問い合わせを受け付けるためのメールフォームの作成

WordPress
Google アドセンスの審査
『問い合わせフォームの設置』
 

Googleアドセンスの審査にパスするポイントの一つとして、『問い合わせフォームの設置』と言うのがあったので、『Contact Form 7』と言う ”問い合わせフォームのプラグイン” を導入し、メールでの受付を可能とした。

 
スポンサー リンク
 
 
メールフォームの作成手順は、
(1). Contact Form 7プラグインのインストールと有効化
(2). 新しくメールフォームを作成、
(3). スパム対策
(4). メールフォームのコードを固定ページなどに貼り付けて公開、
という流れになる。
 
 
1. Contact Form 7 プラグインのインストールと有効化
 
contactform112
 
 
2. メールフォームの作成


contactform122

管理画面の「お問い合わせ」メニューの中の「新規追加」をクリックして、新しくメールフォームを作成する。
contactform132
 
「コンタクトフォームを追加」画面が表示される。
この画面は、タブによって、記事や固定ページに表示されるメールフォームを定義する「フォーム」タブや、フォームに入力された内容をどのようにメールで送信するのかを設定する「メール」タブ等に分かれている。
contactform142
 
ディフォルトでは「フォーム」タブが開いているので、まずは、作成するメールフォームのタイトルを入力する。続いて、記事や固定ページで表示されるフォームの内容を定義していく。デフォルトでは上記のように「お名前」「メールアドレス」「題名」「メッセージ本文」の4つの入力欄と「送信」ボタンが表示されるようになっている。
追加や変更が可能であるが、今回はデフォルトのままとした。
 
続いて「メール」タブをクリックし、「フォーム」で入力された内容を送信するメールアドレスや送信方法についての設定を行う。
contactform152
 
「送信先」に問い合わせを受け付けるメールアドレスを入力する。
contactform162
 
「送信元」の中にある[your-name]や「題名」の中にある[your-subject]、・・・[your-message]には「フォーム」で入力された該当する項目の値が入る。これらの内容については、デフォルトのままとした。
 
設定が終わったら画面左下の「保存」をクリックする。と、 ”コンタクトフォームが作成されました。” に、なる。
contactform172
 
コンタクトフォーム作成時に表示されている上記のコードを、記事や固定ページに記述することで、このメールフォームが利用できるようになる。
このコードは次の画面のように、作成済みのコンタクトフォーム一覧画面でも確認できる。
contactform182
 

3. スパム対策

スパム目的の自動投稿を防止するために、reCAPTCHAを利用する(Googleアカウントが必要)。
次のURLへアクセスし、ログインすると、
https://www.google.com/recaptcha/admin
reCAPTCHAの管理画面が表示される。
contactform192
ラベル名に任意の名称を入力し、WordPressで使用しているブログのドメイン名を指定して、「Register」をクリックする。

contactform202表示されたサイトキーとシークレットキーの値を、メモ帳などにコピーして置く。

WordPressの管理画面に戻り、「お問い合わせ」メニューの中にある「インテグレーション」をクリックする。
contactform212
他のサービスとのインテグレーション画面から『キーを設定する』をクリックする。

contactform222メモしておいたサイトキーとシークレットキーを貼り付けて『保存』をクリックする。

contactform232設定が保存されたら、コンタクトフォームの編集画面に戻る。

contactform313reCAPTCHA タブを押す。

contactform322フレームタグが生成されるのでこれをコピーする。

contactform332

これをフォームの中に貼り付ける。
 
これで、メールフォームの中に『reCAPTCHA』が表示されるようになる。
 
4. メールフォームのテスト
 
『お問い合わせ受付』という記事を新しく作成し、その中で作成したメールフォームを使用するテストをしてみることにした。文面を作成すると同時に、先ほどコピーしておいたコンタクトフォームのコードを貼り付けた。
contactform412
 
記事を投稿した後、この記事を見ると次のようにメールフォームが表示された。
contactform422
 
このメールフォームの各項目に実際に入力し、「送信」ボタンをクリックしてみる。
smtpmail182
 
メッセージは送信されました。と、なる。
 
このように Contact Form 7 というプラグインを使用すれば、簡単にメールフォームが作成できる。
ところが、実際には ”メールが届かない” という問題が発生することになる・・・が、「WP Mail SMTP」というプラグインを使用することで解決できた。
詳細については「Contact Form 7 のメールを GmailのSMTP サーバを使って送信」を参照。

以上。
(2016.08.10)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください