【 MySQL のメッセージ:#114 – The table ‘wp_post’ is full 】というエラーメッセージがでて、インポートできない

Raspberry Pi + nginx + WordPress
WordPress の DB を phpMyAdminで
大きなデータをサーバー上からインポートする
 

WordPressのDBを復元するために、phpMyAdminでsqlファイルをインポートしようとすると、【 MySQL のメッセージ:#114 – The table ‘wp_post’ is full 】というエラーメッセージがでて、インポートできない。

この対策として、インポートする sql ファイルを、FTPでサーバー上へ一旦保存し、サーバー上からインポートしてみる。

大きなデータを、サーバー上に一旦アップロードし、
サーバー上では、MySQLからのインポート処理のみを行うように設定
 

スポンサー リンク

 
 
手順
①.config.inc.phpの編集。
②.インポート用ファイルのディレクトリー作成。
   ついでに、エクスポート用ファイルのディレクトリー作成。
③.インポートする sql ファイルのアップロード。
④.インポートの実行。
 
 
①.config.inc.phpの編集
 
/etc/phpmyadmin のフォルダ内にある[ config.inc.php ]ファイルを開く。
注意: /usr/share/phpmyadmin のフォルダではない。
 

ローカルで編集し、アップロードすると、phpMyAdmin – エラー:設定ファイルのパーミッションが正しくありません。誰でも書き込み可能になっています!
になるので、直接編集を行う。

$cfg[‘UploadDir’] に、アップロードに利用するのディレクトリ = インポートするフォルダーを指定する。[./uploads]と指定した。
$cfg[‘SaveDir’] には、エクスポートの出力先ディレクトリを指定する。[./save]と指定した。

この編集を行って、phpMyAdmin を起動してインポートを行うと、ウェブサーバー上のアップロードディレクトリからの選択が可能になる。

 
②.インポート用ファイルのディレクトリー作成
 
インポート用ファイル uploads のディレクトリーを、
/usr/share/phpmyadmin のフォルダ内に作成。
ついでに、エクスポート用ファイル save のディレクトリーも作成。
 
 
③.インポートする sql ファイルのアップロード
 
FTPを用いて、サーバーに sql ファイルをアップロードする。(必要に応じて、ファイルのパーミッション変更)
ファイルがアップロードされると、インポートするファイルがプルダウンメニューで選択できるようになる。

 
 
④.インポートの実行
 
ファイルサイズでエラーが出ないか確かめるために、全テーブルのファイルを選択して実行してみる。
 
問題なく終了。
 
MySQLデータをサーバー上からインポートすれば、大きなサイズのデータでもMySQLデータベースにインポートが可能。
 

以上。
(2017.06.13)

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください