Google Publisher Toolbarのインストール

Webサーバー サイトの管理
Google Publisher Toolbar
アドセンスの「自己クリック防止」と「収益確認」
 
Google アドセンスの「自己クリック防止」と「収益確認」ができる、Google Publisher Toolbarをインストールした。
 
すると、ページ上の広告ユニットに緑色の網掛けが入り、Google Publisher Toolbarのポップアップ画面に、見積もり収益額や広告ユニットの一覧が表示される。
 
以下、「Google Publisher Toolbar」のインストール記録。
 
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. Google Publisher Toolbar とは
 
【Google サイト運営者向けツールバー】と言われる、Chromeの拡張機能の一つに「Google Publisher Toolbar」がある。
 

 Google Publisher Toolbar
AdSense、Ad Exchange、DoubleClick for Publishers のユーザーの方は、Google サイト運営者向けツールバーを利用すると、ご自身のサイトを閲覧しながら、各 Google 広告に関する情報の表示、不適切な広告のブロック、アカウントのサマリーの確認を行えます。

 
Chromeに、Google PublisherToolbarを導入し[広告オーバーレイ]を[ON]にすると、ページ上の広告ユニットに緑色の網掛けが入り、Google Publisher Toolbarのポップアップ画面に、見積もり収益額や広告ユニットの一覧が表示される。
 
この拡張機能により、
 ①.アドセンス広告の、自己クリックが防止できる。
 ②.アドセンスを開かなくても、広告の収益確認ができる。
ようになる為、AdSenseユーザー必携ツールとなっている。
 
 

 無効なクリックとインプレッション
サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

 
 
 
2. Google Publisher Toolbar のインストール
 
Google Publisher Toolbar」を開き、「Chromeに追加」をクリックする。
「Google Publisher Toolbar」を開き、「Chromeに追加」をクリックする
 
「拡張機能を追加」をクリックする。
「拡張機能を追加」をクリックする
 
「Google AdSense」を「有効にする」をクリックする。
「Google AdSense」を「有効にする」をクリックする
 
Google Publisher Toolbarをインストールする、「アカウント」を選択する。
Google Publisher Toolbarをインストールする、「アカウント」を選択
 
「許可」をクリックする。
「許可」をクリックする
 
「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」という画面が表示される。
「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」という画面が表示される
 
無視して、左上にある「Webページをリロード」アイコンをクリックする。
左上にある、「Webページをリロード」アイコンをクリックする
 
Chromeのツールバーの右上に、「Google Publisher Toolbarのマーク」が表示されれば、インストールは完了。
Chromeのツールバーの右上に、「Google Publisher Toolbarのマーク」が表示されれば完了
 
「Google Publisher Toolbarのマーク」をクリックすると、見積もり収益額が表示されが、右下にある[広告オーバーレイ]は[OFF]になっている。
 
 
 
3. Google Publisher Toolbarの使い方
 
右下の、[広告オーバーレイ]を[ON]にする。
[広告オーバーレイ]を[ON]にする
 
すると、ページ上の広告ユニットに緑色の網掛けが入り、Google Publisher Toolbarのポップアップ画面に、見積もり収益額やページに埋め込まれている広告ユニットの一覧が表示されるようになる。
すると、ページ上の広告ユニットに緑色の網掛けが入り、Google Publisher Toolbarのポップアップ画面に、見積もり収益額や広告ユニットの一覧が表示される。
 
それぞれの広告には、広告のユニット名とサイズが表示される。
それぞれの広告には、広告のユニット名とサイズが表示される
 
広告ユニットをクリックすると、「広告タグ」「広告ユニットの掲載結果」「広告主」などの情報が確認できる。
広告ユニットをクリックすると、「広告ユニットのサイズ」「収益確認」「広告主のリンク先URL」などの情報が確認できる
 
これで、アドセンス広告の自己クリックが防止でき、ポリシー違反になる心配がなくなった。
 
 
以上。
(2019.08.20)
 

 

スポンサー リンク

 

             

にほんブログ村 IT技術ブログ Raspberry Piへ にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ にほんブログ村 IT技術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください