WordPress 初期設定事項一覧表 -1- 管理画面の「設定」での初期設定

WordPress Twenty Seventeen
初期設定事項一覧表
その-1 管理画面の「設定」での初期設定
 
WordPress を導入して、本格的に記事を投稿していくまでに、設定しておくべき事項をチェックリストとして一覧にまとめた。この中で、当記事は次の位置づけとなる。 
 
 
スポンサー リンク
 
 
 
 
1.  管理画面の「設定」→「一般」
 
「一般設定」
 
 
「一般設定」→ キャッチフレーズの設定。
「一般設定」→ WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の設定。
 
 
「一般設定」での設定
 
①.「一般設定」→ キャッチフレーズの設定。
 
②.「一般設定」→ WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の設定。
♠:WordPressアドレス(URL) :WordPressをインストールした場所
♣:サイトアドレス(URL):そのWordPressにアクセスするためのアドレス
 
次のようなケースがある。  
WordPress アドレス (URL)の設定
 
nginx 側で、サーバー設定を行い、同じにしておくのが望ましい。
 
 
 
  2. 管理画面の「設定」→「投稿設定」
 
「投稿設定」
 
 
「投稿設定」→ 更新情報サービスを登録する。
 
投稿設定には「更新情報サービス」の設定(PINGの設定)という、記事を投稿したことを通知する非常に重要な機能がある。この「更新情報サービス」を有効に使うには、「記事の投稿」や「記事の編集」を自動的に通知する、『通知先』を登録をしなければならない。 
「投稿設定」での設定
 
下記『通知先』は、当初からWordPressに設定されているものも含んでいるので、置き換えて貼り付ければOKである。最終行は、『にほんブログ村』の記事反映先である。
 
 
  3. 管理画面の「設定」→「表示設定」
 
「表示設定」
 
 
「表示設定」→ 「抜粋のみを表示」に変更。
 
RSSボタンを設置すると、
①.フィード上で、記事の内容のすべてが読める。
②.フィード上の記事には、アドセンスが表示されない。
という、問題が発生する。そこで対策として、フィード上では全文が読めないように変更する。 
「表示設定」での設定
 
 
 4.  管理画面の「設定」→「ディスカッション」
 
「ディスカッション設定」
 
 
「ディスカッション設定」→ 「モデレートしてください」メールを止める。
 
記事作成中に突然「コメント」欄に、「モデレートしてください」という、自分自身からのコメントが投稿される。これを止めるために、「設定」の「ディスカッション設定」で、『投稿のディフォルト設定』と『自分宛てのメール通知』の下記チェックを外す。 

「ディスカッション設定」での設定

 
 
 5.  管理画面の「設定」→「メディア」
 
「メディア設定」
 
 
「メディア設定」→ 中サイズと大サイズをゼロにする。
 
標準設定では3種類のサムネイルが自動で生成される。オリジナルサイズと合わせて4種類のサイズを使い分けるのであれば問題ないが、利用しないサイズのファイルは無駄になる。今後アップロードする画像は、サムネイルだけがリサイズされ自動生成されるようにし、その他のサイズが生成されるのを止める。これにより、不要な画像の生成を止める。 
「メディア設定」での設定
 
サムネイルのサイズについて。
Feedlyに安定して画像を表示させる為に、
横を 450 以上に設定する。( 450 x 253 を設定)
 
 
参考:
 
 

以上。
(2017.09.24)

 
             

スポンサー リンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください