HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 1 Windows10 → 

『Microsoft アカウント』が 作成出来ない時の対策

Windows PC 関連ノウハウ
「netplwiz」による Microsoftアカウントの作成
 
ジャンク品で購入したパソコンに、Administratorアカウントを作成して、Windows 8.1 だったOSを Windows 10 にアップグレードした。
次に、Windows 10 をクリーンインストールする準備として、『Microsoft アカウント』の追加を試みるも、通常の方法では作成できない。
 

「パスワード不明」のため、Microsoftアカウントが作成できない

 
以下、「netplwiz」コマンドを使って『Microsoft アカウント』を作成した記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. アカウントの状況
 
先ず、「ユーザーの情報」と「ライセンス認証」を確認してみる。
 
スタートメニューから、「設定」をクリックする。
スタートメニューから、「設定」をクリックする
 
Windows の設定の中から、「アカウント」をクリックする。
Windows の設定の中から、「アカウント」をクリックする
 
「ユーザーの情報」が参照できる。
「ユーザーの情報」が参照できる
 
【Administrator】は、「ローカルアカウント」で「管理者」となっている。
 
次に、「更新とセキュリティ」の中から「ライセンス認証」を表示してみる。
「更新とセキュリティ」の中から「ライセンス認証」を表示してみる
 
 
Windows はデジタル ライセンスによってライセンス認証されています
 
 
 
 
2. 通常の方法での Microsoftアカウントの作成
 
まず、前任者が使用していた Microsoftアカウントを削除した。
前任者が使用していた Microsoftアカウントを削除した
 
「更新とセキュリティ」の「ライセンス認証」の最下部にある、「アカウントの追加」をクリックする。
「更新とセキュリティ」の「ライセンス認証」の最下部にある、「アカウントの追加」をクリックする
 
Microsoftアカウントにする【メールアドレス】を入力し、「次へ」をクリックする。
Microsoftアカウントにする【メールアドレス】を入力し、「次へ」をクリックする
 
アカウントの作成に入るので、「次へ」をクリックする。
アカウントの作成に入るので、「次へ」をクリックする
 
ここで、問題が発生!!
 
前任者が使用していた 「Microsoftアカウントのパスワード」が必要になる。
前任者が使用していた 「Microsoftアカウントのパスワード」が必要になる
 
「パスワード不明」のため、Microsoftアカウントが作成できない。
「パスワード不明」のため、Microsoftアカウントが作成できない
 
 
 
3. 「netplwiz」での Microsoftアカウントの追加
 
 
netplwiz」コマンド
Windows10には、Netplwiz.dll(Network Places Wizard)を起動してユーザーアカウント制御ウィンドウを呼び出し、【ユーザー】に関する各種設定が出来る「netplwiz」コマンドが用意されている。
 
 
「Windows」マークを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックする。
「Windows」マークを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」をクリックする
 
名前の欄に「netplwiz」と入力し「OK」をクリックする。
名前の欄に「netplwiz」と入力し「OK」をクリックする
 
ユーザーアカウントの設定画面が開くので、「追加」をクリックする。
ユーザーアカウントの設定画面が開くので、「追加」をクリックする
 
Microsoftアカウントにする【メールアドレス】を入力し、「次へ」をクリックする。
Microsoftアカウントにする【メールアドレス】を入力し、「次へ」をクリックする
 
Microsoftアカウントが追加されるので、「完了」をクリックする。
Microsoftアカウントが追加されるので、「完了」をクリックする
 
ユーザーアカウントの設定画面に戻り、Microsoftアカウントが追加されていることが確認できる。
ユーザーアカウントの設定画面に戻り、Microsoftアカウントが追加されていることが確認できる
 
 
 
4. 「netplwiz」での ローカルアカウントの追加
 
同じ様に、ユーザーアカウントの設定画面で「追加」をクリックし、「このユーザーのサインイン方法」画面で、「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」をクリックする。
「このユーザーのサインイン方法」画面で、「Microsoft アカウントを使わずにサインインする」をクリックする
 
ユーザーの追加画面が表示されるので、「ローカルアカウント」をクリックする。
ユーザーの追加画面が表示されるので、「ローカルアカウント」をクリックする
 
全ての項目を入力して「次へ」をクリックする。
全ての項目を入力して「次へ」をクリックする
 
ローカルアカウントが追加されるので、「完了」をクリックする。
ローカルアカウントが追加されるので、「完了」をクリックする
 
ユーザーアカウントの設定画面に戻り、ローカルアカウントが追加されていることが確認できる。
ユーザーアカウントの設定画面に戻り、ローカルアカウントが追加されていることが確認できる
 
「アカウント」の画面を呼び出し、「他のユーザー」を表示すると、追加したそれぞれのアカウントが確認できた。
「アカウント」の画面を呼び出し、「他のユーザー」を表示すると、追加したそれぞれのアカウントが確認できた
 
 
 
5. Microsoftアカウントでのサインイン
 
Windowsを再起動すると、Microsoftアカウントが追加されている。
Windowsを再起動すると、Microsoftアカウントが追加されている
 
Microsoftアカウントで、サインインする。
Microsoftアカウントで、サインインする
 
Microsoftアカウントのパスワード入力が求められる。
Microsoftアカウントのパスワード入力が求められる
 
PINの作成画面が表示されるので、「次へ」をクリックする。
PINの作成画面が表示されるので、「次へ」をクリックする
 
暗証番号(PINコード:4桁~8桁の数字)を設定する。
暗証番号(PINコード:4桁~8桁の数字)を設定する
 
セットアップに少し時間が掛かる。
セットアップに少し時間が掛かる
 
デバイスのプライバシー設定に、「同意」をクリックする。
デバイスのプライバシー設定に、「同意」をクリックする。
 
Microsoftアカウントでのサインインが、OKとなる。
Microsoftアカウントでのサインインが、OKとなる
 
背景画像を変更してみる。
背景画像を変更してみる
 
「アカウント」画面の「ユーザーの情報」を確認してみると、Microsoftアカウントになっている。
「アカウント」画面の「ユーザーの情報」を確認してみると、Microsoftアカウントになっている
 
「サインイン オプション」は、PIN方式になっている。
「サインイン オプション」は、PIN方式になっている
 
Windowsを再起動すると、背景画像が変わった。
Windowsを再起動すると、背景画像が変わった
 
PINコードでサインインが出来る様になった。
PINコードでサインインが出来る様になった
 
Microsoftアカウントになった状態で、「更新とセキュリティ」の中から「ライセンス認証」を表示してみる。
Microsoftアカウントになった状態で、「更新とセキュリティ」の中から「ライセンス認証」を表示してみる
 
 
Windows は、Microsoft アカウントにリンクされた デジタル ライセンスによってライセンス認証されています。
(ローカルアカウントの時と、文言が変わった。)
 
 
 
6. ユーザーアカウントの種類を変更
 
Microsoftアカウントでサインインしてから、アプリを起動すると【Administrator】のパスワードを求められるようになった。
アプリを起動すると【Administrator】のパスワードを求められるようになった
 
原因は、追加した Microsoftアカウント が「管理者」権限になっていないからで、「管理者」に変更する必要がある。
 
ユーザーアカウントの種類を変更するには、サインインしているアカウントが「管理者」であることが必要となる。
 
サインインを、【Administrator】アカウントでやり直す。
サインインを、【Administrator】アカウントでやり直す
 
「アカウント」の画面を呼び出し、「他のユーザー」の中から Microsoftアカウント を選択する。
「アカウント」の画面を呼び出し、「他のユーザー」の中から Microsoftアカウント を選択する
 
「アカウントの種類の変更」をクリックする。
「アカウントの種類の変更」をクリックする
 
アカウントの種類が、「標準ユーザー」になっている。
アカウントの種類が、「標準ユーザー」になっている
 
アカウントの種類を「管理者」に変更して、「OK」をクリックする。
アカウントの種類を「管理者」に変更して、「OK」をクリックする
 
元に戻ると、 Microsoftアカウント に「管理者」が表示される。
Microsoftアカウント に「管理者」が表示される
 
 
再度、Microsoftアカウント でサインインする。
再度、Microsoftアカウント でサインインする
 
「アカウント」画面の「ユーザーの情報」を確認してみると、Microsoftアカウントに「管理者」が表示されている。
「アカウント」画面の「ユーザーの情報」を確認してみると、Microsoftアカウントに「管理者」が表示されている
 
これで、アプリを起動してもパスワードを求められることは無くなった。
これで、アプリを起動してもパスワードを求められることは無くなった
 
 
参考:

 

以上。
(2020.05.28)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください