ニコン COOLPIX P900に フードを装着

Nikon コンパクトデジタルカメラ
COOLPIX P900
レンズフードを装着
 
ニコン COOLPIX P900に レンズフードを装着した。
 
ニコン COOLPIX P900に レンズフードを装着
 
以下に、装着できたフードと装着要領を記載。
 
スポンサー リンク
 
 
1. レンズフードをつける理由
 
1.レンズの保護
P900を持ち歩くと、望遠にしたとき、レンズの先が不意に物に当り傷が付いたり、レンズに指紋を付けてしまうことがある。又、雨が降ってレンズに水滴が付いたりもする。
 
2.気分的な問題
望遠にすると先が細く見えて、見栄えが悪い。
 
3.「フレア」や「ゴースト」の防止
P900に必要かどうかわからないが、P1000には純正のフードが用意されている。
 
いずれにせよ、フードがないとどうもカッコが良くない
 
 
2. 購入してみたものの、装着できなかったフード
 
amazon で、P900に装着可能との記述があったので購入したが、装着できなかった「Nikonバヨネットフード HB-32」。(問題なく返却出来た)
Nikonバヨネットフード HB-32
 
現在の「カスタマー Q&A」。
現在の「カスタマー Q&A」
 
 
3. 装着できたフード
 
「フィルター径変換アダプター」と「ワイドレンズフード」を組み合わせて装着。
「フィルター径変換アダプター」と「ワイドレンズフード」
 
「フィルター径変換アダプター」は、Kenko ステップアップリングN 67-82mm を購入。
Kenko ステップアップリングN 67-82mm
 
「ワイドレンズフード」は、HAKUBA ワイドメタルレンズフード 82mmフィルター径装着用 KWMH-82 を購入。
HAKUBA ワイドメタルレンズフード 82mmフィルター径装着用 KWMH-82
 
「変換アダプター」をねじ込んで、その上から「フード」を取り付けた。
ニコン COOLPIX P900に レンズフードを装着
 
正面から見たフードの状態。
ニコン COOLPIX P900に レンズフードを装着
 
望遠にした時のフードの見映え。
ニコン COOLPIX P900に レンズフードを装着
 
花形フードにしたいところだが、「ワイドフード」なので【 ケラレ 】ることもなく、やむなくこの状態で満足。
 

※ 注意点
ステップアップリングを直接装着するのではなく、先に
「Nikon ニュートラルカラーNC 67mm」
を装着すること!。
こうしないと、 ズームレンズの伸び縮み時に、エラーが出る。

★意外なメリット
この大きく丸いフードは、屋外でスマホの画面の様に反射する物体を接写する場合、光の侵入を防ぐ役割を果たすので、うまく撮影出来て超便利。

 
 
★【 ケラレ 】た事例:72mm 花形レンズフード 
 
Kenko ステップアップリング 67-72mm。
Kenko ステップアップリング 67-72mm
 
JJC LS-72 花形レンズフード 汎用タイプ 72mm径 。
JJC LS-72 花形レンズフード 汎用タイプ 72mm径
 
72mm 花形レンズフード を取り付けた状態。カッコは良いが、・・・。
72mm 花形レンズフード を取り付けた状態
 
24mmでは、【 ケラレ 】る。
24mmでは、【 ケラレ 】る
 
少し拡大すれば、【 ケラレ 】ない。
少し拡大すれば、【 ケラレ 】ない
 
望遠時には、問題なく使える。
72mm 花形レンズフード を取り付けた状態
 

以上。
(2019.02.02)

 
             

 

スポンサー リンク

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください