HOME → 2 Web サーバー → 

お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。

Raspbian Stretch に WordPress をインストール
Raspberry Pi Stretch では

PHP5 は PHP7 へ
MySQL は MariaDB に変わった
 
Raspbian Stretch + Nginx +PHP7.0 +MariaDB の環境に WordPress4.8 を新規インストールし、【 WordPress 】を立ち上げようとすると、『お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。』のメッセージが出て動かない。
HOME → 2 Web サーバー → 

【 MySQL のメッセージ:#114 – The table ‘wp_post’ is full 】というエラーメッセージがでて、インポートできない

Raspberry Pi + nginx + WordPress
WordPress の DB を phpMyAdminで
大きなデータをサーバー上からインポートする
 

WordPressのDBを復元するために、phpMyAdminでsqlファイルをインポートしようとすると、【 MySQL のメッセージ:#114 – The table ‘wp_post’ is full 】というエラーメッセージがでて、インポートできない。

この対策として、インポートする sql ファイルを、FTPでサーバー上へ一旦保存し、サーバー上からインポートしてみる。

大きなデータを、サーバー上に一旦アップロードし、
サーバー上では、MySQLからのインポート処理のみを行うように設定
 
HOME → 2 Web サーバー → 

Raspberry Pi nginx で構築した Web サーバーのバージョンアップ

nginx + php5-fpm それに mysql-server + php5-mysql
稼働中の Web サーバーを、
Raspbian から全面的にバージョンアップした。
 
バージョンアップ手順概要
 
上記6つの手順を踏めば、全面的なバージョンアップが行えた。だだし、バージョンアップ中に幾つかの問題点にも遭遇。以下にこの記録を残す。
HOME → 2 Web サーバー → 

html は動くが php の画面 だけが真っ白になる

Raspberry Pi
nginx で構築した Webサーバーの
nginx をバージョンアップしたら
従来の設定では動かなくなった。
 
html での画面は正常に表示されるが、php での画面が表示されない。
 
sudo nano /etc/nginx/sites-available/default の編集で、
 fastcgi_param の追加。
location ~ \.php$ {
		fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
		# NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini
	
		# With php5-cgi alone:
	#	fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
		# With php5-fpm:
		fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
		fastcgi_index index.php;
		fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
		include fastcgi_params;
	}
上記処置だけで解決。
 

以上。
(2017.01.03)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 
HOME → 2 Web サーバー → 

Raspberry Pi Apache での WordPress サーバー構築

Raspberry Pi ノウハウと作品集
Apache ならパーマリンクの変更が可能
 
naw01現在運用している、nginx での WordPress では、パーマリンクの変更が出来ない。あらゆる方法を試してみるもうまく行かず、最後の手段として、Apache で WordPress を構築すれば、パーマリンクの変更ができるのではないかと、Webサーバーの再構築に挑む。
raspi2b_2この為に、現行の本番サーバーのバックアップも考慮して、一世代前ではあるが Raspberry Pi 2 Model B を購入した。
  
結論 : Apache ならパーマリンクの変更が可能となる。
以下、セットアップ記録。