Synology DiskStation「DS218+」メモリ増設

Windows PC 関連ノウハウ
Synology NAS「DS218+」は
メモリを拡張して、最大10GBまで増やすことができる
 
Synology NASには、NASの導入目的以上の欲求を満たすサービスが詰まっており、使用する機能を次々に増やしていると、メモリが心配になってきた。
 
CFD Panram ノートPC用 メモリ PC3-12800(DDR3L-1600) 8GB 1.35V対応 SO-DIMM  D3N1600PS-L8G
 
処理速度が遅くなるような不便さは感じていないが、早めにメモリを増設することにした。
 
 
スポンサー リンク
 
 
1. メモリの使用状況と増設メモリ
 
メモリの使用状況「 63% 」。
メモリの使用状況
 
公式には、【メモリ「2GB」に加え、拡張して最大6GBまで増やすことができる】と記述されているが、ネット上には「10GB」に増設した事例がある。
 
購入したメモリ「8GB」。
CFD Panram ノートPC用 メモリ PC3-12800(DDR3L-1600) 8GB 1.35V対応 SO-DIMM  D3N1600PS-L8G
 
CFD Panram ノートPC用 メモリ
PC3-12800(DDR3L-1600) 8GB 1.35V対応 SO-DIMM
D3N1600PS-L8G
 
 
 
2. Synology NASの電源オフ要領
 
Synology NASのシャットダウンは、「オプション」をクリックすると、メニューの中に表示される。
Synology NASのシャットダウンは、「オプション」をクリックすると、メニューの中に表示される
 
「シャットダウン」をクリックすると、確認画面が表示される。
「シャットダウン」をクリックすると、確認画面が表示される
 
「はい」をクリックすると、下記画面が表示される。
「はい」をクリックすると、下記画面が表示される
 
この後、NASのインディケーターを確認すると、電源が落ちている。
 
 
3. 増設メモリの装着
 
NASの前面パネルを外し、2台目のHDDを抜き取ると、メモリスロットが見える。
2台目のHDDを抜き取ると、メモリスロットが見える
 
切り欠き部分を合わせて、メモリをはめ込む。
切り欠き部分を合わせて、メモリをはめ込む
 
左右にあるスロットのノッチを、メモリ モジュールのノッチにカチっと合わせる。
左右にあるスロットのノッチを、メモリ モジュールのノッチにカチっと合わせる
 
 
4. 増設結果
 
元に戻して、電源を入れる。
電源を投入してから立ち上がるまで、心配になる程の時間を要する。
 
DSMにアクセスすると、ログイン画面が表示された。
DSMにアクセスすると、ログイン画面が表示された
 
ウィジェットには、メモリの使用量「 5% 」と表示され、10分の1以下になった。
メモリの使用量「 5% 」と表示され、10分の1以下になった。
 
[ コントロール パネル ] の [ 情報センター ] で [ 物理メモリ容量 ] を確認すると、「10GB」になっている。
[ 情報センター ] で [ 物理メモリ容量 ] を確認すると、「10GB」になっている
 
 
これで、メモリ容量を心配する必要が無くなった。

 

以上。
(2019.06.12)

 
スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 IT技術ブログ Raspberry Piへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村 IT技術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください