HOME → 6 Luxeritas → 01 設定と管理 → 

Contact Form 7のメールを WP Mail SMTPを使い Gmailで送信する

Luxeritas(ルクセリタス)
Contact Form 7の問い合わせメールを
WP Mail SMTPを使い Gmailで送信する設定
 
Raspberry Pi で構築した「Luxeritas(ルクセリタス)」サイトのサーバーにはメール環境がないため、問い合わせメールが送信できない。そこで、 『WP Mail SMTP』と言うプラグインで、Gmail のサーバー を使って送信が出来る様にした。
 
「メール」セクションの「メーラー」から【 Gmail 】を選択する
 
以下、Contact Form 7のメールを WP Mail SMTPを使い Gmailで送信出来る様にした記録。
 

 

スポンサー リンク

 

 
 
 
 
 
1. OAuth(オーオース)認証の取得
 
 
Google Cloud Platformにアクセスし、
「クライアントID」と「クライアントシークレット」を取得する。
 
 
Google Cloud Platformにアクセスし、新しいプロジェクトを作成する。プロジェクト名には分かりやすい名前を入力する。
Google Cloud Platformにアクセスし、新しいプロジェクトを作成する。プロジェクト名には分かりやすい名前を入力する
 
左上の三本線をクリックしてメニューを開き、「APIとサービス」の中の「ダッシュボード」をクリックする。
左上の三本線をクリックしてメニューを開き、「APIとサービス」の中の「ダッシュボード」をクリックする
 
「APIとサービスの有効化」をクリックする。
「APIとサービスの有効化」をクリックする
 
検索欄に「gmail」と入力する。
検索欄に「gmail」と入力する
 
表示された、Gmail APIをクリックする。
表示された、Gmail APIをクリックする
 
「有効にする」をクリックする。下記例では「管理」になっている。
「有効にする」をクリックする。下記例では「管理」になっている。
 
ダッシュボード画面に戻るので、左側のメニューから「認証情報」をクリックする。
ダッシュボード画面に戻るので、左側のメニューから「認証情報」をクリックする
 
「認証情報を作成」をクリックし、「OAuthクライアントID」を選択する。
「認証情報を作成」をクリックし、「OAuthクライアントID」を選択する
 
アプリケーションの種類から「ウェブアプリケーション」を選択し、名前の欄に【サイト名等分かりやすい名前】を入力し、「作成」をクリックする。
アプリケーションの種類から「ウェブアプリケーション」を選択し、名前の欄にこのサービスの名前(分かりやすい名前)を入力し、「作成」をクリックする
 
「クライアントID」と「クライアントシークレット」が発行されるので、コピーして保存しておく。
「クライアントID」と「クライアントシークレット」が発行されるので、コピーして保存しておく
 
 
 
2. WP Mail SMTPに認証情報を設定
 
 
WP Mail SMTPに、
「クライアントID」と「クライアントシークレット」を設定する。
 
 
プラグイン「WP Mail SMTP」をインストールして、有効化する。
プラグイン「WP Mail SMTP」をインストールして、有効化する
 
管理画面のメニューに「WP Mail SMTP」が追加されるので、「設定」をクリックする。
管理画面のメニューに「WP Mail SMTP」が追加されるので、「設定」をクリックする
 
「WP Mail SMTP」の「設定」画面が表示される。
「WP Mail SMTP」の「設定」画面が表示される
 
「メール」セクションの「メーラー」から【 Gmail 】を選択する。
「メール」セクションの「メーラー」から【 Gmail 】を選択する
 
「 Gmail 」セクションの「Client ID」と「Client Secret」に、上記で保存した「クライアントID」と「クライアントシークレット」を貼り付け、「Save Settings」をクリックする。
「 Gmail 」セクションの「Client ID」と「Client Secret」に、上記で保存した「クライアントID」と「クライアントシークレット」を貼り付け、「Save Settings」をクリックする
 
この時、「Authorized redirect URI」のURLをコピーして置く。
 
 
 
3. WP mail SMTPの認証
 
 
WP mail SMTPを、
Gmailのアカウントで認証する。
 
 
再度、Google Cloud Platformの画面に戻り、「承認済みのリダイレクトURI」の「URI を追加」をクリックし、先ほどコピーして置いたURLを貼り付け、「保存」をクリックする。
「承認済みのリダイレクトURI」で「URI を追加」をクリックして、先ほどコピーして置いたURLを貼り付け、「保存」をクリックする
 
もう一度、WP mail SMTPの設定画面に戻り、「Allow plugin to send emails using your Google account」をクリックする。
もう一度、WP mail SMTPの設定画面に戻り、「Allow plugin to send emails using your Google account」をクリックする
 
Googleアカウントの選択画面が出るので、対象のサイトで使いたい【Gmailアカウント】を選択する。
Googleアカウントの選択画面が出るので、対象のサイトで使いたい【Gmailアカウント】を選択する
 
「このアプリは確認されていません」という警告が表示されるが、「詳細」をクリックする。
「このアプリは確認されていません」という警告が表示されるが、「詳細」をクリックする
 
続けて、「(安全ではないページ)に移動」をクリックする。
続けて、「(安全ではないページ)に移動」をクリックする
 
「対象のサイトへの権限の付与」の許可が求められるので、「許可」をクリックする。
対象のサイトへの権限の付与の許可が求められるので、「許可」をクリックする
 
更に、サイトが信頼できるか聞いてくるので、「許可」をクリックする。
更に、サイトが信頼できるか聞いてくるので、「許可」をクリックする
 
以上で、WP mail SMTPの認証が完了となる。
以上で、WP mail SMTPの認証が完了する
 
 
現在のサイトをGoogle APIプロジェクトに正常にリンクしました。 これで、Gmail経由でメールを送信できるようになりました
 
 
「Authorization」の横に、【Connected as ~メールアドレス~】と表示されるので、Gmail経由でメールをが送信出来る様になったことが判る。
「Authorization」の横に、【Connected as ~メールアドレス~】と表示される
 
 
 
4. メール送信テスト
 
「Email Test」に移り、「Send To 」に適当なメールアドレスを入力し、メールを送信してみる。
「Email Test」に移り、「Send To 」に適当なメールアドレスを入力しメールを送信してみる
 

テストメールの送信成功。
テストメールの送信成功

 
登録した送信者と送信者名から、テストメールが送られくる。
登録した送信者と送信者名から、テストメールが送られくる
 
 
以上。
(2020.02.06)
 

 

スポンサー リンク

 

             

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください