HOME → 5 デジタル生活 → 02 Windows PC → 5 Linux → 

コンピューターにログインする際、ログインキーリングがロックを解除しませんでした。

Windows PC 旧型PCの活用事例
Ubuntu Desktop 22.04 LTS
起動時の ログインキーリングの ロック解除
 
自動ログインを【オン】にしており、且つ、「Default keyring」は無しの状態で、ログインキーリングのロック解除が要求される。
 
表示される「認証が必要です」画面
 
以下、起動時に表示される「ログインキーリング」認証を無効にした記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. ログインキーリングの認証が要求される条件
 
起動時に表示される「認証が必要です」画面。
表示される「認証が必要です」画面
 
「認証が必要です」の詳細。
コンピューターにログインする際、ログインキーリングがロックを解除しませんでした。
 
ログイン設定とキーリング有無の状況。
ログイン設定とキーリング有無の状況
 
「自動ログイン」は【オン】に設定されている。
「自動ログイン」は【オン】に設定されている
 
「パスワードと鍵」には「Default keyring」フォルダは無いが、「ログイン」フォルダが存在する。
「パスワードと鍵」には「Default keyring」フォルダは無いが、「ログイン」フォルダが存在する
 
「Default keyring」フォルダ無いのは、Ubuntu Desktop 22.04 をインストールする際に、「オンラインアカウントへの接続」をスキップしたことによる。
 
「ログイン」フォルダが存在するのは、「Chrome」のインストールと、「NASへの接続」を行った為である。
 
 
 
2. ログインキーリングの認証を無効にする
 
「ログインキーリング」認証を無効にするには、「ログイン」フォルダを削除すればよい。
 
アプリケーション一覧を表示し、「ユーティリティ」をクリックする。
アプリケーション一覧を表示し、「ユーティリティ」をクリックする
 
「ユーティリティ」の中にある「パスワードと鍵」をクリックする。
「ユーティリティ」の中にある「パスワードと鍵」をクリックする
 
「パスワードと鍵」画面が開くので、「ログイン」フォルダを右クリックして、「削除」を選択する。
「パスワードと鍵」が開くので、「ログイン」フォルダを右クリックして、「削除」を選択する
 
【理解しています。】にチェックを入れ、「削除」をクリックする。
【理解しています。】にチェックを入れ、「削除」をクリックする
 
「パスワードと鍵」画面から、「ログイン」フォルダが削除される。
「ログイン」フォルダが削除される
 
 
 
3. Chromeのパスワード設定
 
「Chrome」を起動する。
「新しいキーリングのパスワード指定」が表示されるので、パソワードは入力せずに「続行」をクリックする。
「Chrome」を起動する。 「新しいキーリングのパスワード指定」が表示されるので、パソワードは入力せずに「続行」をクリックする。
 
「暗号化していないパスワードを保存しますか?」と表示されるので、「続行」をクリックする。
「暗号化していないパスワードを保存しますか?」と表示されるので、「続行」をクリックする
 
「Chrome」が起動する。次の起動時からは表示されなくなる。
「Chrome」が起動する
 
 
 
4. NASのパスワード設定
 
NASのユーザー名とパスワードを入力し、再度接続を行う。
NASのユーザー名とパスワードを入力し、再度接続を行う
 
 
 
5. デフォルトのキーリング
 
「パスワードと鍵」画面を開くと、「デフォルトのキーリング」が作成されている。
「パスワードと鍵」を開くと、「デフォルトのキーリング」が作成されている
 
この中には、「Chromのパスワード」と「NASのパスワード」が再作成されている。
この中には、「Chromのパスワード」と「NASのパスワード」が再作成されている
 
 
以上で、再起動すると「ログインキーリング」認証が表示されなくなる。
 
 
参考:Ubuntu 22.04 起動時のパスワードとキーリングのロック解除。
 

 

以上。
(2022.08.28)

 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください