Windows Snipping Tool の使い方

Windows PC 関連ノウハウ
Snipping Tool の使い方
 
パソコンに表示されている画面の、必要な部分だけを切り取って保存するには「Snipping Tool (スニッピングツール」を使うと便利。
 
「Snipping Tool (スニッピングツール」の使い方
 
以下に、「Snipping Tool (スニッピングツール」の使い方を記録。
 
スポンサー リンク
 
 
「Snipping Tool (スニッピングツール」の使い方
 
Windows 10 には、標準で「Snipping Tool (スニッピングツール)」というアプリケーションが装備されている。
 
「Snipping Tool」を起動すると、次のような画面が表示される。
「Snipping Tool」の画面
 
[モード]の右側にある「▼」をクリックして、画面を切り取る方法を選択する。
・自由形式の領域切り取り
・四角形の領域切り取り
・ウィンドウの領域切り取り
・全画面領域切り取り
 
 
【 四角形の領域切り取り 】を選択した場合。
【新規作成】を押すと、画面全体がカスミがかったようになるので、
マウスを左クリックした状態で、画面上でカーソルを上下左右に動かし、表示されている画面の任意の位置・任意の大きさの四角形に切り取る。
 
下記例は、Amazonサイトの画面の一部を切り取った例。
Amazonサイトの画面の一部を切り取った例
 
マウスの左クリックを離すと、「Snipping Tool」の画面に切り取られた画像が表示される。
「Snipping Tool (スニッピングツール」の使い方
 
この画像を保存する場合は、左上の「ファイル」をクリックし、「名前を付けて保存」をすればよい。
 
この画像を編集する場合は、この時点でクリップボードに画像が保存されているので、下記例の様に「パワーポイント」に直接画像を【貼り付ける】ことが出来るので、パワーポイント上ですぐに加工できる。
「パワーポイント」に画像を貼り付ける
 
 
「Snipping Tool」を使うと、画像の取り込み&編集が大幅に簡略化される。
 
「Snipping Tool」を使うと、画像の取り込み&編集が大幅に簡略化される
 

 

以上。
(2019.02.08)

 
スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください