HOME → 3 WordPress → 04 運用とトラブル → 

「Duplicator」で サイズの大きいサイト(500MB超)を移行

WordPress Twenty Seventeen
Webサーバーのアップグレード
WordPressを Duplicatorで引っ越し
 
Webサーバーを、Raspberry Pi 3Bから 4Bにアップグレードするに当って、WordPressの引っ越しが発生。「All-in-One WP Migration」を使った引越は上手くゆかず、「Duplicator」を使って引っ越すと、問題なくすんなりと移行できた。
 
データベースへの書き込みが始まる
 
以下、WordPressを Duplicatorで引っ越した記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. 移行環境
 
 
1-1. サーバー環境
 
Webサーバーを、Raspberry Pi 4 4GBにアップグレードするために、Raspbianを  Stretch から Buster に変更した。
 
WordPressの移行環境。
WordPressの移行環境
 
サーバーソフトは最新バージョンで、大きな変化はない。
サーバーソフトのバージョン
 
 
 
1-2. 「Duplicator」採用理由
 
以前の引越で上手くいった、「All-in-One WP Migration」を使用して移行を試みるも、「インポートが100%で止まる」。
All-in-One WP Migration インポートが100%で止まる
 
古いバージョンに戻したり、エクスポートのやり方をあれこれ試すもうまくゆかず、止む無く「Duplicator」でやってみると、すんなりOKとなる。
 
「All-in-One WP Migration」での引越事例:
 
 
 
2. 移行元での作業
 
 
2-1. 「duplicator」のインストールと有効化
 
プラグイン「duplicator」のインストール。
プラグイン「duplicator」のインストール
 
プラグイン「duplicator」の有効化。
プラグイン「duplicator」の有効化
 
プラグインが有効化されると、メニューに「Duplicator」が表示されるので、「Packages」をクリックする。
メニューに「Duplicator」が表示されるので、「Packages」をクリックする
 
 
 
2-2. 移行パッケージの作成
 
「移行パッケージの作成」とは、移行のためのプログラム(installer.php)と移行用のデータをセット(=パッケージ)にして生成すること。
 
「Packages」画面が開くので、右上にある「Create New」をクリックする。
右上にある「Create New」をクリックする
 
「1-Stage」タブが開き、エクスポートするファイルに付ける名前が求められる。
「1-Stage」画面が開き、エクスポートするファイルに付ける名前が求められる
 
分かりやすい名前を入力し、「Next」をクリックする。
分かりやすい名前を入力し、「Next」をクリックする
 
「2-Stage」タブが開き、サイト内のデータをスキャンした結果が表示される。
「2-Stage」画面が開き、サイト内のデータをスキャンした結果が表示される
 
サイト内データのトータルサイズが「500MB」を越えており、続行不可とのこと。
対策は「data filters 」に除外ファイルを追加して、サイズを「500MB」未満にせよとの指示が表示される。
[179MB] /wp-content/uploads/ 
– Add data filters to get the package size under 500MB:
- In the ‘Size Checks’ section above consider adding filters
- (if notice is shown).
– In Step 1 consider adding file/directory or database table filters.
 
もう一つ、「Name Checks」にもエラーが出る。
「Name Checks」でエラーが出ている
 
エラーの内容は次の通りだが、調べても判らない。
Unicode and special characters such as “*?><:/\|”, can be problematic on some hosts. Only consider using this filter if the package build is failing. Select files that are not important to your site or you can migrate manually. 
 
 
「1-Stage」に戻り、「Archive」で「Enable File Filters」にチェックを入れ、画像ファイルを除外すべく、「uploads」ディレクトリーを指定する。
「Archive」で「Enable File Filters」にチェックを入れ、画像ファイルである「uploads」を除外する
 
すると、「2-Stage」でのデータスキャンが問題なく終了し、「Build」ボタンが表示される。
「2-Stage」のデータをスキャンが問題なく終了し、「Build」が可能になった
 
「Build」をクリックすると、サイト内データのコピーが始まる。
「Build」をクリックすると、サイト内のデータコピーが始まる
 
 
 
2-3. 移行パッケージのダウンロード
 
データのコピーが終わると、「Installer」と「Archive(サイト内データ)」のパッケージが出来上がるので、2つ纏めてダウンロードすべく「One-Click Download」をクリックする。
「Installer」と「Archive(データ)」のパッケージが出来上がるので、纏めてダウンロードすべく「One-Click Download」をクリックする
 
パソコンに「Installer」と「Archive(サイト内データ)」、2つのファイルがダウンロードされる。
「Installer」と「Archive(データ)」、2つのファイルがダウンロード出来た
 
 
 
2-4. 画像ファイルのダウンロード
 
「Duplicator」のエクスポートで除外した、画像ファイルがある「uploads」ディレクトリーを、FTPで別途ダウンロードしておく。
 
 
 
3. 移行先での作業
 
ここからは、新しいサーバーを、本番環境(IPアドレスを本番のアドレス)にして立ち上げる。
 
 
3-1. WordPressのインストール
 
WordPressを設置したURLにアクセスし、Wordpress にDBの接続設定を行う。
https://引っ越し先のドメイン名/wordpress/wp-admin/setup-config.php
 
 
問題発生:WordPressが起動しない!
sudo nginx -t で調べると
2019/12/03 04:33:19 [emerg] 1422#1422: open() “/var/log/nginx/error.log” failed (2: No such file or directory)
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test failed
 
 
【No such file or directory】とのことなので、ディレクトリー /var/log を調べてみると、「nginx」フォルダーがない!。(何故削除されたのか、判らない。)
手動で、「nginx」フォルダーを作成し、再度「sudo nginx -t」を行うと、
 
nginx: [error] invalid PID number “” in “/var/run/nginx.pid”
 
となるも、無視して、URLにアクセスすると、WordPressが起動した。
 
 
参考:この時の nginx.conf の内容。
user  nginx;
worker_processes  1;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
}


http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;

    keepalive_timeout  600;

    #gzip  on;

    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}
 
 
『さあ、始めましょう!』をクリックる。
『さあ、始めましょう!』をクリックる
 
WordPress用のデータベースを作成した情報を入力し、『送信』をクリックする。
WordPress用のデータベースを作成した情報を入力し、『送信』をクリックする
 
『インストール実行』をクリックする。
『インストール実行』をクリックする
 
下記『ようこそ』画面が表示されるので、必要情報を入力し『wordpress をインストール』をクリックする。
下記『ようこそ』画面が表示されるので、必要情報を入力し『wordpress をインストール』をクリックする
 
インストールが『成功しました!』画面が表示されるので、『ログイン』をクリックする。
インストールが『成功しました!』画面が表示されるので、『ログイン』をクリックする
 
ログイン画面が表示される。
ログイン画面が表示される
 
 
以上、「Duplicator」で移行する前に、WordPressをこの状態にしておく。
 
 
 
3-2. 引っ越し元データのアップロード
 
①.別途FTPでダウンロードした、画像ファイルの「uploads」をアップロードする。
 
②.「Duplicator」のパッケージ、「Installer」と「Archive(データ)」をWordPressのルートディレクトリーにアップロードする。
 
 
 
3-3. installer.phpでの引越
 
「引っ越し先のドメイン名/installer.php」にアクセスすると、デプロイ画面が表示されるので、利用条件の確認にチェックを入れ、「Next」をクリックする。
デプロイ画面が表示される
 
データのデプロイが始まる。
データのデプロイが始まる
 
データベースのセットアップ画面が出るので、上から順に「データベースのホスト名」「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」を入力し、「Next」をクリックする。この内容は、WordPressの「wp-config.php」の内容と同じである。
データベースのセットアップ画面が出るので、上から順に「データベースのホスト名」「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」を入力する
 
※:「データベースのホスト名」に、「localhost」がディフォルトで表示されているが、「localhostと必ず入力する
 
「Next」をクリックすると確認画面が出るので、「OK」をクリックする。
確認画面が出るので、「OK」をクリックする
 
データベースへの書き込みが始まる。
データベースへの書き込みが始まる
 
次に、データアップデートの確認画面が表示されるので、「Next」をクリックする。
データアップデートの確認画面が表示されるので、「Next」をクリックする
 
データ移行が完了すると、次の画面が表示される。
「Auto delete installer …」にチェックを入れておけば、インストールに使った全てのファイルが自動的に削除される。
データ移行完了画面
 
「Admin Login」をクリックすると、WordPressへのログイン画面が表示される。
「Admin Login」をクリックすると、WordPressへのログイン画面が表示される
 
WordPressにログインすると、Duplicatorの「Tools」画面が表示され、自動的に削除されたファイルの一覧を確認する事が出来る。
Duplicatorの「Tools」画面が表示され、自動的に削除されたファイルの一覧を確認する事が出来る
 
以上で、WordPressの Duplicatorによる引っ越しは完了。
 
 
 
3-4. WordPressサイトの動作確認
 
インストール済みのプラグインの中には、「Duplicator」が自動でインストールされ有効になっている。
「Duplicator」が自動でインストールされ有効になっている
 
WordPressサイトの各ページにアクセスして、正しく移行されているか確認してみる。
 
 
 
3-5. Duplicatorの「Tools」
 
メニューの「Duplicator」から、「Tools」をクリックする。
メニューの「Duplicator」から、「Tools」をクリックする
 
「Diagnostics」タブが開く。
「Diagnostics」タブが開く
 
「Stored Data」を開いてみる。「Duplicator」のバージョンは、「1.3.24」。
「Stored Data」を開いてみる
 
「Server Settings」を開いてみる。nginxのバージョンややWordPressの「Memory Limit」が確認できる。
「Server Settings」を開いてみる
 
「PHP」セクションでは、PHPの各種設定値が見れる。
「PHP」セクションでは、PHPの各種設定値が見れる
 
「PHP Information」を開いてみる。
「PHP Information」を開いてみる
 
 
「Duplicator」プラグインは、移行が終われば不要であるが、これらの情報が参照できる便利さもある。
 
 
参考:
 
以上。
(2019.12.03)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください