構造化データ hentry hatom エラーへの対処

WordPress Twentyseventeen サイトの管理
Search Console
構造化データ エラーへ
の対処
 
WordPressによるブログサイトで、構造化データのエラーが発生している。
 
Search Connsole の「検索での見え方」→「構造化データ」で、「エラーが発生したアイテム」が表示される
 
hentry エラー: /?page_id=xx 固定ページでのみ発生。
・author がありません
・updated がありません
 
 
hatom エラー: /?cat=xx カテゴリーページでのみ発生。
・author がありません 
 
以下に、これらエラーへの対処方法を記載。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
1. 構造化データでのエラー発生状況
 
Search Console の「検索での見え方」→「構造化データ」で、「エラーが発生したアイテム」が表示される。
Search Connsole の「検索での見え方」→「構造化データ」で、「エラーが発生したアイテム」が表示される
 
「hatom」でのエラー内容は、カテゴリーページでの「author がありません 」エラー。
カテゴリーページでの「author がありません 」エラー
 
「hentry」でのエラー内容は、固定ページでの「author がありません 」と「updated がありません」の2つのエラー。
固定ページでの「author がありません 」と「updated がありません」の2つのエラー
 
 
2. 子テーマでの対処要領
 
修正対象テーマファイル。
固定ページ:content-page.php と content.php
カテゴリーページ:archive.php
 
 
子テーマにコピーして修正。
子テーマにコピーして修正
 
 
 
3. 固定ページ:「author がありません」「updated がありません」対策
 
hentry エラーへの対処 
 
①.「外観」→「テーマの編集」→「template-parts」→ 「page」→ content-page.php を修正。
 
content-page.php に、投稿日・更新日・投稿者を表示する処理を追記する。
<!-- ここから"font-size:8pt;">
<time class="entry-date published" datetime="<?php the_time('Y/m/d'); ?>">
     <?php the_time('Y/m/d'); ?>
</time>

<time class="updated-date updated" datetime="<?php the_modified_date('Y/m/d'); ?>">
	<?php the_modified_date('Y/m/d'); ?>
</time>

/ 投稿者稿者span class="author vcard post-author"><span class="fn">
	<a href="https://plus.google.com/u/3/117812613832726046331" rel="author">
	<?php the_author(); ?></a></span></span>
</div>
<!-- 投稿日稿日
 
ポイント
「投稿者」の表示に、【 G+ プロフィール 】へのリンクを貼った。
 
content-page.php への追記位置。(タイトルを表示しているステートメントの上に記述した。)
content-page.php への追記位置
 
②.「外観」→「テーマの編集」→「template-parts」→ 「post」→ content.php を修正。
 
content.php に、投稿日・投稿者を表示する処理を追記する。
<!-- 構造化データのエラー対策ータのエラー対策class="entry-date updated" style="display:none" datetime="<?php echo esc_attr( get_the_date( 'c' ) ) ?>"><?php echo esc_html( get_the_date() ) ?></time>
<!-- 構造化データのエラー対策ータのエラー対策span class="byline" style="display:none" ><span class="author vcard"><a class="url fn n" href="esc_url( get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ) )" rel="author"><?php echo get_the_author(); ?></a></span></span>
 
content.php への追記位置。(div class=”entry-content” の最初に追記した。)
content.php への追記位置
 
 
4. カテゴリーページ:「author がありません」対策
 
hatom エラーへの対処 
 
「外観」→「テーマの編集」→「アーカイブ」→ archive.php を修正。
 
archive.php に、投稿者を表示する処理を追記する。
<!-- ここから"font-size:8pt;">
<span class="vcard author"><span class="fn">
<a href="https://plus.google.com/u/3/117812613832726046331" rel="author">
	<?php the_author(); ?>投稿者稿者a></span></span>
</div>
<!-- 投稿者の表示者の表示
 
ポイント
「投稿者」の表示に、【 G+ プロフィール 】へのリンクを貼った。
 
archive.php への追記位置。(カテゴリーの説明文を表示しているステートメントの下に追記した。)
archive.php への追記位置
 
 
5. 対処結果
 
「構造化データ」での「エラーが発生したアイテム」の推移。
「構造化データ」での「エラーが発生したアイテム」の推移
 
「hentry」と「hatom」でのエラーアイテム数の推移。
「hentry」と「hatom」でのエラーアイテム数の推移
 
「エラーが発生したアイテム」数は徐々に減少し、1ヵ月掛かって「hentry の 2件」だけになった。
 
 
以上。
(2018.10.09)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください