Nginx リバースプロキシ配下の Webサーバーで 504 Gateway Time-out エラー

Webサーバー サイトの運用
nginx - nginx リバースプロキシ
504 Gateway Time-out エラー
 
nginx – nginx のバックエンドにあるWebサーバーで、WordPressに「Duplicator」でDatabaseをインポートすると、【504 Gateway Time-out】エラーになる。
 
Nginxの リバースプロキシ配下のWebサーバーで 504 Gateway Time-out エラー
 
以下、Nginxのリバースプロキシで、タイムアウトの時間を延ばした記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. リバースプロキシの構成とエラー発生状況
 
リバースプロキシの構成。
nginx – nginx のリバースプロキシ。
バックエンドのWebサーバーは WordPress。
 
リバースプロキシの構成
 
エラー発生状況。
バックエンドにある、WebサーバーのWordPressに、
Databaseを「Duplicator」でインポート中に発生。
 
Nginxの リバースプロキシ配下のWebサーバーで 504 Gateway Time-out エラー
 
以下、Nginxのリバースプロキシで、タイムアウトの時間を延ばす処置を施す。
 
 
 
2. リバースプロキシでの nginx の設定
 
リバースプロキシでの nginx.conf の編集。
sudo nano /etc/nginx/nginx.conf
 
proxyに関する、タイムアウトの時間を延ばす。
 
http {
 server_tokens off;
 sendfile on;
 tcp_nopush on;
 tcp_nodelay on;
 access_log off;
 keepalive_timeout 600;
 client_header_timeout 600;
 client_body_timeout 600;
 reset_timedout_connection on;
 send_timeout 600;
 imit_conn_zone $binary_remote_addr zone=addr:5m;
 limit_conn addr 100;
 - - - - -
 proxy_connect_timeout 600;
 proxy_read_timeout 600;
 proxy_send_timeout 600;
 
 
 
3. バックエンドのWebサーバーでの nginx の設定
 
バックエンドのWebサーバーでの nginx.conf の編集。
sudo nano /etc/nginx/nginx.conf
 
fastcgiに関する、タイムアウトの時間を延ばす。
 
http {
 server_tokens off;
 sendfile on;
 tcp_nopush on;
 tcp_nodelay on;
 access_log off;
 keepalive_timeout 600;
 client_header_timeout 600;
 client_body_timeout 600;
 reset_timedout_connection on;
 send_timeout 600;
 limit_conn_zone $binary_remote_addr zone=addr:5m;
 limit_conn addr 100;
 - - - - -
 fastcgi_connect_timeout 600;
 fastcgi_read_timeout 600;
 fastcgi_send_timeout 600;
 
 
これで、WordPressの「Duplicator」での移行が無事完了。
 
 
参考:
 
以上。
(2020.08.19)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください