Synology NAS セキュリティ設定

Windows PC 関連ノウハウ
NASへの攻撃や不正アクセス対策
「ファイアウォール」の設定
 
Synology NAS には、外出先からインターネットで Synology NAS に関単にアクセス出来る「Synology QuickConnect」や、Webサーバーとして利用できる「Web Staion」と言った便利な機能がある。
 
しかし便利がゆえに、不正アクセス対策としての「セキュリティ設定」は、出来るだけ・最大限の処置を施しておきたいものである。
 
「日本」のみにチェックを入れ、「OK」をクリックする。
 
 
 
スポンサー リンク
 
 
1. 「位置」による「ファイアウォール」設定
 
「コントロール パネル」を開き、「セキュリティ」を選択する。
「コントロール パネル」を開き、「セキュリティ」を選択する
 
「ファイアウォール」タブをクリックする。
「ファイアウォール」タブをクリックする
 
全般の「ファイアウォールを有効にする」にチェックを入れ、「ファイアウォール プロファイル」から「Custom」を選択した後、「規則の編集」をクリックする。
全般の「ファイアウォールを有効にする」にチェックを入れ、「ファイアウォール プロファイル」から「Custom」を選択した後、「規則の編集」をクリックする。
 
「プロファイルの編集“custom”」ウィンドウが立ち上がるので、「作成」を選択する。
「プロファイルの編集“custom”」ウィンドウが立ち上がるので、「作成」を選択する。
 
「ソース IP」項目の「位置」にチェックを入れ、「選択」をクリックする。
「ソース IP」項目の「位置」にチェックを入れ、「選択」をクリックする。
 
「日本」のみにチェックを入れ、「OK」をクリックする。
「日本」のみにチェックを入れ、「OK」をクリックする。
 
「操作」の「可能」にチェックを入れ、「OK」をクリックする。
「操作」の「可能」にチェックを入れ、「OK」をクリックする。
 
規則が作成されていることを確認し、「OK」をクリックする。
規則が作成されていることを確認し、「OK」をクリックする。
 
「ファイアウォールの設定を保存しました。」が表示されるので「OK」をクリックする。
「ファイアウォールの設定を保存しました。」が表示されるので「OK」をクリックする。
 
最後に「適用」をクリックして、これで完了。
最後に「適用」をクリックして、これで完了。
 
 
2. 「タイムゾーン」を確認
 
「コントロール パネル」から「地域のオプション」を選択し、「タイムゾーン」の項目を確認する。何故か「Seoul」になっている。
「地域のオプション」を選択し、「タイムゾーン」の項目を確認する。
 
一覧から日本(Tokyo, Osaka, Sapporo)を選択し、「適用」をクリックする。
一覧から日本(Tokyo, Osaka, Sappro)を選択し、「適用」をクリックする。
 

 

以上。
(2019.05.22)

 
スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 IT技術ブログ Raspberry Piへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村 IT技術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください