの最適な設定
 
nginx で構築したリバースプロキシの下で、nginx + WordPressのブログサイトを、ドメイン別Webサーバーで3台運用しいる。稼働を開始して4か月余り、順調に稼働しているが、キャッシュのバッファーサイズは適当に設定してきたので、見直しを行ってみる。
 
「proxy_cache」が【HIT】で、「fastcgi_cache」も【HIT】のケース
 
以下、proxy_cache と fastcgi_cache のバッファーサイズを再設定した記録。