Raspberry Pi SDカードを容量の小さなSDカードにリサイズ

Raspberry Pi Linux ext4 パーティション 縮小
Raspberry Pi バックアップ 縮小
Raspberry Pi SDカードの縮小 クローン作成
 
 
SDカードを容量の小さなSDカードにリサイズ
標記が同じサイズの MicroSDカードでも、製品によっては実効サイズが異なり、バックアップした img ファイルがリストアできないことがある。そこで、この対策として Raspberry Pi で稼働中の パーティション 32GB SDカードを、容量が小さい 16GB に縮小コピーしてみる。
EaseUS ToDo Backup Free を使用して、『クローン』を作成
縮小した SDカードを、Win32 Disk Imager でバックアップすると、img ファイルのサイズはSDカードのサイズになってしまうので、EaseUS ToDo Backup Free を使用して、『クローン』を作成した。

Raspberry Pi で稼働中の 32GB SDカードを、容量の大きな 64GB に移行した

Raspberry Pi ノウハウ集
SD Card コピーでSDカードの容量を拡張する
GParted を使用 )
 

 Raspberry Pi で使用中のSDカードの、空き領域が少なくって来た。そこで、

 

 

Raspberry Pi で稼働中の 32GB SDカードを、64GB SDカードにコピーした後、そのまま 64GB にパーティションをリサイズした。

 

HDDの消せない領域(EFIや回復、OEM)を完全に削除する方法

Windows PC HDD/SSD関連ノウハウ
HDDの消せない領域(EFIや回復、OEM)を
完全に削除する方法
 
HDDをフォーマットしても消せない領域には、「EFIシステム領域」や「回復パーテション」、その他に「OEM領域」などがある。
 
選択したしたパーティションが削除される
 
以下に、これらのパーティションを削除する方法を記載。

SSD から SSD へ / HDD から SSD へ システムクローンの作成

システムドライブを SSD に換装
easeus todo backup
SSDやHDDの システム クローン作成
 
システムドライブの SSD/HDD を取り替えてパソコン寿命の延命化・高速化を図る。
 パソコン寿命の基準は、一般的には『ハードディスク』のようで、不具合が発生し始めるのがだいたい『5年』といわれている。SSD/HDD を取り替えて新しいものにすれば、パソコンの寿命は飛躍的に延びる。
 
①.稼働中のドライブ ”C”:OSの入ったシステムドライブ SSD/HDD のクローン作成
※ SSDのサイズより、HDDのサイズが大きくても、クローン可能。(クローン元よりクローン先のSSDのサイズが小さくても、実質の使用量がSSDの容量より小さければ、クローン可能。)
 
②.稼働中のSSD/HDD → 新クローンのSSD/HDDに換装
健康状態が88%だったSSD が・・・100%に。
 
 
 以下、SSD/HDDからSSDへのクローン作成手順。