SSDを完全消去し、初期状態に戻す方法

Windows PC 関連ノウハウ
SSDの【 Secure Erase 】が出来る
『TxBENCH』の使い方
 
SSDへのクローン作成に失敗した時などに、SSDを初期状態に戻したい場合がある。こんな時【 Secure Erase 】が出来る『TxBENCH』を使用すると便利。
 
『TxBENCH』は、データを消去するだけでなく、SSDやハードディスクなどのストレージ性能を計測するベンチマーク機能を持ったソフトウェアでもある。
TxBench
 
以下に、『TxBENCH』の使い方を記載。

スポンサー リンク

 
Secure Eraseとは
パソコン上での、ディスクの“フォーマット”やファイル&フォルダの削除は、ディスク上のデータにアクセスするための情報を消去する作業に過ぎず、ディスクにあるデータそのものが消去されるわけではない。
Secure Erase はHDDやSSDが備えるデータ消去機能であり、これを実行すると、ディスクに記録されたデータを完全に消去することができる。
SSDは使い込むと性能が劣化する性質があるが、Serial ATA接続のSSD、または、AHCIベースのPCI Express接続のSSDは、Secure Erase を実行することで、出荷時の性能を取り戻すことができる。
 
 
 
TxBENCH を実行して、『データ消去』を選択。
TxBENCH の使い方
 
ドライブ欄に、間違えないように 対象のSSDを選び、一番上のSecure Erase にチェックを入れ、開始。
TxBENCH の使い方
 
データ消去の注意点と、所用時間が表示される。
TxBENCH の使い方
 
Secure Erase を開始しますか?、と再度確認画面が出る。
TxBENCH の使い方
 
完了。
TxBENCH の使い方
 
 
ドライブ情報も見れる。
TxBENCH の使い方
 
 
上記の様に、非常に簡単に、且つ、完全に、SSDを消去できる。
 
参考:
 
 

以上。
(2018.02.17)

 

スポンサー リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください