Synology NAS IPアドレスの固定化

Windows PC ネットワーク関連ノウハウ
Synology NASの IPアドレスを固定化する
 
Synology NASのIPアドレスは、ディフォルト設定では「DHCP」という仕組みによって自動的に割り振られるようになっているが、「固定IPアドレス」にすることによって、NASとの接続を安定化させると同時に、IPアドレスでも接続できるようにする。
 
新しく設定したIPアドレスをURL欄に入力し、NASのWEB管理画面にログインできるかを確認する
 
以下、Synology NASのIPアドレスを固定化した記録。
 
スポンサー リンク
 
 
IPアドレスの固定化要領
 
ブラウザから DSM(DiskStaionManager)画面を開き、「コントロールパネル」をクリックする。
DSM(DiskStaionManager)画面を開き、「コントロールパネル」をクリックする
 
「コントロール・パネル」の画面が表示されたら、「ネットワーク」のアイコンをクリックする。
「コントロール・パネル」の画面が表示されたら、「ネットワーク」のアイコンをクリックする
 
「ネットワーク」の画面に切り替わったら、「ネットワークインターフェース」のタブをクリックする。
「ネットワーク」の画面に切り替わったら、「ネットワークインターフェース」のタブをクリックする
 
「ネットワークインターフェース」の画面で、「LAN 接続済」となっている行の一番右の下向きの矢印をクリックすると、ネットワークの詳細が表示される。

ここに表示されている「DHCP」で自動的に割り振られたIPアドレスを、固定化するために「編集」ボタンをクリックする。
ここに表示されている「DHCP」で自動的に割り振られたIPアドレスを固定に変更する

 
「IPv4」の画面が出るので「手動で設定する」をクリックし、固定化したいアドレスを入力する。
「IPv4」の画面が出るので「手動で設定する」をクリックし、固定化したいアドレスを入力する
 
「OK」ボタンをクリックすると、IPアドレスが固定化される。
 
新しく設定したIPアドレスをURL欄に入力し、NASのWEB管理画面にログインできるかどうか確認する。
新しく設定したIPアドレスをURL欄に入力し、NASのWEB管理画面にログインできるかを確認する
 

 

以上。
(2019.05.22)

 
スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください