AMPページ の フォントを変更する方法

WordPress Twenty Seventeen
AMPカスタマイズ
AMPページ の フォントを変更する
 
プラグインの AMP for WordPressで『AMP化』したページは、フォントが明朝体になってしまうので、通常ページと同じフォントになるよう「AMPのカスタマイズ」を行った。
 
「style.php」の「font-family:」を変更した結果
 
以下に、AMPページのフォント変更要領を記載。

固定ページに 投稿日・更新日・投稿者を表示する

WordPress Twenty Seventeen
固定ページのカスタマイズ
投稿日・更新日・投稿者を表示する
 
固定ページには、タイトルは表示されているが、「投稿日・更新日・投稿者」は表示されていない。管理面・SEO面から、これらを表示することにした。
 
固定ページに 投稿日・更新日・投稿者を表示する
 
以下、固定ページへの「投稿日・更新日・投稿者」の表示要領。

AMPカスタマイズ SNSボタン(ソーシャルボタン)を表示する

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
SNSボタン(ソーシャルボタン)を表示する
 
SNSボタンの表示要領。
①.amp-social-shareスクリプトタグをAMPページのheadタグ内に入れる
 →「html-start.php」のカスタマイズ。
②.SNSボタンを表示するショートコードを作成する
 → <amp-social-share> タグが、ビジュアルエディターで削除されるため。
③.SNSボタンを表示したい箇所に、ショートコードを記述
 
 
AMPページにSNSボタンを表示
 
以下、AMPページにSNSボタンを表示させた記録。

AMPカスタマイズ amp-ad タグが消えて 貼り付けられない

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
アドセンス広告を表示する
 
AMP化における問題点の一つに、『アドセンス広告が表示されなくなる』というのがある。AMPアドセンスに対応させるには、『AMP用アドセンス』コードを追記すればよいだけなのだが・・・。
 
ハマった事
広告コードをテキストエディターで貼り付けるも、
WordPressにはテキストエディターからビジュアルエディターに切り替える際に、不要なタグを削除する機能が備わっている。』
為に、<amp-ad> タグがもろに引っかかり、テキストエディターで記述したAMP用の広告コードが、ビジュアルエディターに切り替えると消えてしまう。
 
以下、この対策として【ショートコード】で、AMPアドセンスに対応した記録。

AMPのカスタマイズ Analyticsの トラッキングコードを実装

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
Analyticsの トラッキングコードを実装
 
AMP化が完了すると、『AMP化の効果』が気になるところだが、残念ながら「AMP for WordPress」プラグインのインストールだけでは Google Analytics で計測されない。そこで、AMPページに【 Analyticsの トラッキングコードを実装 】するカスタマイズを行った。
 
AMPページがドンドン参照されるようになった
 
以下に、【 Analyticsの トラッキングコードを実装 】する AMPの カスタマイズ要領を記載。

WordPress 目的の異なる AMP化 で判ったこと

WordPress Twenty Seventeen
全く異なる目的で AMP化をしたことで
理解できたこと 判ったこと 多数
 
『Accelerated Mobile Pages』:通称AMPには本来の目的があり、AMPの意義や導入の仕方についての記事が、Webサイトに数多く掲載されている。
 
PCサイトでの、AMP化前の画面とAMP画面の比較
PCサイトでの、非AMP画面とAMP画面の違い。
 
今回、本来の目的とは全く異なった理由、「Search Console のクロールで、多くのページが【 ~/amp/ 】で 「URL エラー 404」 になる」、という対策のために『AMP化』を行った。この『AMP化』を通じて理解・判明した事項を以下に記録した。

WordPress リビジョンを手動で削除する

WordPress Twenty Seventeen
リビジョンを phpMyAdminで
データベースから SQL文を用いて 直接削除
 
 WordPressには、リビジョンと呼ばれる『記事の下書き保存』機能が備わっており、保存された下書や公開済み記事の更新記録が保存される。この機能により、過去に編集した記事の復元や、現在の記事との変更点を照合することができる様になっている。
 このリビジョン(下書き)は、データベースに保存されるため、下書きが溜まるとそれだけデータベースのサイズも膨らむ。
 そこで、このリビジョン(下書き)を、phpMyAdmin からSQL文を用いて直接削除してみた。
 
phpMyAdminで、データベースからSQL文を用いて直接削除した
 
以下に、リビジョンを手動で削除した手順を記録。

WordPress 投稿の編集 画像が選択できない

WordPress Twenty Seventeen
投稿の編集で画像をクリックしても選択できない
 
通常であれば、WordPressのエディター画面で、画像をクリックすると「画像設定メニュー」がポップアップ表示されるが、画像を選択することすらできないという事態に陥る。
 
画像をクリックしても選択できない
 
以下、この原因と対策。

WordPress エクスポート/インポートで、バックアップを補完する

WordPress Twenty Seventeen
WordPress エクスポート/インポートで
バックアップを補完する
 
本番サーバーで稼働している【 WordPress 】は、毎日1回夜間に、システムバックアップを取っている。ところが時々、このバックアップ【 rsync 】に失敗してシステムダウンになることがある。この場合、前日のバックアップから修復せざるを得ないので、大事には至らないが、当日苦労して作成した記事が消滅してしまい気が滅入る。
 
WordPress エクスポート/インポートで、バックアップを補完する
この対策として、長時間を要して作成した記事を、簡単にバックアップして置く方法はないかと、WordPress のエクスポート/インポート機能のテストを試みた。

WordPress 動画 ディスクへのファイルの書き込みに失敗しました。又は、HTTP エラー。

Raspberry Pi + WordPress
動画のアップロードが出来ない
(WordPressに mp4 などの動画を埋め込む方法)
 
メディアライブラリに動画をアップロードしようとすると、『ディスクへのファイルの書き込みに失敗しました。』と言うエラーメッセージが出て、アップロードが出来ない。
 
ディスクへのファイルの書き込みに失敗しました。
 
別のサイトでは、『 HTTP エラー。』になる。
 
HTTP エラー。
 
以下に、このケースへの対処策を記載。