Contact Form 7 のメールを Gmail の SMTP サーバーを使って送信

WordPress
外部のSMTPサーバを利用してメールを送信する方法
『WP Mail SMTP』プラグインのインストール
 

『Contact Form 7』を導入し、メールで問い合わせを受け取るようにしたのは良いが、Raspberry Pi で構築したブログサーバーにはメール環境がないため、メールが送信できない。そこで、 『WP Mail SMTP』と言うプラグインで、外部サーバー(Gmail の SMTP サーバー )を使って送信が出来るようにした。

スポンサー リンク

 
プラグイン『WP Mail SMTP』のインストールと有効化。
smtpmail112
 
プラグインの有効化を行うと、管理画面の「設定」メニューの中に「メール」メニューが出現するのでこれをクリックして、メールサーバに関する設定を行う。
smtpmail122
 
「メール詳細設定」画面が表示される。
smtpmail132
 
「From Email」 : Gmailメールのアドレス
「From Name」 : 省略しておけば「WordPress」になる。
「メーラー」は外部のSMTPサーバを利用して送信するので「WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する。」が選択されていることを確認する。
※:ここで設定する「From ・・・」は、SMTPサーバを股借りする為のものであり実際の差出人ではない。
 
次にSMTPサーバに関する設定を行う。
smtpmail142
 
Gmailのサーバを利用するので、
SMTP Host : smtp.gmail.com
SMTP Port : 465
SSLを使用するにチェックを入れる。
はい:SMTP認証を使用しますにチェックを入れる。
Username : Gmailメールのアドレス全体(@gmail.comを含む)
Password : Gmail のパスワード
以上、入力が終わったら『変更を保存』する。
テストメールの送信。
smtpmail152
 
宛先に、テストメールの送信先のアドレスを入力し、ボタンを押す。
”テストメールを送信しました。” と、次の画面が表示される。
smtpmail162
 
次のようなメールが届く。
smtpmail172
 
メールが受信できればOK.
 
コンタクトフォームからの送信確認。
smtpmail182
 
受信メールはこのようになる。
smtpmail192
 
差出人が、Gmail と実際の差出人の2つになる。
 
送信されてくる宛先は、Contact Form 7 に登録したアドレスであり、Gmail でなくともOK.
 

 

以上。
(2016.08.11)

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です