WordPress カスタマイズ 『前の記事』『次の記事』を非表示にする

WordPress Twenty Sixteen カスタマイズ
『前の記事』、『次の記事』を非表示にする
WordPressでは、投稿記事の下部に次のような『前の記事』や『次の記事』へのリンクが自動的に挿入される。これを非表示にしてみる。

スポンサー リンク

 
非表示にする方法は、WordPressのテンプレートによって、幾つかの案があるようだ。

 非表示にする方法

  • 案:A style.cssに追記
    • ※ 表示を止めるだけの簡便法。
  • 案:B single.phpの一部をコメントアウト
    • ※ 根本的処置だが、テーマのバージョンアップで元に戻る。
  • 案:C single.phpを子テーマにコピーしコメントアウト
    • ※ 今後のカスタマイズに対応した環境が作れる。
 
今回 案:C で、テーマを Twenty Sixteen から、子テーマの Twenty Sixteen Child に変更し、single.phpのカスタマイズを行った。以下、その記録。>/div>

 
非表示について考える。
『前の記事』『次の記事』の『要る』/『不要』について
SEO的にはあったほうが良いという意見も見受けられるが、自分自身が他のサイトを閲覧する時に、この機能を使うかというと使ったことはない。そもそも目的をもってWebページを探し参考にしているケースが殆んどで、関連記事一覧のほうが有用である。又、他のサイトをフォローしている場合には便利そうに思われるが、『Feedly』等で見るのではないだろうか。
 
結論:非表示にする。
 

案:A style.cssへの追記要領
 

style.cssに以下を追記。

 

案:B single.phpの一部をコメントアウト要領
 

33行目から42行目までコメントアウト。

 
これで、『前の記事』や『次の記事』へのリンクが表示されなくなった。
 

案:C single.phpを子テーマにコピーしコメントアウト
 

カスタマイズが、WordPressのテーマのバージョンアップに影響されないように、テーマを Twenty Sixteen から、子テーマの Twenty Sixteen Child に変更し、single.phpを子テーマにコピーした後、コメントアウトした。

1. wp-content/themes/twentysixteen-child ディレクトリを作成する。
 2. 新しいディレクトリ内に「style.css」と「functions.php」を作成する。
①.twentysixteen-child/style.css
 

②.twentysixteen-child/functions.php

 
3. 親テーマ twentysixteen の中にある single.php を twentysixteen-child の中にコピーする。
 
4. 子テーマの有効化
 

管理画面の「外観」の「テーマ」で「Twenty Sixteen Child」を選択し、「有効化」をクリックする。

子テーマが有効になり、カスタマイズが可能になる。「テーマの編集」をクリックしてみると・・・。

twentysixteen-child ディレクトリに入っているテンプレートの編集が可能になっている。

案:B と同じように、single.phpの一部をコメントアウトすればよい。

以上で、テーマを twentysixteen-child にした上で、『前の記事』、『次の記事』を非表示にする作業は完了。・・・だが、『外観』の設定が親テーマから引き継がれなていので、再設定が必要になる

元の画面イメージ。
 
子テーマにすると、外枠がなくなり(子テーマの背景色のディフォルトが白になっている)、サイドバーのウィジェット設定が消えている。
 
上部では、ヘッダー画像が無くなった。
 
このように、『外観』設定が親テーマから引き継がれていないので、再設定が必要になるが、親テーマに戻すことも簡単なので、一旦、親テーマに戻し、親テーマの外観設定のそれぞれをコピーし、子テーマの外観設定のそれぞれに張り付ければ、同じ状態が再現できる。再設定が必要な個所は、
 ①.ヘッダー画像
 ②.ウィジェット
の設定だけである。
 

以上。
(2017.07.15)

 

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください