Chromeの拡張機能 Password Checkup を使ってみた

Windows PC 関連ノウハウ
Google Chromeの拡張機能
Password Checkup を使ってみた
 
Googleは、安全でないユーザー名とパスワードがウェブサイトで使われている場合に警告する、Google Chromeの拡張機能「Password Checkup」を無償公開した。
 
Password Checkup
 
以下に、「Password Checkup」の使い方を記載。
 
スポンサー リンク
 
 
「Password Checkup」とは
Googleは、漏えいなどによって危険だと分かっているアカウント名/パスワードの組み合わせを、40億個以上把握しているとのこと。
「Password Checkup」は拡張機能の一つで、把握している危険なアカウント名/パスワードのリストと、ユーザーが入力したアカウント名/パスワードとを照合し、危険かどうかを判定するツールである。
 
 
1. 「Password Checkup」のインストール方法
 
Chromeで、Chrome ウェブストアの配布ページを開き、[Chromeに追加]ボタンをクリックする。(拡張機能「Password Checkup」の配布ページ
Chromeウェブストア
 
「拡張機能を追加」をクリックする。
「拡張機能を追加」をクリックする
 
「Password Checkup」が Chrome に追加される。どの端末でも同じ拡張機能を使用するのであれば、同期を有効にする。
「Password Checkup」がChrome に追加される
 
 
2. 「Password Checkup」の使い方
 
インストールが完了すると、Chrome のウィンドウ右上にある拡張機能のツールバーに、Password Checkup のアイコン(緑色ベースの盾マーク)が追加される。
拡張機能のツールバーに、Password Checkupのアイコン(緑色ベースの盾マーク)が追加される
 
Password Checkup のアイコンをクリックする。
Password Checkup のアイコンをクリックする
 
問題なければ、「最近使用したパスワードはいずれもデータ侵害では検出されませんでした。」と表示される。
最近使用したパスワードはいずれもデータ侵害では検出されませんでした。
 
「詳細」をクリックすると、
が表示される。
Password Checkupに関する Googleのサイト
 
「詳細設定」をクリックすると、Password Checkup が保存しているデータを削除できる。
Password Checkup が保存しているデータを削除
 
 
バックグラウンドでの自動チェック
Password Checkup の拡張機能を有効にしたままにしておけば、Password Checkup は Googleのサーバと通信しながら、アカウント名/パスワードが過去に漏えいしたものと一致するかどうか、バックグラウンドで自動的にチェックしてくれる。
 

 

以上。
(2019.02.07)

 
スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください