Google Analytics トラッキング コードの貼り付け方

Webサイト アクセス解析
Google Analytics の使い方
トラッキング コードの貼り付け方
 
Google Analytics でサイトを分析するには、サイトの各ページに、Google Analytics が各ページからデータを取得する為の『トラッキングコード』を埋め込まねばならない。
1.Webサイトに張り付ける場合
 すべてのウェブページに貼り付ける必要がある
2.WordPress に張り付ける場合
 方法:A All in One SEO Pack プラグインを使う
 方法:B Google Analytics for WordPressプラグインを使う
 方法:C header.php に追記する
 
WordPressに張り付ける場合、一般的には『All in One SEO Pack 』が導入されていると思われるので、【 方法:A 】を推奨。
以下に、それぞれの貼り付け方を記す。
 
スポンサー リンク
 
 
トラッキングコードの探し方
 

Google アナリティクスにログインし、『管理』をクリックする。

『トラッキング情報』をクリックする。

『トラッキングコード』をクリックすれば、トラッキングID(UAコード)とトラッキングコードが表示される。

 

1.Webサイトのページに貼り付ける方法
 

トラッキングさせたい全てのページに貼る必要がある。トラッキングコードを貼り付ける位置は、HTMLソースの</head>タグの直前が推奨されている。

 
2-1.WordPress All in One SEO Pack プラグインを使う方法
 

Google設定の、GoogleアナリティクスIDに、トラッキングID(UAコード)を入力する。

 

2-2.Google Analytics for WordPressプラグインを使う方法
 

『設定』の Google Analytics for WordPress 画面に、トラッキングID(UAコード)を入力する。

 

2-3.WordPress header.php に追記する方法
 

管理画面の『外観』から『テーマの編集』を選択する。

テーマの編集画面が開くので、『テーマヘッダー』= header.php を選択する。

</head>タグの直前に、トラッキングコードを貼り付ける。
子テーマを使用すべし。

以上。
(2017.08.16)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください