Raspberry Pi Perlスクリプトによる SDカードの縮小

Raspberry Pi 運用・管理
Perlの スクリプトによる SDカードの縮小
 
Raspberry Pi のSDカードを、バックアップのためにコピーする場合、記載が同じ容量のSDカードでも製品やロットが違うと、バイト単位で容量が異なりコピーできない場合がある。
 
SDカードを容量の小さなSDカードにリサイズ
 
Raspberry PiのSDカードを、容量の小さなSDカードにリサイズする方法は、Web上に数多く紹介されているがどれも上手くいかないケースがある。
私自身も、先だってまではうまく縮小できていた方法が、最近になって実行すると上手くゆかなくなったりする。

Raspberry Pi USBに SDカードを マウントする方法

Raspberry Pi 運用・管理
USBに マイクロSDカードを マウントする方法
 
Raspberry Pi に、USBアダプタにつけたマイクロSDカードを接続して、操作するケースが多々ある。
 
rsyncを使って、USBアダプタにつけたマイクロSDカードに同期させることで、定期・自動バックアップ
 
このような場合の為に、マイクロSDカードをマウントする方法を纏めた。

Raspberry Pi SSH接続によるリモートからの操作

Raspberry Pi 運用・管理
SSHサーバー/FTPサーバー/VNCサーバー
を稼働させて、リモートから操作する
 
Raspberry Pi を操作するには、ディスプレイやキーボード、マウスといった周辺機器を接続(下図の左)する必要がある。しかし、Raspberry Pi をネットワーク経由で制御するリモートアクセス(下図の右)にすれば、ディスプレイやキーボードといった周辺機器を外して運用できるようになる。さらに、Raspberry Pi に無線アダプターを接続して、バッテリーで稼働させれば、完全なワイヤレス状態で Raspberry Pi を制御できる。
 
リモートからの操作方法
 
以下に、リモートからの操作方法を記す。

Raspberry Pi マイクロSDカード寿命への完璧対策

Raspberry Pi 【 rsync 】 の使い方
SDカードを “USBメモリ” に
定期・自動バックアップ
 Raspberry Pi を rsync で同期
 
rsyncを使って nginx Webサーバー + WordPress を、USBアダプタにつけたマイクロSDカードに同期させることで、 定期・自動バックアップ 運用を実現。

Raspberry Pi SDカードを容量の小さなSDカードにリサイズ

Raspberry Pi Linux ext4 パーティション 縮小
Raspberry Pi バックアップ 縮小
Raspberry Pi SDカードの縮小 クローン作成
 
 
SDカードを容量の小さなSDカードにリサイズ
標記が同じサイズの MicroSDカードでも、製品によっては実効サイズが異なり、バックアップした img ファイルがリストアできないことがある。そこで、この対策として Raspberry Pi で稼働中の パーティション 32GB SDカードを、容量が小さい 16GB に縮小コピーしてみる。
EaseUS ToDo Backup Free を使用して、『クローン』を作成
縮小した SDカードを、Win32 Disk Imager でバックアップすると、img ファイルのサイズはSDカードのサイズになってしまうので、EaseUS ToDo Backup Free を使用して、『クローン』を作成した。

Raspberry Pi で稼働中の 32GB SDカードを、容量の大きな 64GB に移行した

Raspberry Pi ノウハウ集
SD Card コピーでSDカードの容量を拡張する
GParted を使用 )
 

 Raspberry Pi で使用中のSDカードの、空き領域が少なくって来た。そこで、

 

 

Raspberry Pi で稼働中の 32GB SDカードを、64GB SDカードにコピーした後、そのまま 64GB にパーティションをリサイズした。