HOME → 6 Luxeritas → 04 運用とトラブル → 

Luxeritas カスタマイズ(外観)で 502 Bad Gateway が出る

Luxeritas(ルクセリタス)
運用とトラブル
カスタマイズ(外観)で 502 Bad Gateway が出る
 
Luxeritasの管理画面で、「カスタマイズ(外観)」を選択すると【502 Bad Gateway】が表示される。この他の画面は、すべて正常に表示される。
 
luxeritas カスタマイズ(外観)で 502 Bad Gateway
 
以下、luxeritas カスタマイズ(外観)での 502 Bad Gateway 対策を記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. エラーが出る前に行った変更点
 
【502 Bad Gateway】が表示されるようになる前に行った変更点。
 
プラグインのアップデート。
Akismet Anti-Spam (アンチスパム)・・・バージョン 4.1.5
EWWW Image Optimizer・・・バージョン 5.3.0
 
この、【プラグインのアップデート】が影響しているのではないかと、疑ってみる。
 
 
 
2. 『WP Rollback』のインストール
 
プラグインのバージョンを戻すことができる、という便利なプラグイン『WP Rollback』が有る。
 
『WP Rollback』をインストールして、有効化する。
『WP Rollback』をインストールして、有効化する
 
有効化が終わると、導入されているプラグイン全てに、【 Rollback 】機能が追加される。
有効化が終わると、導入されているプラグイン全てに、【 Rollback 】機能が追加される
 
 
 
3. EWWW Image Optimizerのバージョンを戻す
 
先ずは、「EWWW Image Optimizer」を疑い、【 Rollback 】してみる。
 
【 Rollback 】をクリックすると、「EWWW Image Optimizer」のバージョン一覧が表示される。
Rollback 】をクリックすると、「EWWW Image Optimizer」のバージョン一覧が表示される
 
「 5.2.5 」を選択し、【 Rollback 】をクリックする。
「 5.2.5 」を選択し、【 Rollback 】をクリックする
 
確認画面が表示されるので、再び【 Rollback 】をクリックする。
確認画面が表示されるので、再び【 Rollback 】をクリックする。
 
プラグインが更新されるので、【プラグインページへ戻る 】をクリックする。
プラグインが更新されるので、【プラグインページへ戻る 】をクリックする
 
「EWWW Image Optimizer」のバージョンが、「 5.2.5 」に戻された。
「EWWW Image Optimizer」のバージョンが、「 5.2.5 」の戻された
 
 
以上で、luxeritas カスタマイズ(外観)での 502 Bad Gateway は解決。
 
 
以上。
(2020.05.01)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください