写真の撮影場所を地図上で特定する方法

Google フォト を使えば、
写真を撮影した場所を地図上に表示してくれる。
 

Webサイトやブログの記事に写真を挿入したいが、” どこで撮ったかな? ” と撮影場所を忘れてしまって事象が特定できない時や、地図上に写真を埋め込むために、” 撮影場所を詳しく調べたい ” 時などがある。ジオタグから辿る方法もあるのだろうが、地図上に撮影位置が表示されれば、思い出すのも容易であるだけでなく、地図上に写真を埋め込む作業も楽になる。

 
こんな時、Google フォト を使えば、写真の撮影場所がGoogle マップ上に表示されるので、この上なく簡単・便利である。 
 
スポンサー リンク
 
 
写真に付与される情報
GPS機能付きのスマートフォンやデジカメで撮影した写真には「Exif(イグジフ:Exchangeable image file format)」情報とよばれる、データが自動で付加される。
「GPS機能をオン」にして撮影すると、このExif情報の中に「撮影場所の座標(ジオタグ)」が記録される。
 
 

Google フォト サイトにアクセスすると、撮影日ごとに、保存されている写真が表示される。(スマホにフォトアプリがインストールされていれば、スマホで撮った写真は自動的にGoogle フォト に保存されている。)

該当の写真をクリックすると、Exif(イグジフ)情報が表示され、ジオタグがマップ上にポイントされる。

マップをクリックすると新しいタブが開き、詳細な位置を確認することができる。

Google フォト サイトに写真がなければ、『アップロード』で、写真を追加すればよい。

 
Picasa からの移行
Google では、写真関連のサービスを Google フォトに一元化するために、Picasa の提供を終了することを決定いたしました。Google フォトは、Picasa よりも洗練されている新しい写真アプリで、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末やウェブでシームレスに利用できます。
 とのこと。
 
参考:
 

以上。
(2017.08.09)

 
             

スポンサー リンク
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください