Thunderbird メール作成時の文字サイズと改行幅

Windows PC 関連ノウハウ
Thunderbird
メール作成時の文字サイズと改行幅の変更
 
メールソフトは、長年「Thunderbird」を使用しているが、最近煩わしいことが続いていたので、本格的に修正した。
 
問題点。
①.受信するメールによって、表示される文字の大きさが変わる。
②.メール作成時に、改行幅が大きくなった。
 
メール作成時に、改行幅が大きくなってしまう
 
以下、「Thunderbird」における、文字サイズと改行幅の修正記録。
 
スポンサー リンク
 
 
1. メール送信文の文字の大きさ
 
Thunderbird は送信してくるメールの文字コードによって、表示する文字のサイズを変えている。
このため、返信を作成する時に、意図しない文字の大きさになってしまう事がある。
 
「ツール」から「オプション」を選択する。
「ツール」から「オプション」を選択する
 
「表示」タブの「書式」で、フォントの種類やサイズが設定できる
 
この画面で、「詳細設定」をクリックする。
この画面で、「詳細設定」をクリックする
 
テキストエンコーディングを、送信・受信とも【日本語】に揃える。
テキストエンコーディングを、送信・受信とも【日本語】に揃える
 
これで、受信した文字サイズに影響されることなく、返信文が作成できるようになった。
 
 
2. 大きくなった改行幅を直す方法
 
メール作成時に、改行幅が大きくなってしまう。「段落<p>」という設定が原因で、これを変更する必要がある。
メール作成時に、改行幅が大きくなってしまう
 
「ツール」から「オプション」を選択する。
「ツール」から「オプション」を選択する
 
「編集」タブから、「一般」タブを選択する。
「編集」タブから、「一般」タブを選択する
 
「既定で本文テキストの代わりに段落書式を使用する(P)」に入っているチェックを外す。
「既定で本文テキストの代わりに段落書式を使用する(P)」に入っているチェックを外す
 
「本文のテキスト」に替わり、改行幅が直る。
「本文のテキスト」に替わり、改行幅が直る
 

 

以上。
(2019.06.25)

 
スポンサー リンク

 

           

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください