AdSense 要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。

Webサーバー サイトの管理
AdSense
要注意 – ads.txt ファイル 対策
 
当サイトの Googleアドセンス 広告は、2016年の10月からなので、かれこれ3年近く前から掲載しているが、ここに来て初めて、次のような警告が表示された。
 
要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。
 
以下、ads.txt ファイルを作成した記録。
 
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
1. 要注意の内容
 
要注意 - ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。
 
要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。
 
『収益に重大な影響』となれば、放置するわけにはいかない。
 
 
2. ヘルプの確認
 
メッセージの右端にある「ヘルプ」をクリックしてみる。
 
「自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する」との記載。
自サイトの広告枠の認定販売者を ads.txt で宣言する
 
記載内容のポイント。
ads.txt の使用は必須ではありませんが、Google は使用を推奨します。ads.txt ファイルを設置すれば、購入者が偽物の広告枠を判別できるため、サイト運営者としても偽物の広告枠に流出するはずだった収益を取り戻せることになります。
 
「AdSense 向けの ads.txt を作成する」という、対策も記載されている。
「AdSense 向けの ads.txt を作成する」という対策
 
 
3. ads.txt ファイルの設置
 
メモ帳1. メモ帳で、テキスト ファイル(.txt)を作成する。
 

2. ファイル内に、指定された次の 1 行を貼り付ける。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0 
 
「pub-0000000000000000」の部分は、自分のサイト運営者 ID に置き換える。
 
3. ファイル名を「ads.txt 」で保存し、サイトのルートディレクトリーにアップロードする。
 
4. Google Adsenseを、一つのアカウントで複数のサイトに広告を掲載いているので、全てのサイトにアップロードした。
 
 
4. サイト運営者 IDの確認要領
 
Google Adsense の画面で、「アカウント」→「設定」→「アカウント情報」と選択する。
「アカウント」→「設定」→「アカウント情報」と選択する
 
「アカウント情報」画面に、【サイト運営者 ID】が記載されている。
「アカウント情報」画面に、【サイト運営者 ID 】が記載されている
 
 
5. 結果
 
設置して1日が経過したが、警告メッセージは消えない。
 
運営しているサイトすべてに、『 ads.txt 』をアップロードした。
arakan60.com
arakoki70.com
arakan60.mydns.jp
 
何時までたっても消えないので、Google AdSense コミュニティに質問を投げる。
Google AdSense コミュニティに質問を投げる
 
得られた回答。
https://arakan60.mydns.jp
このURLに関しては、”arakan60.mydns.jp”ではなく、ルートドメインの”mydns.jp”の直下にads.txtを設置する必要があります。
 
とのことで、”mydns.jp”でDDNSサービスを受けているため、”mydns.jp”の直下にads.txtを設置できない。納得できるも放置するほかなし・・・。
 
結果、「arakan60.mydns.jp」サイトでの広告掲載を中止した。
 
 
以上。
(2019.05.24)
 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 IT技術ブログ Raspberry Piへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村 IT技術ブログへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください