ドキュメントに AMP コンポーネントの「script」タグが複数あります。

WordPress Twenty Seventeen
AMPのカスタマイズ
AMPページが 有効(警告あり)になる
 
Search Console の AMP で、AMP化したページが「有効(警告あり)」になる。
警告の内容:「ドキュメントに AMP コンポーネントの「script」タグが複数あります。」
 
ドキュメントに AMP コンポーネントの「script」タグが複数あります。
 
以下に、この解決策を記述。
 
スポンサー リンク
 
 
1. 警告の詳細
 
Search Console の AMP での表示。
Search Console の AMP での表示
 
「有効(警告あり)」をクリックすると、「警告」が表示される。
ドキュメントに AMP コンポーネントの「script」タグが複数あります。
 
「警告」をクリックすると、「該当ページ」が表示される。
「警告」をクリックすると、「該当ページ」が表示される
 
下部に、「AMPバージョンのURL」一覧が表示される。
「AMPバージョンのURL」一覧
 
「AMPバージョンのURL」の1つをクリックすると、複数の「script」タグの1つが【インスタンス 1/2】として表示される。
これは、adsense header の「script」タグ。
複数の「script」タグの1つが表示される。
 
次に、sns header の「script」タグが【インスタンス 2/2】として表示される。
【インスタンス 2/2】として表示された、sns header の「script」タグ
 
 
2. 原因
 
AMP化は、【 AMP 】プラグインをインストールして実装(現在のバージョンは:0.7.2)。
 
AMPのカスタマイズは、下記3点。
①.Analyticsのトラッキングコードを実装
②.AMPページにアドセンス広告を表示
③.SNSボタン(ソーシャルボタン)を表示
 
(④.フォントの変更も実施)
 
これらのカスタマイズの為に、ampの「html-start.php」に、amp用の専用ライブラリを読み込むスクリプトコードを埋め込んだ。
ampの「html-start.php」に、amp用の専用ライブラリを読み込むスクリプトコードを埋め込んだ
 
この3つの「script」タグが、【 複数 】の原因になっている。
 
 
3. 「script」タグを削除してみる
 
①.sns header の「script」タグを削除してみる。→ 無くてもSNSボタンは表示される。
 
この時点で、「修正を検証」ボタンをクリックしてみる。
「修正を検証」ボタンをクリック
 
「検証プロセスを続行できません」となる。
「検証プロセスを続行できません」
 
②.adsense header の「script」タグを削除してみる。→ 無くてもアドセンス広告は表示される。
 
この2つが不要ならば、残った1つの analytics header の「script」タグを埋め込まなければ、ampの「html-start.php」のカスタマイズは不要になる。
 
ampの「html-start.php」を、子テーマの「amp」フォルダーから削除。
ampの「html-start.php」を、子テーマの「amp」フォルダーから削除
 
 
4. Analyticsのトラッキングコードの実装方法を変更
 
従来の実装方法
 
AMPプラグインの、「AMP Analytics Options」 で実装
 
ampの「html-start.php」に、ページをトラッキングするために貼り付けていたコード。
ページをトラッキングするために貼り付けていたコード
 
AMPプラグインの、「AMP Analytics Options」 の設定。
AMPプラグインの、「AMP Analytics Options」 の設定
 
「Type」欄には任意のテキストを記述すればよいが、【Googleanalytics】とした。「Save」すると、IDが採番される。
 
「JSON Configuration」欄には、次のコードを記述。
 
Google Analyticsで、ページがトラッキングされているかどうかを、リアルタイムのレポートで確認すると、問題なくトラッキングされている。
Google Analyticsで、ページがトラッキングされているかどうかを、リアルタイムのレポートで確認
 
 
5. 修正を検証
 
ampの「html-start.php」を、子テーマの「amp」フォルダーから削除し、「script」タグの埋め込みが無くなったので、「修正を検証」ボタンをクリックする。
「修正を検証」ボタンをクリック
 
「初期検証中」画面が表示される。
「初期検証中」画面
 
「検証:開始」が表示される。
「検証:開始」が表示される
 
同時に、メールでの連絡も届く。
メールでの連絡も届く
 
 
6. 検証結果
 
1日後、「検証:修正を確認しました」になる。
1日後、「検証:修正を確認しました」になる
 
【 142 】ページが保留状態になっている。
【 142 】ページが保留状態になっている
 
2日後、【 15 】ページが有効になった。
2日後、【 15 】ページが有効になった
 
【 14 】ページが『合格』。
【 14 】ページが『合格』
 
 
今後、日を追うごとに『合格』が増えていくものと思われる。
 
7日後、【 144 】ページが有効になった。
7日後、【 144 】ページが有効になった
 
【 2 】ページが『保留』のまま、なかなか合格にならない。何か理由があるのだろうか?。【144 ≠ 2 + 140 ? 】
【 2 】ページが『保留』ままなかなか合格にならない
 
も一つのサイトは、全てのページが『合格』になり、通知が届いた。
も一つのサイトは、全てのページが『合格』になった
 
 
ーーー 2019.01.23 追記。ーーー
 
「サイト(https://arakan60.com/)に関する「AMP」の問題が修正されました」メールが届く。
「AMP」の問題が修正されました」メールが届く
 
詳細を確認すると、「検証:合格」になる。
「検証:合格」になる
 
『保留』されていた【 2 】ページがすべて合格になり、『保留』が【 0 】となる。『その他』の【 4 】が気になるが・・・。
ページがすべて合格になり、『保留』が【 0 】となる
 
以上。
(2019.01.07)
 
スポンサー リンク

 

           

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください