HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 5 Linux → 

Ubuntu 22.04 で Squoosh を使う

Windows PC 旧型PCの活用事例
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
Googleの画像圧縮ツール「Squoosh」を使う
 
ブログの記事を作成するに当たって、画像の最適化は必須である。Windows環境で使用中の、Googleの画像圧縮ツール「Squoosh」が、Ubuntu環境でも使えると便利である。
 
画像サイズの変更=縮小を事前に済ませた画像を、圧縮だけ行ってみる
 
以下、Ubuntu 22.04 で「Squoosh」を使った記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Squoosh とは
 
WEBサイトの表示速度を向上させるためには、画像の軽量化は必須である。
 
「Squoosh」は、Google Chrome Labsが開発している画像圧縮サービスで、圧縮前と後の画像をリアルタイムで確認できる。
 
 

 Squoosh does not send your image to a server. All image compression processes locally.
(Squoosh は画像をサーバーに送信しません。 すべての画像圧縮プロセスはローカルで行われます。)

 
 
ブラウザ上で操作できるが、処理自体はローカル環境で行われるため、オフラインでも使用することが可能。
 
ただ「squoosh」での画像処理は、1枚ずつしか実行できず、操作が不便である。
 
 
 
2. Squoosh のインストール
 
「Squoosh」の公式サイトにアクセスし、「日本語」を選択する。
「squoosh」の公式サイトにアクセスし、「日本語」を選択する
 
続けて「インストール」をクリックする。
続けて「インストール」をクリックする
 
再度「インストール」をクリックする。
再度「インストール」をクリックする
 
これだけでインストールは完了し、アプリが使用可能になる。
これだけでインストールは完了し、アプリが使用可能になる
 
アプリケーショングリッドに「Squoosh」が追加される。
アプリケーショングリッドに「Squoosh」が追加される
 
さらに、「Squoosh」のデスクトップアイコンも配置される。
さらに、「Squoosh」のデスクトップアイコンも配置される
 
 
 
3. Squoosh の使い方
 
「Squoosh」で画像を開くには、ドラッグ&ドロップで画面に持って行くだけでよい。
 
次のサイズの画像をドロップして見る。
「Squoosh」で画像を開くには、ドラッグ&ドロップで画面に持って行けばよい
 
画像サイズの変更と圧縮が同時に行える。画面の左側は元の画像、右側は変更後の画像で、変更結果は「ダウンロード」する。
画像サイズの変更と圧縮が同時に行える。画面の左側は元の画像、右側は変更後の画像で、変更結果は「ダウンロード」する
 
ダウンロードした【JPEG】画像。ファイルサイズが【9.6MB → 74.4kb】になった。
ダウンロードした【JPEG】画像。ファイルサイズが【9.6MB → 74.4kb】になった。
 
画像サイズの変更=縮小を事前に済ませた画像を、圧縮だけ行ってみる。
画像サイズの変更=縮小を事前に済ませた画像を、圧縮だけ行ってみる
 
圧縮だけを行った【JPEG】画像のファイルサイズは【71.0kb】で【9.6MB → 74.4kb】より少しだけ小さくなった。
圧縮だけを行った【JPEG】画像のファイルサイズは【71.0kb】で【9.6MB → 74.4kb】より少し小さくなった
 
 
 
4. Squoosh のアンインストール
 
画面右上にある「︙」をクリックし、「「Squoosh」をアンインストール」を選択する。
画面右上にある「︙」をクリックし、「「Squoosh」をアンインストール」を選択する
 
「削除」をクリックする。
「削除」をクリックする
 

 

以上。
(2022.09.18)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください