WordPress 初期設定事項一覧表 -3- 管理画面の「外観」→「ウィジェット」での初期設定

WordPress Twenty Seventeen
初期設定事項一覧表
その-3 管理画面の「外観」→「ウィジェット」での初期設定
 
WordPress 初期設定事項一覧における、当記事の位置づけ。 
 

スポンサー リンク

 
管理画面の「外観」→「ウィジェット」での初期設定。
 
「ウィジェット」での初期設定
 
 
 
 
 
1. 「カテゴリー」の表示
 
ウィジェットの「カテゴリー」をドラッグして、ブログサイドバーにドロップし、記事の「カテゴリー」が、サイドバーに表示されるように設定する。 
「カテゴリー」の表示
 
 『投稿数を表示』と『階層を表示』にチェックを入れる。 
「カテゴリー」の表示
 
すると、次のように「カテゴリー」が表示されるようになる。 
「カテゴリー」の表示
 
 
 
2. 「RSS」というウィジェットで【最近の投稿】を作成
 
ウィジェットの「RSS」をドラッグして、ブログサイドバーにドロップし、【最近の投稿】として、記事のタイトルをサイドバーに表示する。 
【最近の投稿】を作成
 
ブログサイドバーにドロップすると、次のような入力欄が開く。 
【最近の投稿】を作成
 
『RSS フィードの URL』欄には、サイトのURLの後ろに【 /?feed=rss2 】をつけて入力する。 
【最近の投稿】を作成
 
サイドバーに【最近の投稿】として、記事のタイトルが表示されるようになる。 
【最近の投稿】を作成
 
 「RSS」ウィジェットで作成した記事のタイトルは、表示フォントが大きいので、「最近の投稿」ウィジェットで【最近の投稿】を作成してみる。 
最近の投稿
 
「最近の投稿」ウィジェットで作成すると、記事タイトルのフォントが次のようになる。この方が見やすい。
 
最近の投稿
 
 
 
3. 「カスタム HTML」というウィジェットで【プロフィール】欄を作成
 
ウィジェットの「カスタム HTML」をドラッグして、ブログサイドバーにドロップし、画像や自己紹介文を入れ、【プロフィール】欄を作成する。 
【プロフィール】欄を作成
 
作成した【プロフィール】欄。 
【プロフィール】欄を作成

 
 
 
4. 「カスタム HTML」というウィジェットで【Adsense広告】を表示
 
Google Adsense 広告のコードを張り付ける。サイドバーなので 300 x 600 の縦長広告を表示した。 
「広告」の表示
 
丁度良い幅で、広告が表示されるようになった。
 
「広告」の表示
 
 
以上で、管理画面の「外観」→「ウィジェット」での初期設定は完了。
 
 
参考:

 

以上。
(2017.09.26)

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください