HOME → 6 Luxeritas → 01 設定と管理 → 

Luxeritas SEOに関する 追加設定

Luxeritas(ルクセリタス)
SEO:検索エンジン最適化に関する 追加設定
 
「Luxeritas は SEO 最適化済み」ということであるが、Luxeritasでブログを始めるにあたって、SEO(Search Engine Optimization)すなわち、検索エンジン最適化に関する追加設定を行っておく。
 
「Luxeritas」の、サンプルページでの診断結果
 
以下、LuxeritasのSEOに関する追加設定の記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Chrome Auditsでの SEO診断
 
Chromeの「Audits」を使用すれば、SEOに関する診断が出来る。
 
Chromeのツールバーの右端にある「Google Chromeの設定」ボタンをクリックし、「その他のツール」→「デベロッパーツール」を選択する。
Chromeのツールバーの右端にある「Google Chromeの設定」ボタンをクリックし、「その他のツール」→「デベロッパーツール」を選択する
 
「Audits」タブを開き、「Generate Report」をクリックすると診断が開始される。
「Audits」タブを開き、「Create Report」をクリックすると診断が開始される
 
「Categories」で、診断する内容を選択出来る。
Performance:
 ページ読み込み速度や描画負荷、ユーザーからの反応速度といった、パフォーマンスに関連する診断。
Progressive Web App:
「Webサイト/Webアプリをネイティブアプリのようにアプリとしてインストール可能にする技術」への対応状況の診断。
Best Practices:
 HTTPSやHTTP/2といった推奨されている技術を使っているか、推奨されていないAPIやライブラリを使っていないかなど、適切な実装を行っているかどうかの診断。
Accessibility:
 言語設定や色の設定、視覚障害者向けスクリーンリーダー対応といった、アクセスのしやすさ(アクセシビリティ)に関連する診断。
SEO:
 検索エンジン最適化に関する診断。
 
「Device」で、診断する端末タイプが選択出来る。
「Mobile」は、スマートフォンなどのモバイル端末。
「Desktop」は、一般的なパソコン。
 
 
 
2. サンプルページでの SEO診断結果
 
SEOに関する追加設定の前に、「Luxeritas」のサンプルページで診断してみた結果。
「Luxeritas」の、サンプルページでの診断結果
 
サンプルページでの、SEO診断の詳細。
サンプルページでの SEO診断の詳細
 
「構造化データは有効です」と、表示される。全く問題なし。
 
 
※:「WordPress Twenty Seventeen」で『Yoast SEO』使用のページを診断した結果。
全てのスコアが、「Luxeritas」に比べて大幅に見劣りしている。
「WordPress Twenty Seventeen」でのページを診断した結果
 
「WordPress Twenty Seventeen」ページでの、SEO診断の詳細。
「WordPress Twenty Seventeen」ページでの、SEO診断の詳細
 
「Document does not have a meta description」と、表示される。
 
 
Luxeritasの、SEO 最適化に関する取り組み。

1. html5 の仕様に準じた適切な文法。
2. header、footer、main、セクショニング・コンテンツ (nav、section、article、aside) 等の適切な配置。
3. W3C の HTML 文法チェッカーで ERROR や WARNING を発生させない。
4. Google Webmasters で構造化データエラーを発生させない。
5. Google PageSpeed Insights のユーザーエクスペリエンスで問題を発生させない。
6. H1~H6 タグの適切な配置による美しいアウトライン。
7. 選べるタイトル形式。
8. ディスクリプションの自動・手動挿入。
9. プラグインを使用せずにヘッダーに canonical 付与。
10. 重要なページ以外(月別アーカイブ等)は、検索エンジンにインデクスさせない。

 
「Luxeritas は SEO 最適化済み」は、事実で正しい。
 
 
 
3. トップページの meta discription の設定
 
「Luxeritas」→「カスタマイズ」を選択し、「SEO」タブを開く。
 
デフォルトの「トップページの meta discription」には、WordPress の「一般設定」での「キャッチフレーズ」が設定されている。
デフォルトの「トップページのmeta discription」には、WordPress の「一般設定」で「キャッチフレーズ」の説明文が設定されている
 
Googleで検索した結果に、このデフォルトの「キャッチフレーズ」が、下の画像の赤枠のように表示される。
Googleで検索したときの結果に、このデフォルトの「キャッチフレーズ」が、下の画像の赤枠のように表示される
 
この文章を、サイトの説明文に変更する。
 
 
 
4. Meta keywordsの設定
 
メタキーワードは、Googleなどの検索順位の評価に全く使われていないということなので、無視しても良いが・・・。
 
同じ「SEO」タブの下部にある、「Meta keywordsの設定」を「タグとカテゴリ名をkeywordsにする」にチェックを入れる。
同じ「SEO」タブの下部にある、「Meta keywordsの設定」を「タグとカテゴリ名をkeywordsにする」にチェックを入れる
 
こうしておくことで、記事を書くときにカテゴリーとタグがそのままmeta keywordsとして自動的にセットされるので、便利である。
 
 
 
5. HTMLの圧縮とCSSの最適化の確認
 
次に、「圧縮・最適化」タブに移る。
 
HTMLの圧縮の【HTMLの圧縮率】が「圧縮率・低」、CSSの最適化の【子テーマの CSS 圧縮】が「親と子のCSSを結合して圧縮する」になっているか確認する。
HTMLの圧縮のHTMLの圧縮率が「圧縮率・低」、CSSの最適化の子テーマの CSS 圧縮を「親と子のCSSを結合して圧縮する」になっているか確認する
 
 
 
6. Javascriptの最適化
 
同じ「圧縮・最適化」タブの下部にある、Javascriptの最適化の【子テーマの Javascript 圧縮】を、「圧縮する(追加ファイルも結合して圧縮できます)」に変更する。
Javascriptの最適化の、子テーマの Javascript 圧縮を「圧縮する(追加ファイルも結合して圧縮できます)」に変更する
 
その他のJavascript設定の【その他】の、「WordPressの絵文字用スクリプトを読み込まないようにする」にチェックを入れる。
 
 
 
7. その他の Javascript 設定
 
最後に、「Javascript」タブに移る。
 
その他のJavascript設定の【その他】の、「WordPressの絵文字用スクリプトを読み込まないようにする」にチェックを入れる。
その他のJavascript設定の【その他】の、「WordPressの絵文字用スクリプトを読み込まないようにする」にチェックを入れる。
 
 
以上で、LuxeritasのSEOに関する追加の設定は完了。
 
 
 
8. 各種サムネイル画像 Lazy Load の有効化
 
画像を遅延読み込みさせることで、ページの表示速度を速くすることができる。
 
「カスタマイズ(外観)」→「Lazy Load(画像の遅延読み込み)」で、【Lazy Load の有効化】全てにチェックを入れる。
「カスタマイズ(外観)」→「Lazy Load(画像の遅延読み込み)」で、【Lazy Load の有効化】全てにチェックを入れる
 
「画像の遅延読み込み処理」を実装することで、SEO的にも有利になる。
 
 
 
9. PageSpeed Insightsでの速度チェック
 
トップページの、PageSpeed Insightsでの測定結果。
トップページの、PageSpeed Insightsでの測定結果
 
サンプルページの、PageSpeed Insightsでの測定結果。
サンプルページの、PageSpeed Insightsでの測定結果
 
どちらも「100」で、問題なし。
 
 
 
10. Chrome Auditsでの SEO再診断
 
SEOに関する追加設定を行った後の、サンプルページの再診断結果。
SEOに関する追加設定を行った後の、サンプルページの再診断結果
 
Auditsでは、Performanceが「95」になったが、元の「92」よりは上がった。
 
 
次のステップ:
 
以上。
(2020.02.02)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください