Xperia X Compact SO-02J Wi-Fi 接続が切れる

ドコモスマートフォン SONY Xperia X Compact SO-02J に、機種変更したら、

WiFi接続が途切れる、繋がらない
トラブルに見舞われる。
 
IPアドレス取得中・・・のまま、接続ができない。

解決策

1. ルータの設定で、5GHz帯で使用するチャンネルを変える。
2. 「機内モード」の、オン・オフを繰り返してみる。
参考. MU-MIMO:「Multi User MIMO」について。
 

スポンサー リンク

1. ルータの設定で、5GHz帯で使用するチャンネルを変える。

ルーターには、W53/56チャンネル使用時にDFS(Dynamic Frequency Selection)という気象レーダーとの干渉を避けるための機能が搭載されており、接続環境が変わった際に定期的に干渉をチェックする
そして、W53/56には「チャンネルを切り替えた後に干渉が再度発生しないかどうか1分以上スキャンすること」、「レーダー波を検知した場合、チャンネル変更と同時に一定時間アクセス禁止になること」といった制限がある。

5GHz帯で使用されるチャンネル一覧
・J52(IEEE 802.11a/n):34/38/42/46ch
・W52(IEEE 802.11a/n/ac):36/40/44/48ch
W53(IEEE 802.11a/n/ac):52/56/60/64ch
W56(IEEE 802.11a/n/ac):100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch

 
・・・ということで、我が家のルーターを調べると、まさに、W56チャンネルの ”108” を使用していた。
そこで、アンドロイド用アプリ Wi-Fiオーバービュー360 で最適なチャンネルを調べると、W52(IEEE 802.11a/n/ac):36/40/44/48ch の ”40” が一番よさそうだったので、ルーターのチャンネル設定を変更してみることにした。

無線LAN親機は、Buffalo WZR-1750DHP2 で、エアステーション設定ツールを使用して変更。

親機を選択。

設定画面を開く。

ユーザー名とパスワードに関するダイアログ。
 
パスワードを入力。
 
設定画面から、無線LANを選択。
 
5GHz帯で使用するチャンネルを ”40” に変更。
 
変更完了。
 
すると、一発で接続できるようになった。
 
Wi-Fiオーバービュー360 で確認。
 
※:無線LAN子機が2台あるが、それぞれの2.4GHz帯のチャンネルは、”04″ が自動設定されている。( 親機は、”13″ )

2. 「機内モード」の、オン・オフを繰り返してみる。

ひと安心したものの、部屋を替わり、無線LANの子機の近くに行くと、再び繋がらない。
ネットで探すと、『「機内モード」のオン・オフを繰り返してみる』というのがあったので、実行してみる。
画面を上から下にスワイプ。

クイック設定ツールで「機内モード」のオン・オフを繰り返す。
すると、不思議なことにこれ以降、どこに行っても自動的に接続が確立されるようになった。
 
 
※:追記・・・ところが、又、未だ、ストレスフリーでスイスイとは行かない。・・・対策:その2

参考. MU-MIMO:「Multi User MIMO」について。

MU-MIMOとは?

MU-MIMO「マルチユーザーマイモ:マルチユーザー、マルチインプット、マルチアウトプット(多入力、多出力)」の略で、IEEE802.11acから採用されたワイヤレステクノロジーでMIMOの拡張機能。

Single-User MIMOは、端末1台にたいして1:1で通信するため、他の端末はほんの少しのタイムラグが発生する。

これに対して、MU-MIMOは、1:1ではなく同時に複数の端末の接続を可能にしたもので、同じ時間、同じ周波数で複数の端末へ干渉させることなく送信出来るので、待ち時間が減り、速度の劣化を防ぐ事になる。

 
それでも接続ができたり・出来なかったりしたので、Wi-Fiルーターの「Multi User MIMO」機能について調べてみた。
 
ならば、・・・この際ルーターを新規購入、と考えたが、その前に・・・対策:その2
いずれにせよ、SONY Xperia X Compact SO-02J は、電波の強さに左右されすぎるのではないか?
 
たかが、携帯の機種変更でこんなに手間がかかるとは・・・疲れる。
 

以上。
(2017.05.14)

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です