構造化データ hentry hatom エラーへの対処

WordPress Twentyseventeen サイトの管理
Search Console
構造化データ エラーへ
の対処
 
WordPressによるブログサイトで、構造化データのエラーが発生している。
 
Search Connsole の「検索での見え方」→「構造化データ」で、「エラーが発生したアイテム」が表示される
 
hentry エラー: /?page_id=xx 固定ページでのみ発生。
・author がありません
・updated がありません
 
 
hatom エラー: /?cat=xx カテゴリーページでのみ発生。
・author がありません 
 
以下に、これらエラーへの対処方法を記載。

検索アナリティクス 検索キーワードとページクリック率 相関分析

Webサイト 運用管理 SEO対策
Search Console の使い方
Google検索のキーワードを発見
 
検索アナリティクスのクエリを分析して、最適な、Google検索のキーワードを探し出し、過去記事のタイトルや見出しを改善する。これにより、
 
1. 表示される回数を増やす。
2. 表示される順位を上げる。
3. クリック率(CTR)を高める。
 

Search Console サイトマップの再送信(更新)要領

Webサイト 運用管理 SEO対策
Search Console
サイトマップの再送信(更新)要領
 

ここで言う、サイトマップとは、『XMLサイトマップ』の事で、ウェブサイト内の各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイルを指す。通常は sitemap.xml というファイル名でサイトのトップディレクトリにアップロードしておくと、検索エンジンはクローラーと呼ばれる巡回ロボットによって、XMLサイトマップを参考にして、ウェブサイト内の各ページを巡回してくれる。このように、XMLサイトマップはウェブサイトの状態を検索エンジンに「インデックス」させる重要な役割を持つ。

「インデックス」とは、
「Google(検索エンジン)に、Webサイトのページを登録する事」を指す。
 
以下に、Search Console での『サイトマップ』の再送信(更新)要領を記す。

Search Console 「Fetch as Google」の使い方

Webサーバー サイトの管理
Search Console
「Fetch as Google」の使い方
 

サイトにページを追加したり変更を加えたりした場合は、Fetch as Google ツールを使用して、インデックスへの登録(または再登録)を Google にリクエストすることが出来る。

「インデックス」とは、
「Google(検索エンジン)に、Webサイトのページを登録する事」を指す。
 
以下に、『Fetch as Google 』の手順を記す。

Google Search Console と Analytics の詳しい使い方

Webサイト 運用管理 SEO対策とアクセス解析
Search Console (サーチコンソール)

Analytics (アナリティクス)
の詳しい使い方
 
Webサイトやブログへのアクセス状況が管理・分析できる、無料のツールがGoogleから提供されている。それが、Search Console とAnalytics だ。
 
以下に、これらツールの詳しい使い方を記す。

Search Console URLエラーを無くす robots.txt の作り方

Webサーバー サイトの管理
Search Console
URLエラーを無くす robots.txt の作り方
 
robots.txt は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンが、サイトの情報を取得(クロール)するプログラム(クローラー)を制御するためのテキストファイルで、特定のファイルやディレクトリをクロール禁止に指定することで、これらの関連ページや画像などを、検索エンジンにインデックスさせないようにすることができる。

Search Console 構造化データ エラー対策

Raspberry Pi + nginx = WordPress
WordPress のテーマ Twenty Sixteen での、
Search Console 構造化データエラー
への対処結果。
 
Search Console での構造化データエラーが2種類発生するようになった。
 
①.hentry(マークアップ: microformats.org)エラー
author がありません
updated がありません
②.Person(マークアップ: schema.org)エラー
homeLocation がありません
 

Search Console URLエラー 対策まとめ 完結編

Webサイト 運用管理 SEO対策
クロールにおける『URL エラー』をなくする
 
8月の末あたりから10月の末まで、2か月に亘って Search Console のクロールエラーと戦ってきたが、2016.10.25 遂に撲滅することが出来た。以下その記録。

プラグインなし 手動での サイトマップの作り方

Raspberry Pi + nginx = Webサーバー
Google Search Console
サイトマップを手動で作る
 

サイトマップとは、ウェブサイト内のページ構成を案内するためのファイルで、HTMLのサイトマップとXMLのサイトマップの2種類がある。
HTMLサイトマップは、サイトを閲覧する ”人間” 用で、XMLサイトマップは、検索エンジンのロボット向けであり、最近では、HTMLサイトマップより、Google推奨のXMLサイトマップが多く見られる。

以下、サイトマップを、プラグインを使用せず手動で作り・管理する方法を記録。