Raspberry Pi nginx で構築した Web サーバーのバージョンアップ

nginx + php5-fpm それに mysql-server + php5-mysql
稼働中の Web サーバーを、
Raspbian から全面的にバージョンアップした。
 
バージョンアップ手順概要
 
上記6つの手順を踏めば、全面的なバージョンアップが行えた。だだし、バージョンアップ中に幾つかの問題点にも遭遇。以下にこの記録を残す。

スポンサー リンク

 
バージョンアップ 前
バージョンアップ 後
 

バージョンアップ手順。

1:旧サーバから www コンテンツファイル一式をダウンロードする
 
FTPでwordpress関連のファイルも含め全てをダウンロードしておく。
 
2:旧サーバのwordpressデータベースを丸ごとエクスポートする
 
phpMyAdminでwordpressが入ってるDBを丸ごとダンプしておく。
 
 
 
4:新サーバにファイルを丸ごとアップロードする
 
旧サーバからダウンロードしたwww コンテンツや wordpress関連のファイル一式を新サーバのディレクトリにアップロードする。
 
 
5:nginx Webサーバーへの WordPress のセットアップ
 5-1. MySQLデータベースを作成する
 5-2. 旧サーバのDBを丸ごとインポートする
 
 
 
環境に応じて、上記作業を行う。
 
 
バージョンアップ中に遭遇した問題点
 

1. Jessie のインストール
 → CLIモードでの文字化けと、キーボードから ”_” 文字の入力ができない。

2. Raspberry Pi の最適化
 → /va/log を RAM ディスク化できない。
 → /etc/rc.local が起動できない。

3. セキュリティ設定

4. SSH接続の公開鍵化
 → 「SSH2秘密鍵の読み込みに失敗しました」 というエラーに悩まされる。

5. Webサーバーの構築
 → html は動くが php の画面 だけが真っ白になる。

6. WordPressに関する設定
 → phpMyAdmin で 『アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです』というエラーが出る。

7. cron MyDNS 自動通知
 → 従来と同じ設定では動かなくなった。 “cd /; /usr/bin/***” と書かねばならない。

 

以上。
(2017.01.07)

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください