エラー 0x8007045D: I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした。

Windows PC 関連ノウハウ
SDカードのファイルが コピーできない
 
「エラー 0x8007045D: I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした。」というエラーメッセージが出て、マイクロSDカードのデータがコピーできない。
 
マイクロSDカードのデータがコピーできない
 
以下に、この解決策を記録。

SSDを完全消去し、初期状態に戻す方法

Windows PC 関連ノウハウ
SSDの【 Secure Erase 】が出来る
『TxBENCH』の使い方
 
SSDへのクローン作成に失敗した時などに、SSDを初期状態に戻したい場合がある。こんな時【 Secure Erase 】が出来る『TxBENCH』を使用すると便利。
 
『TxBENCH』は、データを消去するだけでなく、SSDやハードディスクなどのストレージ性能を計測するベンチマーク機能を持ったソフトウェアでもある。
TxBench
 
以下に、『TxBENCH』の使い方を記載。

Win32Diskimager SDカードの Read(バックアップ)が出来ない

Raspberry Pi 運用トラブル
Win32Diskimager
An error occurrred when attempting to read data from handle. Error 121: セマフォがタイムアウトしました。
 
Win32Diskimager SDカードの Read(バックアップ)
Raspberry Pi で立てた Webサーバーで使用しているマイクロSDカードを、Win32Diskimager で、バックアップ(Read)しようとすると、途中で下記メッセージが出て処理が中断される。
 
Error 121: セマフォがタイムアウトしました。
 
以下に、この時の対応策を記載。

HDDの消せない領域(EFIや回復、OEM)を完全に削除する方法

Windows PC HDD/SSD関連ノウハウ
HDDの消せない領域(EFIや回復、OEM)を
完全に削除する方法
 
HDDをフォーマットしても消せない領域には、「EFIシステム領域」や「回復パーテション」、その他に「OEM領域」などがある。
 
選択したしたパーティションが削除される
 
以下に、これらのパーティションを削除する方法を記載。

SSD から SSD へ / HDD から SSD へ システムクローンの作成

システムドライブを SSD に換装
easeus todo backup
SSDやHDDの システム クローン作成
 
システムドライブの SSD/HDD を取り替えてパソコン寿命の延命化・高速化を図る。
 パソコン寿命の基準は、一般的には『ハードディスク』のようで、不具合が発生し始めるのがだいたい『5年』といわれている。SSD/HDD を取り替えて新しいものにすれば、パソコンの寿命は飛躍的に延びる。
 
①.稼働中のドライブ ”C”:OSの入ったシステムドライブ SSD/HDD のクローン作成
※ SSDのサイズより、HDDのサイズが大きくても、クローン可能。(クローン元よりクローン先のSSDのサイズが小さくても、実質の使用量がSSDの容量より小さければ、クローン可能。)
 
②.稼働中のSSD/HDD → 新クローンのSSD/HDDに換装
健康状態が88%だったSSD が・・・100%に。
 
 
 以下、SSD/HDDからSSDへのクローン作成手順。