AMPのカスタマイズ Analyticsの トラッキングコードを実装

WordPress Twenty Seventeen
AMPページに
Analyticsの トラッキングコードを実装
 
AMP化が完了すると、『AMP化の効果』が気になるところだが、残念ながら「AMP for WordPress」プラグインのインストールだけでは Google Analytics で計測されない。そこで、AMPページに【 Analyticsの トラッキングコードを実装 】するカスタマイズを行った。
 
AMPページがドンドン参照されるようになった
 
以下に、【 Analyticsの トラッキングコードを実装 】する AMPの カスタマイズ要領を記載。
 
スポンサー リンク
 
 
参考:
 
Analyticsのトラッキングコードを実装する方法
方法ー1:AMP Analytics Options で設定。
方法ー2:functions.php で、AMPスクリプトを挿入する。
方法ー3:amp のテンプレートをカスタマイズ。
の3通りがあるが、今後、他のカスタマイズも行っていきたいので、今回は方法ー3を採用した。
 
方法ー1:AMP Analytics Options で設定。
「Analytics」では、AMPページのトラッキング設定が可能となっている
 
方法ー2:functions.php で、AMPスクリプトを挿入する。
AMPプラグインが準備しているページフッターにフック。
 
 
1. トラッキングコードの用意
 
Google Analytics の「管理」を開く。
Google Analytics の「管理」を開く
  
「プロパティ選択」で、AMP化サイトを選択する。
「プロパティ選択」で、AMP化サイトを選択する
  
「プロパティ設定」をクリックする。
「プロパティ設定」をクリックする
  
トラッキングIDが表示されるので、メモして置く。
トラッキングIDが表示されるので、メモして置く
  
 
2. AMPテンプレートファイルのコピー
 
「wp-content」→「plugins」→「amp」の中に、「template」フォルダーがあるので、この中のすべてのファイルをコピーする。
AMPテンプレートファイルのコピー
 
「twentyseventeen-child」の中に、「amp」フォルダーを作成し、この中にコピーして編集する。
 
「AMP」プラグインは「amp」フォルダが存在していれば、プラグインのテンプレートではなく「amp」フォルダ内のテンプレートを優先的に認識するので、
 ①.プラグインのファイルを直接いじらなくて済む。
 ②.トラブルがあっても、(子)テーマ内の
  「amp」フォルダにあるファイルを削除すれば、
  元のAMPページが表示される。
 ③.プラグインの更新に影響されない。
 ④.WordPress ダッシュボードから編集できる。
と、安心・便利である。
 
 
3. 「html-start.php」のカスタマイズ
 
WordPress ダッシュボードのメニューから「外観」→「テーマの編集」を選択する。
WordPress ダッシュボードのメニューから「外観」→「テーマの編集」を選択する
 
右側の「テーマファイル」に表示される「amp」を展開する。
右側の「テーマファイル」に表示される「amp」を展開する
 
「amp」の中から「html-start.php」を選択すると、ソースコードが表示される。
「amp」の中から「html-start.php」を選択する
 
「html-start.php」のソースコードの </head> タグの上に、analytics用の専用ライブラリを読み込むスクリプトコードを貼り付ける。
</head>タグの上にanalytics用のスクリプトコードを貼り付ける
  
analytics用のスクリプトコード。
 
<body>の下に、ページをトラッキングするためのコードを貼り付ける。
ページをトラッキングするためのコードを貼り付ける
 
ページをトラッキングするためのコード。(xxxxxxxx-x 部分の変更要)
 
 「ファイルを更新」をクリックして完了。
 
 
4. Google Analyticsでの確認
 
Google Analyticsで、ページがトラッキングされているかどうかを、リアルタイムのレポートで確認する。
 
一般的なページが参照されている時の、アクティブなページ。
一般的なページが参照されている時の、アクティブなページ
 
AMPページが参照されている時の、アクティブなページは「&amp」が付いている。
AMPページが参照されている時の、アクティブなページ
 
AMPページがドンドン参照されるようになった。
AMPページがドンドン参照されるようになった
  
 
5. Search Console
 
Search Console の「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」で、ページの【クリック数】を見てみると、通常ページとAMPページはそれぞれ個別に統計が取られている。
通常ページとAMPページはそれぞれ個別に統計が取られている
 
 
参考:

 

以上。
(2018.08.22)

 
             

スポンサー リンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください