HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 5 Linux → 

Ubuntu 22.04 テキストエディタ gedit の使い方

Windows PC 旧型PCの活用事例
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
テキストエディタ gedit の使い方
 
「Ubuntu 22.04」では「gedit」を使い、Windows 10 では「メモ帳(Notepad)」を使って、それぞれで、NASの共有ファイルにテキストファイルを作成し、且つ、相互に編集を加えながら、互換性を確かめてみる。
 
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを、Windowsの「メモ帳」で開いた状態
 
以下、UbuntuとWindowsシステムで、テキストエディタの相互運用性を確かめた記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Ubuntu 22.04 のテキストエディタ
 
Ubuntu 22.04 では、
Windows の「メモ帳」に相当するテキストエディターに、「gedit」がデフォルトのテキストエディターとして採用されている。
 
 

 Linuxに於けるファイルの拡張子について

 Windows では、 txt ならテキストファイル、xlsx ならエクセルファイルという様に、 拡張子でファイルの種類(タイプ)が区分される。

 Linux では、ファイルの拡張子は無い。
「MIMEタイプ(マイムタイプ)」と言う情報で、ファイルの種類を表す。

 
 
「gedit」では、
Windowsの拡張子( .txt)が付いたテキストファイルを開くことが出来るが、
「メモ帳」では、
「gedit」で作成したテキストファイルは拡張子が無い為、手動で開く必要がある。
 
 
 
2. テキストエディター「gedit」 の使い方
 
左下にある「アプリケーションメニュー」を開くと、「テキストエディタ」アイコンがある。
左下にある「アプリケーションメニュー」を開くと、「テキストエディタ」アイコンがある
 
アイコンをクリックすると、テキストエディタが開く。
 
これが、「Ubuntu 22.04」のデフォルトのテキストエディター「gedit」の画面。
これが、「Ubuntu 22.04」のデフォルトのテキストエディター「gedit」の画面
これが、「Ubuntu 22.04」のデフォルトのテキストエディター「gedit」の画面
 
「gedit」のツールバーには、左から順に・・・。
「gedit」では、テキストの管理単位をドキュメントと表現します。
 
①.ファイルを開く:
 ファイルを検索したり、直近で開いたファイルを選択出来る。
②.新しいドキュメントを作成します:
 ドキュメントの新規作成。
③.ファイル名:
 ドキュメント名=ファイル名を指定する欄。
④.保存:
 ファイル名欄に指定されている名前で保存する。
 名前が既に存在していれば、上書き保存される。
⑤.編集:
 メニューが表示される。
 
 
日本語を入力して見ると、変換候補が表示される。
日本語を入力して見る
 
「保存」をクリックして見る。
「保存」をクリックして見る
 
Windowsのエクスプローラーと同じようにファイルアプリが開くので、ファイルの名前と保存先を指定して「保存」をクリックする。
Windowsのエクスプローラーと同じように、ファイルアプリが開き、ファイル名と保存先を指定して「保存」をクリックする
 
この際に、画面の下部に「エンコーディング」を指定する箇所が表示されるので、【UTF8】と【Windows】に設定する。
この際に、画面の下部に「エンコーディング」を指定する箇所が表示される
 
保存先に、設定したファイル名で「保存」される。拡張子は付いていない。
保存先に、設定したファイル名で「保存」される
 
ファイルをダブルクリックすればテキストエディタが開き、右クリックするとアクションが指定できるポップアップ画面が開く。
ファイルをダブルクリックすればテキストエディタが開き、右クリックするとアクションが指定できるポップアップ画面が開く
 
以上、Windowsでの「メモ帳」の使用感とほほ同じである。
 
 
ファイルの種類を表示する
 
ファイルの表示を【一覧表示】に切り替えて、「∨」をクリックして「表示する項目」を選択する。
ファイルの表示を【一覧表示】に切り替えて、「∨」をクリックして「表示する項目」を選択する
 
表示したい項目に「✅」を入れる。
表示したい項目に「✅」を入れる
 
「✅」を入れた項目が表示される。
「✅」を入れた項目が表示される
 
 
 
3. Windows との 相互運用性
 
Ubuntu で NASの共有ファイルを開いてみる。
Ubuntu で NASの共有ファイルを開いてみる
 
Windowsの「メモ帳」で作成したファイルには拡張子「.txt」が付いているが、Ubuntuの「gedit」で作成したファイルには拡張子が付いていない。
 
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを、Ubuntuの「gedit」で開いた状態。左に行番号が表示されている。
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを、Ubuntuの「gedit」で開いた状態
 
Windowsの「メモ帳」で作成したファイルを、Ubuntuの「gedit」で開いた状態。行番号が表示される。
Windowsの「メモ帳」で作成したファイルを、Ubuntuの「gedit」で開いた状態
 
Windows で NASの共有ファイルを開いてみる。
Windows で NASの共有ファイルを開いてみる
 
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルには拡張子が付いていないので、右クリックで「プログラムから開く」を選択して開かねばならない。
 
ファイルをダブルクリックすると、ファイルを開く方法を選択するポップアップが開く。
ファイルをダブルクリックすると、ファイルを開く方法を選択するポップアップが開く
 
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを、Windowsの「メモ帳」で開いた状態。行番号は表示されていない。
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを、Windowsの「メモ帳」で開いた状態
 
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを保存する際に、「xxx.txt」と拡張子を付けて保存すると・・・。
Ubuntuの「gedit」で作成したファイルを保存する際に、「xxx.txt」と拡張子を付けて保存すると・・・
 
「xxx.txt」と拡張子を付けて保存されていれば、WindowsでもUbuntuでも直接開くことが出来る。
「xxx.txt」と拡張子を付けて保存されていれば、WindowsでもUbuntuでも直接開くことが出来る
 
 
 
4. テキストエディター「gedit」 の設定
 
右上の三本線のマークをクリックし,編集メニューから「設定」をクリックする。
右上の三本線のマークをクリックし,メニューから「設定」をクリックする
 
「表示」 タブでは、「行番号を表示する」や「テキストの折り返し」「強調表示」が設定できる。
「表示」 タブでは、「行番号を表示する」や「テキストの折り返し」「強調表示」が設定できる
 
「エディター」 タブでは、「タブ文字」に関する設定ができる。
「エディター」 タブでは、「タブ文字」に関する設定ができる
 
「フォントと色」 タブでは、「シンタックスハイライト」に関する設定ができる。
「フォントと色」 タブでは、「シンタックスハイライト」に関するが設定できる
 
「プラグイン」 タブでは、「プラグイン」の追加設定ができる。
「プラグイン」 タブでは、「プラグイン」の追加設定できる
 
「gedit」は、標準装備のテキストエディタでありながら、プラグインを導入することで、さまざまな機能を追加することができるようになっている。
 

 

以上。
(2022.08.25)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください