phpMyAdmin で 『アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです』というエラーが出る

phpMyAdmin で SQLファイルをインポートするとき、
『アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです』
というエラーが出る。
その対策を含めた ” 設定 ” を以下に記述。
 
phpMyadmin のインストール要領
 

①.sudo apt-get install phpmyadmin
Web-server selection の画面で Apache か lighttpd かどちらのサーバーかと、と聞いてくるが、どちらでもないので、チェックを外しておく。
パスワードを合計3回聞いてくるので、MySQL を導入した時と同じモノを入力しておく。

②.リンクを貼る
ln -s /usr/share/phpmyadmin /home/yaopi/www

③.URLを次のように入力すれば、phpMyadmin の画面が表示される。
http://192.168.11.xxx/phpMyAdmin/index.php

 

 

スポンサー リンク

 

 
 

PHP関連ファイルの編集と設定要領。

①.sudo nano /etc/php5/fpm/php.ini の編集。

・679行目付近 文字コードの設定 → 元々こうなっているので確認。
default_charset = "UTF-8"

・894行目付近 タイムゾーンの設定 ← コメントを外し修正。
date.timezone = "Asia/Tokyo"

・1715行目付近 マルチバイト対応(mbstring)の言語設定 ← コメントを外す。
mbstring.language = Japanese

・820行目付近 アップロードできるファイルのサイズの最大値
upload_max_filesize = 512M

・660行目付近 POSTすることのできるデータの最大値
post_max_size = 512M

・393行目付近 スクリプトが確保できるメモリの最大値
memory_limit = 512M

この時、上記の値が以下の関係であることに注意してください。
upload_max_filesize ≦ post_max_size ≦ memory_limit

・372行目付近 
max_execution_time = 300 
 
②.sudo nano /etc/nginx/nginx.conf の編集。
・19行目付近
keepalive_timeout 600; 
 
③.sudo nano /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf の編集。
・328行目付近 
request_terminate_timeout = 300  
④.sudo nano /etc/nginx/sites-available/default の再編集。
# example.com setting
server {
	listen       80;
	server_name  example.com;
	access_log   /var/log/nginx/access.log main;
	error_log    /var/log/nginx/error.log info;
	root         /var/www/nginx;

	# デフォルト 60秒を300秒までアップします。
	fastcgi_read_timeout 300; 
	...
}
 
phpMyadmin を使用して、データベース “wpdb” をインポートする。
 
インポートは正常に終了しました。394 個のクエリを実行しました。 (wpdb.sql)
 
と、表示されれば成功!。
 

以上。
(2017.01.05)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください