HOME → 2 Web サーバー → 03 サイトの管理 → 2 Analytics → 

Google Analytics Safariからの 自分のアクセスを除外

Webサーバー サイトの管理
Google Analytics
iPad Safari から 自分のアクセスを除外する方法
 
iPadの Safariで、ブログにアップした記事内容のチェックや、AdSense広告の表示状況、あるいは、サイトの稼働状況等を頻繁に確認している。
 
AdFilter - 広告ブロック アプリ
 
これら自分のアクセスを、Analytics の「リアルタイム」計測から除外する対策を施した。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. IPアドレスでの除外
 
テスト用の「iPad」は、自宅内のWiFiで接続する機会が殆んどのため、ローカルの【 IPアドレスでの除外 】設定を行っているが、IPアドレスでの除外では、統計レポートからは除外されるが、「リアルタイム」計測では「アクティブ」として表示される。
 
又、自宅外ではIPアドレスが変わるので、「IPアドレスでのフィルタ」では除外されない。
 
 
 
2. AdFilterというアプリでの除外
 
①.「AdFilter - 広告ブロック」アプリは、
広告ブロック機能を備えており、
・国内サイトやブログに表示される広告を、非表示にするアプリで、
・広告の画像などが読み込まないので、ページの表示が速くなる。
 
Safariでのブラウジングにおける、広告を非表示にするコンテンツブロッカーである。
広告を非表示にするコンテンツブロッカー
 
②.「AdFilter - 広告ブロック」アプリは、
さらに、高度なブロック機能があり、
・アクセス解析ブロック
・ソーシャルボタン非表示
機能を併せ持っている。
 
Safariでのブラウジングにおける、SNSのシェアボタンを非表示にし、不要なボタンを消すことで画面をスッキリさせる事もできる。
高度なブロック機能
 
③.「AdFilter - 広告ブロック」アプリは、
・アクセス解析ブロックの中には「Googleアナリティクス」があり、
・「リアルタイム」計測から除外出来ると共に、
・除外対象サイトのドメイン指定が出来る。
 
便利なアクセス解析ブロッカーでもある。
 
④.「AdFilter - 広告ブロック」アプリは、
・無料
・設定が簡単
 
といった、優れたアプリである。
 
 
 
3. AdFilterの導入とSafariの設定
 
App Storeで、「AdFilter - 広告ブロック」アプリを入手する。
App Storeで、「AdFilter - 広告ブロック」アプリを入手する
 
「設定」の「Safari」から「コンテンツブロッカー」を選択する。
「設定」の「Safari」から「コンテンツブロッカー」を選択する
 
「AdFilter」をオンにする。
「AdFilter」をオンにする
 
 
 
4. AdFilterでの除外対象URLの設定
 
「AdFilter」を立ち上げる。
「AdFilter」を立ち上げる
 
「高度なブロック」タブをクリックする。
「高度なブロック」タブをクリックする
 
「アクセス解析ブロック」の中から「Googleアナリティクス」をオンにする。
「アクセス解析ブロック」の中から「Googleアナリティクス」をオンにする
 
「サイト別設定」タブをクリックする。
「サイト別設定」タブをクリックする
 
アクセスを除外する「対象サイト」のドメイン名を入力し、「アクセス解析ブロック」をオンにする。
アクセスを除外する「対象サイト」のドメイン名を入力し、「アクセス解析ブロック」をオンにする
 
これで、iPad Safari からの【自分のアクセス】を除外する設定が完了。
これで、iPad Safari からの自分のアクセスを除外する設定が完了
 
 
 
5. 自分のアクセスが除外されているか確認
 
Googleアナリティクスにアクセスして、リアルタイムの概要、又は、コンテンツで確かめる。
Googleアナリティクスにアクセスして、リアルタイムの概要又はコンテンツで確かめる
 
自分のアクセスが除外されていればOK。
 
 
以上。
(2020.01.04)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください