HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 5 Linux → 

Ubuntu 22.04 Windowsから RDP接続(リモートデスクトップ) を行う

Windows PC 旧型PCの活用事例
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
リモート デスクトップ接続
 
「Ubuntu 22.04 LTS」では、標準でRDP(Remote Desktop Protocol)がサポートされており、Windowsの「リモート デスクトップ接続」から「Ubuntu」への接続が可能となっている。
 
接続が確立され、Windowsの画面に、Ubuntu のデスクトップが表示される
 
以下、WindowsからUbuntuへのRDP接続を行った記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Ubuntu 22.04 での設定
 
「設定」から「共有」を選択する。
「設定」から「共有」を選択する
 
画面右上の有効化ボタンをクリックすると、画面内の「リモートデスクトップ」欄がクリックできるようになる。
画面上の有効化ボタンをクリックすると、画面内の「リモートデスクトップ」欄がクリックできるようになる
 
「リモートデスクトップ」と「リモートコントロール」の二箇所を有効化する。デバイス名がコンピューター名になる。
「リモートデスクトップ」と「リモートコントロール」の二箇所を有効化する
 
「リモートデスクトップ」が【オン】になったので、再起動する。
「リモートデスクトップ」が【オン】になったので、再起動する。
 
 
 
2. Windows から Ubuntu への接続
 
Windowsのアクセサリ → リモートデスクトップ接続を起動し、コンピューター名にデバイス名を入力し、「接続」をクリックする。
Windowsのアクセサリ → リモートデスクトップ接続を起動する
 
認証エラーが発生しました。この関数に提供されたトークンは無効です」と表示され、接続できない。
「認証エラーが発生しました。この関数に提供されたトークンは無効です」と表示され、接続できない
 
 
原因:認証のパスワードが間違っている。
Ubuntu の「リモートデスクトップ」にある「認証」欄の【ユーザー名】は Ubuntu のアカウント名と同じだが、
【パスワード】は、
・Ubuntu アカウントのパスワードではない。
・RDP接続用のユーザ名とパスワードになっている。
・RDP接続用のパスワードは、Ubuntu を再起動する度に変わる。
 
 
「認証」欄の【パスワード】の右にある目玉アイコンをクリックして、パスワードが可視化してメモするか、コピーアイコンをクリックして、パスワードをテキストエディタに保存しておく必要がある。
「認証」欄の目玉アイコンをクリックして、パスワードが可視化してメモするか、コピーアイコンをクリックして、パスワードをテキストエディタに保存しておく必要がある
 
「リモート デスクトップ接続」の「編集」をクリックして、「資格情報の更新」を可能にする。
「リモート デスクトップ接続」の「編集」をクリックすると、「資格情報の更新」画面が表示されパスワード入力が可能のなるので、RDP接続用のパスワードを入力する
 
「資格情報の更新」画面が表示され、パスワード入力が可能のなるので、RDP接続用のパスワードを入力する。
「資格情報の更新」画面が表示されパスワード入力が可能のなるので、RDP接続用のパスワードを入力する
 
証明書エラーの警告が出るが、「はい」をクリック。
証明書エラーの警告が出るが、「はい」をクリック
 
 
リモート接続が確立され、Windowsの画面に、Ubuntu のデスクトップが表示される。
接続が確立され、Windowsの画面に、Ubuntu のデスクトップが表示される
 
 
 
3. まとめ
 
Ubuntu22.04 では、起動するたびに新しいパスワードを生成しており、これを毎回調べてから、Windowsでリモート接続のパスワード入力を行わねばならず、煩わしい。
 

 

以上。
(2022.09.16)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください