「Duplicator」で サイズの大きいサイト(500MB超)を移行

WordPress Twenty Seventeen
Webサーバーのアップグレード
WordPressを Duplicatorで引っ越し
 
Webサーバーを、Raspberry Pi 3Bから 4Bにアップグレードするに当って、WordPressの引っ越しが発生。「All-in-One WP Migration」を使った引越は上手くゆかず、「Duplicator」を使って引っ越すと、問題なくすんなりと移行できた。
 
データベースへの書き込みが始まる
 
以下、WordPressを Duplicatorで引っ越した記録。

WordPress 人気記事一覧をサイドバーに表示

WordPress Twenty Seventeen
Simple GA Ranking プラグインによる
人気記事一覧をサイドバーに表示
 
 サイトを訪れてくれたユーザーに、『サイト内には、こんな人気記事もありますよ』と、人気記事をランキング順に表示してみることにした。
 
 但し、このサイトを運用しているサーバーが【 Raspberry Pi 】なので、これ以上ページの表示速度が遅くなるような負荷をかけるわけにはいかない。ググってみると、「Simple GA Ranking」というプラグインは、Googleアナリティクスのデータを利用してランキングを算出するため、サーバへの負荷が軽いとのこと。
 
しかし、Googleアナリティクスのデータを利用するための「Analytics設定」が、少々複雑であった。
トークンの取得が完了
 
以下に、Simple GA Ranking プラグインの設定要領を記載。

WordPress Google タグマネージャーの導入

WordPress Twenty Seventeen
グローバル サイトタグ(gtag.js)から
タグマネージャーに乗り換え
 
すでに、グローバル サイトタグ(gtag.js)を、WordPress の「ヘッダー(header.php)」の </head>タグの直前に貼り付け、「Googleアナリティクス」の設置を行っていたが、これを、「Google タグ マネージャー」に変更した。
 
Google タグ マネージャー
 
以下、「Google タグ マネージャー」に乗り換えた記録。

Glue for Yoast SEO & AMPによる AMPページのトラッキング

WordPress Twenty Seventeen
Glue for Yoast SEO & AMP による
AMPページのトラッキング
 
Search Console における検索パフォーマンスの、 表示回数やクリック数が激減した原因の一つとして、AMP ページへのアクセスがカウントされていないのではないかと思い、その対策として「Glue for Yoast SEO & AMP」を導入してみた。
 
「Analytics」で、Google Analyticsのトラッキングコードを埋め込む
「Analytics」で、Google Analyticsのトラッキングコードを埋め込む。
 
以下、Glue for Yoast SEO & AMP を導入と、AMP を Ver 0.7.2 から 1.2.0 にアップデートした記録。

blockquote 引用タグの使い方と Font Awesome による装飾

WordPress Twenty Seventeen
著作権侵害を配慮した記事作成
blockquote 引用タグの使い方と Font Awesome による装飾
 
検索パフォーマンスにおける、表示回数・クリック数が『激減』した原因の調査と対策を講じている過程で、
 
低品質コンテンツ
 「現地にあった案内板」や「自治体のホームページ」、あるいは「Wikipedia」の一部を抜粋して、自分のページに参考として表示している箇所がいくつかある。
 これが、検索エンジンに低品質コンテンツと見なされて、SEO的に大きなダメージを受けているのではなかろうか。
 
という、ペナルティまでもが心配になり、遅ればせながら【 blockquote 】引用タグの使用を開始した。

WordPress タイトルだけ表示されて記事の内容が表示されない

WordPress Twenty Seventeen
記事の内容が表示されないページが発生
Crayon Syntax Highlighter のバグ
 
Webサーバーをバージョンアップし、WordPress の移行結果を検証していると、「記事のタイトルだけが表示されて、記事の内容が全く表示されない」ページが見つかる。全てのページではなく、いくつかの特定のページのみであることに気付く。
 
記事の内容が表示されないページがいくつかある
 
以下、この原因の解明手順と解決策にたどり着いた記録。

WordPress サーバーの引越(移行)要領

WordPress Twenty Seventeen
プラグイン『All-in-One WP Migration』による
サーバーの引越(移行)要領
 
ブログにWordPressを使っているが、2019年4月からWordPress(バージョン3.2以降)のサーバー要件で、PHPのバージョンが5.2.4から5.6以上に変更になった。現在稼働中のサーバーは、PHPのバージョンが5.6でギリギリセーフではあるが、この際、最新バージョンの PHP7.3 に更新した。
 
WordPress(バージョン3.2以降)のサーバー要件
 
以下、サーバーのバージョンアップに伴い、稼働中の「WordPress」を新サーバーに「引越」した記録。

WordPress 4.9.10 から 5.2 へ バージョンアップ

WordPress Twenty Seventeen
WordPress を 4.9.10 から 5.2 へ 更新
 
WordPress を 5.2 に更新すべきかどうか機会をうかがっていたら、「Yoast SEO」プラグインから、バージョンアップをすべきという問題点が通知されるようになった。
 
「WordPress 5.2 へようこそ」画面
「WordPress 5.2 へようこそ」画面
 
これを機に、WordPress を 4.9.10 から 5.2 へ、バージョンアップした記録。

WordPress 5.2 Twenty Nineteen の導入

Raspberry Pi + Raspbian Stretch + Nginx + MariaDB
WordPress 5.2 Twenty Nineteen の導入
 
WordPress 5.2 Twenty Nineteen の導入環境。
Raspbian : Stretch Release date:2019-04-08
Nginx : Stable version 1.16.0
PHP7.0.33 – 2019.03.08
MariaDB Server10.1.38
 
stretch + WordPres4.8
 
以下に、WordPress 5.2 Twenty Nineteen の導入要領を記載。
 

SEOプラグインを Yoast SEO に変更した

WordPress Twenty Seventeen
All in One SEO Pack から
Yoast SEO に変更
 
SEO対策として定番のプラグイン、「All in One SEO Pack」を使用してきたが、一つのサイトだけ【バージョン 2.8】から新しいバージョンに更新すると、WordPress のダッシュボードがフリーズする。この対策として、「Yoast SEO」に変更することにした。
 
【バージョン 2.8】から新しいバージョンに更新すると、WordPress のダッシュボードがフリーズする
 
以下、「Yoast SEO」に変更した記録と注意点