HOME → 2 Web サーバー → 

Nginx SSL/TLS設定を TLS 1.2と1.3に変更

Webサーバー サイトの運用
Nginx SSL/TLS設定
TLS 1.1以下の対応を無くし、TLS 1.2と1.3だけを有効化
 
SSL証明書を Reverse Proxy で集中管理する方式に変更したので、久しぶりに「Qualys SSL Labs」でのセキュリティ評価を実行してみると、診断結果が「B」に下がっていた。
 
「Qualys SSL Labs」での【SSL脆弱性診断】結果
 
以下、Nginx の SSL設定を、TLS 1.2と1.3に変更した記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

Reverse Proxy SSL証明書の集中管理

Webサーバー サイトの管理
Reverse Proxy サーバーで
SSL証明書を集中管理する
 
リバースプロキシとWebサーバー間も【HTTPS】通信にしていたが、「SSL証明書」の更新に手間がかかるので、リバースプロキシでの一括管理に変更する。
 
リバースプロキシとWebサーバー間を【HTTP】通信にした設定
 
以下、Reverse Proxy で、SSL証明書を集中管理する方式に切り替えた記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

nginx – wordpress エラーログの解析と対策

Webサーバー サイトの運用
nginx エラーログ と nginx アドバンスド設定
 
nginx エラーログを見ると、多種多様なエラーメッセージが多く出ている。
 
【nginx】の設定場所と、設定の外出し
 
以下、nginx - wordpress 環境におけるエラーログの解析と、その対策をまとめた。
HOME → 2 Web サーバー → 

Raspberry Pi – nginx プロキシキャッシュの RAMディスク化

Webサーバー サイトの運用
nginx Reverse Proxy
プロキシキャッシュの RAMディスク化
 
サーバーを「Raspberry Pi 4 4GB」にアップグレードしてから、いくつもの改善・改良を進め、サイトの高速化を図ってきたが、Raspberry Pi 4 の売り物である「4GBのメモリ」が全く生かされていない。
 
『Reverse Proxy』のメモリ使用状況を、「free -h」コマンドで確認
 
以下、少しでも「4GBのメモリ」を活用すべく、プロキシキャッシュの RAMディスク化を行った記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

Nginx リバースプロキシ配下の Webサーバーで 504 Gateway Time-out エラー

Webサーバー サイトの運用
nginx - nginx リバースプロキシ
504 Gateway Time-out エラー
 
nginx – nginx のバックエンドにあるWebサーバーで、WordPressに「Duplicator」でDatabaseをインポートすると、【504 Gateway Time-out】エラーになる。
 
Nginxの リバースプロキシ配下のWebサーバーで 504 Gateway Time-out エラー
 
以下、Nginxのリバースプロキシで、タイムアウトの時間を延ばした記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

リバースプロキシ クライアントの IPアドレスと アクセス制限

Webサーバー サイトの運用
nginx - nginx リバースプロキシ
WordPressへのアクセスをIPアドレスで制限
 
①.リバースプロキシから、バックエンドのWebサーバーに、クライアントの IPアドレスを渡す。
②.渡されたIPアドレスで、WordPressの管理画面へのアクセスを制限する。
 
リバースプロキシ環境
 
以下、リバースプロキシ環境下のWebサーバーで、【クライアントの IPアドレス】による【アクセス制限】を実装した記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

nginx-WordPress リバースプロキシにおける バッファの最適化

Webサーバー サイトの運用
nginx Reverse Proxy System
プロキシバッファの最適な設定
 
nginx で構築したリバースプロキシの下で、nginx + WordPressのブログサイトを、ドメイン別Webサーバーで3台運用しいる。稼働を開始して4か月余り、順調に稼働しているが、キャッシュのバッファーサイズは適当に設定してきたので、見直しを行ってみる。
 
「proxy_cache」が【HIT】で、「fastcgi_cache」も【HIT】のケース
 
以下、proxy_cache と fastcgi_cache のバッファーサイズを再設定した記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

PHPを 7.3 → 7.4に バージョンアップ

Webサーバー サイトの運用
Raspberry Pi + nginx + php + wordpress
phpだけのバージョンアップ
 
WordPressの「サイトヘルスステータス」に、「サイトが古いバージョンの PHP を実行しています」と表示され、PHPを新しいバージョンに更新するよう勧められる。
 
しかし、サイトヘルス画面を見てみると「1つのおすすめの改善」があり、その内容は「サイトが古いバージョンの PHP を実行しています」となっている
 
以下、この指摘に従って「phpだけをバージョンアップ」した記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

GTmetrix 測定での「Leverage browser caching」への対応

Webサーバー サイトの運用
Webサイトの高速化
その-6 「Leverage browser caching」

Nginx ブラウザキャッシュの有効化
 
「GTmetrix」という、WEBサイトの表示速度チェックツールを使ってみると、6「PageSpeed Insights」とは異なった視点で、具体的な改善点が指摘される。
 
詳細を見ると、【expiration not specified】の行が多数ある
「Leverage browser caching」での【expiration not specified】。
 
以下、nginxで「Leverage browser caching」に対応した記録。
HOME → 2 Web サーバー → 

nginx テキスト圧縮で サイトの高速化

Webサーバー サイトの管理
PageSpeed Insights : Webサイトの高速化
その-1 テキスト圧縮の有効化

nginx gzipの有効化で テキスト圧縮
 
Google Search Consoleに「速度(試験運用版)」が追加され、サマリーの中の「拡張」と「拡張」セクションの双方に「速度(試験運用版)」が表示されるようになった。
 
拡張 → 速度(試験運用版)をクリックすると、速度帯毎のURL数の推移が見れる。
拡張→速度(試験運用版)をクリックをクリックすると、 速度帯毎のURL数の推移が見れる。
 
さらに、「レポートを開く」をクリックすると、「速度帯毎のURL数」の推移が棒グラフで表示される。
 
『真っ赤っか』ではないか、なんとかせねばならぬ。
『真っ赤』ではないか、なんとかせねばならぬ